米空軍

B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様!!!

投稿日:

1: 一体何が始まるんですか@ガーディス ★
@Nburrows1990さんのツイート: 
何が始まるんです?B-2ステルス爆撃機が10機編隊で飛行中の模様

50a5c57b-s
http://twitter.com/Nburrows1990/status/987108812598497280 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524206087/
続きを読む

続きを読む

-米空軍

執筆者:


関連記事

アメリカ空軍が核重力爆弾「B61-12」の実験に成功…F-35 ライトニング IIを使用か!

1: ニライカナイφ ★
 《 ポータル「ミリタリー・コム」が報じたところによれば、米空軍は核重力爆弾B61-12の実験を行った。 (略) 刷新型のB61-12核爆弾は従来のB61-3、B61-4、 B61-7 、 B61-10の4種を3倍も上回る精度を持つとされている。声明では実験に用いられ…

米空軍のB-52爆撃機をグァム展開に、北朝鮮紙はトランプ米大統領を「頭のおかしい人」と呼んで非難!

1: みつを ★
 《 米空軍は16日までに、核搭載可能なB52戦略爆撃機6機を米領グアムに展開した。一方、北朝鮮の国営メディアは同日、トランプ米大統領を「頭のおかしい人」と呼んで非難した。  B52は300人の空軍要員とともに、ルイジアナ州のバークスデール…

「北朝鮮の攻撃に対する準備はできている」…米軍が本土を守る迎撃ミサイル拠点を公開!

1: ばーど ★
 《 北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領との首脳会談が行われ、南北の対話ムードが高まる中でも、アメリカは北朝鮮の大陸間弾道ミサイルへの警戒を強めている。アメリカをミサイルから守る迎撃拠点を取材した。  アラスカ州にあるアメリカ軍の基地…

「成層圏の要塞」B-52戦略爆撃機、100年現役へ…米国防総省が老朽化したエンジン交換に予算計上!

1: ばーど ★
 《     ベトナム戦争以来、数々の戦闘に投入されてきた米軍の戦略爆撃機B52が、2050年代まで現役を続ける見通しになった。米国防総省が2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算要求(12日発表)に、老朽化したエンジンを取り換える…

グアムで日米豪合同訓練「コープノース」が開始、空自からF-2戦闘機やE-2C警戒管制機なとが参加!

1: みつを ★
 《 航空自衛隊とアメリカ海空軍・海兵隊、オーストラリア空軍が参加する合同訓練「コープノース2018」がグアム島のアンダーセン空軍基地で始まりました。アメリカ軍からは2000人以上、航空自衛隊とオーストラリア空軍からは合わせて約850人の人員、そして航…




まつ毛育毛剤通販