中国軍

中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

投稿日:

1: ばーど ★
 《 中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

 J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-22_Raptor_shows_its_weapon_bay
https://www.businessinsider.jp/post-165210
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523771638/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国空軍がJ-20戦闘機の夜間訓練を公開…J-16、J-10C戦闘機が参加!

   中国空軍がJ-20戦闘機の夜間対決訓練を国営メディアCCTVに公開しました。この実践的な訓練にはJ-16、J-10C戦闘機が参加しています。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/

海自に続いて中国海軍も韓国国際観艦式に艦艇派遣せず…最新型イージス駆逐艦「鄭州艦」が不参加!

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CO]
 《 日本海上自衛隊に続いて中国海軍も済州国際観艦式海上査閲に自国艦艇を送らないと韓国海軍に通知した。  10日、海軍は11日から開催される済州国際観艦式海上査閲に中国の最新型イージス駆逐艦である鄭州艦が不参加すると明…

中国で建造中の新型国産空母の前に支援艦と思われる艦船が停泊!

 中国で建造中の新型国産空母の前に支援艦と思われる艦船が停泊している写真をネットユーザが公開した。この艦船の空母支援艦「海軍88号」に似ており、新空母の支援艦になる可能性が高い。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/

尖閣諸島や東シナ海を管轄する中国軍東部戦区の副司令官(中将)が19日に訪日へ…自衛隊と交流する方向で調整!

1: チンしたモヤシ ★
 《 中国軍で沖縄県・尖閣諸島や台湾など東シナ海を管轄すると中国側が位置付ける「東部戦区」の孫和栄副司令官(中将)が19~21日に日本を公式訪問し、自衛隊と交流する方向で調整していることが14日、分かった。複数の日本政府関係者が明ら…

中国軍の戦闘機など6機が沖縄本島と宮古島の間を通過…空自戦闘機が緊急発進!

1: クロ ★
 《 防衛省は26日、沖縄本島と宮古島の間を中国の戦闘機など6機が通過するのを確認したと発表した。航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて対応した。領空侵犯はなかった。  防衛省によると、26日、6機は東シナ海から、沖縄本島と宮古島…





まつ毛育毛剤通販