中国軍

中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

投稿日:

1: ばーど ★
 《 中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

 J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-22_Raptor_shows_its_weapon_bay
https://www.businessinsider.jp/post-165210
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523771638/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

尖閣諸島に侵入を繰り返す中国海警局部隊を軍指揮下の武装警察傘下に…海軍と連携か!

1: みつを ★
 《 中国共産党は、党や国の大規模な機構改革を行い沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海への侵入を繰り返している中国海警局の部隊について、中国軍の指揮下にある武装警察の傘下に置くことになり今後、中国海軍と連携するなどして活動を活発化させる可能性…

中国が建造中の2隻目「空母」に電磁カタパルトを採用へ…艦載機をリニアモーターで発進!

1: ■忍法帖【Lv=14,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 中国が上海江南造船所で建造を進めている2隻目の国産空母は、艦載機をリニアモーターで発進させる電磁式カタパルト(射出機)を採用する見通しだ。 (略) 中国海軍軍事情報化専門家委員会主任の尹卓…

中国軍首脳「(火力戦、目標戦、立体戦、情報戦、特殊戦、心理戦)を駆使して、台湾を3日で占領できる」と豪語!

1: きつねうどん ★
 《 (略) このような動きに対して中国人民解放軍首脳は、中国軍は3日間で台湾を占領することができると台湾と米国を恫喝している。  南京軍区副司令員、王洪光中将によると、中国軍は6種の戦い方(火力戦、目標戦、立体戦、情報戦、特殊戦、心理…

中国海軍の潜水艦内では兵士はどのような食事をしているのか?

 中国海軍の潜水艦内では兵士はどのような食事をしているのか?国営放送CCTVが艦内生活シーンを紹介しました。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 

中国陸軍が新型装輪型装甲車両の戦闘能力テストを実施!

 中国陸軍が新型装輪型装甲車両の戦闘能力テストを実施ました。戦場条件下で射撃や機動性など各種テストを行いました。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販