中国軍

中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

投稿日:

1: ばーど ★
 《 中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

 J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-22_Raptor_shows_its_weapon_bay
https://www.businessinsider.jp/post-165210
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523771638/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

「シミュレーションの結果、米軍来援前の100時間以内に台湾を攻略できる」…中国軍元幹部!

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN]
 《 中国の人民解放軍の元幹部が、台湾の武力統一についてのシミュレーションの結果、米軍来援前の100時間以内に台湾を攻略できると主張し、注目されている。  元南京軍区副司令員の王洪光氏がネット上で発表した。  》 …

中国が南沙諸島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを初配備…軍事拠点化を強化!

1: ニライカナイφ ★
 《 米CNBCテレビ(電子版)は2日、中国が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを配備したと報じた。  事実であれば南沙諸島へのミサイル配備は初めてで、 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースを…

東シナ海で訓練する中国海軍艦艇、中華神盾052Cミサイル駆逐艦2隻が参加!

 東シナ海で訓練する中国海軍艦艇、訓練には2隻の052C誘導ミサイル駆逐艦2隻などが参加しています。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://eng.chinamil.com.cn/ 

中国海軍の055型駆逐艦3,4番艦が近いうちに進水する!

Name 名無し 18/05/26(土)22:23 055型駆逐艦3,4番艦が近くうちに進水する http://www.2chan.net/引用元:http://cgi.2chan.net/f/res/1244565.htm 

「中国軍機が韓国防空識別圏に進入」と韓国報道に中国専門家「相手にしなくていい」!

1: たんぽぽ ★
 《 2018年1月30日、環球時報は、中国軍機が韓国の防空識別圏に進入したと韓国メディアが報じたことについて、中国の専門家が「構う必要はない」としたことを伝えた。  韓国軍合同参謀本部は29日、韓国空軍が同日午前に中国軍機1機が離於島(中国名・…



まつ毛育毛剤通販