中国軍

中国の最新鋭ステルス戦闘機J-20は、いずれF-22ラプターを超える?

投稿日:

1: ばーど ★
 《 中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

 J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-22_Raptor_shows_its_weapon_bay
https://www.businessinsider.jp/post-165210
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523771638/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国がレーザーライフル銃の本格生産を開始へ…衣服を焼き人の肌を瞬時に炭化させる威力!

1: しじみ ★
 《 中国はレーザーライフル銃の本格生産を開始する可能性がある。西安光学精密機械研究所は手持ちレーザー兵器を開発した。非殺傷兵器だが、衣服を焼き人の肌を瞬時に炭化させるには十分な威力を持つ。サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。 …

F-35を購入した日本、中国軍機の監視に使えないうえJ20にかなわないと気づく…中国メディア!

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [RU]
 《 新浪は、中国空軍が遠海訓練の規模や範囲を拡大し続ける状況に、日本が「対応しきれない」と悲鳴を上げているとするコラムを掲載した。  (略) また、日本メディアからは「F15Jが老朽化し、新世代のF35は派遣できない。今…

中国初の国産空母「001A型」(排水量5万5000トン)が試験航海を開始…2020年までの就役を目指す!

1: しじみ ★
 《 中国初の国産空母が13日朝、試験航海を始めた。国営メディアが伝えた。中国海軍の2隻目の空母として配備する準備が進められている。  国営新華社通信によると試験航海を始めたのは「001A型」の空母。国営中国中央テレビは、同空母が13日午前6時45分…

中国の新世代長距離爆撃機H-20、ステルス戦闘機J-20が護衛任務…ネットユーザーが作成!

 中国のネットユーザーが作成した新世代長距離爆撃機「H-20」、現用のステルス戦闘機J-20が護衛任務についています。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 

中国陸軍が新型装輪型装甲車両の戦闘能力テストを実施!

 中国陸軍が新型装輪型装甲車両の戦闘能力テストを実施ました。戦場条件下で射撃や機動性など各種テストを行いました。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 





まつ毛育毛剤通販