知る

人類の移住史が書き換えられるのか?8万5000年前の人類の指の化石がサウジアラビアで発見される。

投稿日:

3_e4

 約8万5000年前のものと思われるのヒトの指の化石がサウジアラビアの砂漠から発掘された。

 最新の研究からは、もしかしたらアフリカを旅立った初期の人類は、これまで考えられていたものとはまるで違う旅路を歩んだのかもしれないことが示唆されている。

 この化石はアフリカとレバント(イスラエルを含む、地中海東部地域)以外の場所で発見されたヒトの化石としては最古のものだ。またサウジアラビアで見つかったものとしても最も古い。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

これはいったい何エイリアン?電子顕微鏡で800倍に拡大した驚きの写真の正体は?

 上の画像にはぼかしをかけてある。パッと見これって何だと思う?

 写真家のスティーヴ・グシュマイズナーが走査型電子顕微鏡を使って800倍に拡大したマクロ写真で、2016年の王立写真協会の国際科学部門で最終選考に残ったものだ。最近Redditに出回って話題になっている…

トイレに生き物を流すのはダメ、絶対。イギリスの下水道でピラニアが発見され大騒動に発展

 アメリカ・ニューヨークの都市伝説のひとつに「下水道に棲む巨大ワニ」がある。

 小さなワニをトイレに流したところ下水道で巨大化してしまったという伝説のだが、実際にいたというのだから驚きだ。後にこのワニは射殺されたが、なぜ下水道にワニがいたのかは不明である…

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…

もしもマッチ棒もやしたら人間の焦げた顔が出てきたら?不気味な巨大マッチ「マッチスティック・ミー」

image credit:wolfgang_stiller / instagram
 ドイツを拠点に活動しているビジュアルアーティスト、ヴォルフガング・シュティラーは、木材を利用し巨大なマッチ棒に見立て、燃やした後の炭となった部分に人間の顔を作り上げた。

 マッチ売りの少女もびっくりするほどのホ…

野良犬だったスタッフォードシャー・ブル・テリアが優秀な警察犬になって大活躍(イギリス)

image credit:YouTube
 イギリス・スタフォードシャー州警察の警察犬、スタッフォードシャー・ブル・テリア(以下、スタッフィー)のクーパーくん(2歳)のミラクル大出世ストーリーが話題になっている。

 野良犬として路上生活を送っていたところを慈善団体に保護され、そこ…





まつ毛育毛剤通販