宇宙

宇宙と地球の間で人や物資を運ぶ宇宙エレベーター「実験は半分成功した」…静岡大学!

投稿日:

1: ガーディス ★
 《 静岡大は12日、宇宙と地球の間で人や物資を運ぶ「宇宙エレベーター」の実験で、輸送用の昇降機が伝うケーブルが宇宙空間で20~30メートル伸びたとみられると発表した。

 静大は2016年12月、国際宇宙ステーション(ISS)から、大学が製作した衛星「STARS(スターズ)―C」(愛称・はごろも)を宇宙に放出。衛星は約10センチ角の箱を二つ合わせた形で、片方の箱の内部に合成繊維製のケーブル(直径0・4ミリ)を巻いた状態で収納している。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20180412-OYT1I50055-L
http://sp.yomiuri.co.jp/science/20180412-OYT1T50140.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523718007/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

こ、これが火星なのか…探査機キュリオシティが山頂から撮影したパノラマ写真!

1: ばーど ★
 《 火星に降り立った探査機ローバーのCuriosity(キュリオシティ)が、ヴェラ・ルービン・リッジという山の頂上に到達しました。そこで、周囲をグルッと一望できる美しいパノラマ写真を送ってくれましたよ。  撮影されたのは16枚の広角写真で、それらを…

世界最強の大型ロケット「ファルコンヘビー」打ち上げ成功…赤いスポーツカーが宇宙を「疾走」!

1: ばーど ★
 《 米宇宙ベンチャーのスペースXは6日(日本時間7日)、現役ロケットで世界最強の打ち上げ能力を持つ大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験機を、米南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。  既存のロケットを3本束ねた機体は炎を…

日本が発見した月の巨大空洞を宇宙飛行士の居住空間として活用…NASA!

1: みつを ★
 《 NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本が先月発見した月の地下にある全長50キロにおよぶ巨大な空洞が宇宙飛行士の居住空間として活用できるとの見方を示し、今後、探査ロボットなどを送り込んで詳しく調べたいという考えを明らかにしました。   (略…

宇宙を漂う「スペースデブリ」をハープーン(銛・もり)で突き刺して回収する方法を開発…エアバス!

1: ニライカナイφ ★
 《 壊れて動かなくなった人工衛星や、ロケット打ち上げ時に投棄されたロケットエンジン、そして人為的に破壊された人工衛星の破片など、宇宙空間には宇宙のゴミ「スペースデブリ」が無数に存在し、秒速数kmという超高速で飛びまわり続けています。 …

宇宙に隠れていた「ダークバリオン」の検出に成功…現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 宇宙を構成する物質のうち、われわれが知覚できるとされる物質「バリオン」。これまで理論値の半分しか観測できていなかったが、その残りである「ダークバリオン」の検知に2つの研究グループが成功した。これにより、現在の技術で「宇宙マ…

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販