アフリカ

アフリカ大陸の「大地溝帯」周辺で巨大地割れ…東西分離の危機?

投稿日:

1: しじみ ★
 《 アフリカ大陸を南北に縦断する「グレート・リフト・バレー」と呼ばれる「大地溝帯」周辺で最近、巨大な地割れが発生し、道路が寸断される被害が相次いでいる。地元の地質学者は、「プレートの動きと周辺の火山活動が関係している可能性がある」と指摘している。

 大地溝帯は、アフリカとアラビア半島を分ける紅海からエチオピアの高原地帯を南北に走り、
タンザニアへ至る総延長7000キロに及ぶ巨大な谷で、地球内部のマントルからのマグマ上昇によって地殻が押し上げられ、キリマンジャロやケニア山などが形成されたと考えられている。 》  
ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
続きを読む

続きを読む

-アフリカ

執筆者:


関連記事

衝突の激化でエボラ出血熱の対策活動中断、食い止められず拡大…コンゴ!

1: みつを ★
 《 エボラ出血熱が流行しているアフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)で、衝突の激化により医療チームの活動が妨げられ、死者が増え続けている。  同国保健省によると、今回の流行が8月に始まって以来、感染が確認された患者は311人、感染の疑…

ジンバブエの次期大統領ムナンガグワ氏、弾圧や汚職の前歴…「第2のムガベ」になると危惧!

1: みつを ★
 《 ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(93)の辞任を受け、次期大統領に就任するエマーソン・ムナンガグワ前副大統領(75)が22日帰国し、演説で「完全な民主主義」を実現すると誓った。だが、同氏もまたムガベ氏と同じく残忍さと汚職で悪名高く、国民の…

コンゴ政府軍と反体制派の戦闘が激化、避難民約7000人が湖を渡り隣国ブルンジに!

1: みつを ★
 《 政府軍と反体制派の戦闘が激化しているコンゴ民主共和国から今月24~26日までの3日間で7000人近い避難民がマットレスやスーツケースなどの家財道具を船に積んでタンガニーカ湖を渡り、隣国ブルンジに入っていたことが分かった。ブルンジ警察が26日に明ら…

紛争地域コンゴで少年より重宝される少女兵!

1: しじみ ★
 《 (略) 子供たちは大人よりも操るのが容易で、養う費用が少なくて済み、善悪の感覚が未熟なため、民兵組織にとっては好都合だ。子供は言われたことを信じる傾向がある。戦うことで誰かを守れる、死ぬことは決してない、と言われれば妄信してしまう。 …

内戦が続く南スーダン、停戦発効の直後に戦闘発生…政府軍・反政府軍「「相手が仕掛けてきた」!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 4年以上にわたって内戦が続く南スーダンで、政府と反政府勢力による停戦が24日朝、発効した。だが、直後に北部で両者による戦闘が発生し、停戦合意が順守されるのか懸念される。  ロイター通信によると、戦闘が起きたのは石油資源…





まつ毛育毛剤通販