中国軍

尖閣諸島に侵入を繰り返す中国海警局部隊を軍指揮下の武装警察傘下に…海軍と連携か!

投稿日:

1: みつを ★
 《 中国共産党は、党や国の大規模な機構改革を行い沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海への侵入を繰り返している中国海警局の部隊について、中国軍の指揮下にある武装警察の傘下に置くことになり今後、中国海軍と連携するなどして活動を活発化させる可能性もあります。

 (略) 武装警察は、ことしから軍の指揮下に置かれていることから今後、海警局の部隊が中国海軍と連携するなどして尖閣諸島周辺での活動を活発化させる可能性もあります。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20180321123547
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011374111000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521661157/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国の新型大陸間弾道ミサイル「東風41」が近く実戦配備か…最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届く!

1: ばーど ★
 《 中国の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41」が近く実戦配備されるという見方が強まっている。東風41の最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届くと推定。移動式の多弾頭型で従来のICBMよりも迎撃が困難とされる。 東風41配備…

「中国軍機が韓国防空識別圏に進入」と韓国報道に中国専門家「相手にしなくていい」!

1: たんぽぽ ★
 《 2018年1月30日、環球時報は、中国軍機が韓国の防空識別圏に進入したと韓国メディアが報じたことについて、中国の専門家が「構う必要はない」としたことを伝えた。  韓国軍合同参謀本部は29日、韓国空軍が同日午前に中国軍機1機が離於島(中国名・…

中国軍近代化、米の空の優位性揺らぐ可能性、ステルス戦闘機や新型空対空ミサイルを配備…英国際戦略研究所!

1: みつを ★
 《 イギリスの国際戦略研究所は、世界の軍事情勢をまとめた報告書を発表し、中国が新型のステルス戦闘機やミサイルの開発を進めた結果、冷戦終結後、アメリカが守ってきた空の優位性が揺らぐ可能性があると指摘しました。  (略) 報告書では、軍の近代…

中国が地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの技術実験を実施…「特定の国念頭に置かず」!

1: たんぽぽ ★
 《 中国国防省は6日、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの技術実験を実施したと発表した。実施日は5日。場所などの詳細は明らかにしておらず、「所期の目的を達成した。実験は防御的なものであり、特定の国を念頭に置いたものではない」とのみ伝え…

台湾軍が大規模な陸海空合同軍事演習を開始…中国軍の侵攻を想定!

1: ガラケー記者 ★
 《 台湾の蔡英文総統は、中国軍の侵攻を想定した大規模な軍事演習を、外交関係のあるアフリカの国のトップとともに視察し、軍事と外交の双方で圧力を強める中国をけん制する思惑があるものと見られます。  台湾の軍は、1年を通して最大規模となる恒…



まつ毛育毛剤通販