宇宙

日本独自の宇宙回収カプセル開発進む…ISSの実験試料を迅速に研究者へ!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 国際宇宙ステーション(ISS)の実験試料を地上に持ち帰る日本独自の小型カプセルの開発が進んでいる。運用開始から今月で10年を迎えた日本実験棟「きぼう」の成果を効率よく上げるのが狙いで、来年度に初の回収実験に挑む。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発する試料回収用の小型カプセルは、円錐(えんすい)に近い形状で直径84センチ、高さ66センチ。来年度に打ち上げる物資補給機「こうのとり」7号機に搭載してISSに運ぶ。飛行士がきぼうの実験で得た生命科学や材料などの試料を収納し、こうのとりの機体表面に取り付ける。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

lif18031814140005-m1
http://www.sankei.com/premium/news/180318/prm1803180017-n1.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521357403/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

木星の衛星エウロパに水のプルーム、生命体存在の有力候補に!

1: みつを ★
 《 1997年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかったとの研究結果が、ネイ…

巨大小惑星の地球衝突を防止せよ、ロケットで軌道をそらす方法をNASAなどが検討!

1: しじみ ★
 《 ローレンス・リバモア国立研究所、ロスアラモス国立研究所、アメリカ航空宇宙局など米国の研究チームは、西暦2135年に地球衝突の恐れがあるとされる大型の小惑星ベンヌの軌道をそらすための「アステロイドディフレクター」に関する研究を進めている。 …

川崎重工業がデブリ(宇宙ゴミ)除去で衛星分野に参入…2020年にも超小型衛星を打上げへ!

1: しじみ ★
 《 国際航空宇宙展2018において、川崎重工業は現在開発中のデブリ(宇宙ゴミ)捕獲システムについて紹介していた。同社が掃除のターゲットとしているのは、軌道上を漂っているロケット上段。技術実証のために、現在60kg級の超小型衛星を開発しており、早けれ…

宇宙で観測できない95%の正体は「暗黒流体」であるという新理論が発表される!

1: 動物園 ★
 《 宇宙の95%を占める「欠けている」部分は観測することができない。それはいったいなぜなのか?現代物理学最大の難問の1つとされていた。だが、イギリス・オックスフォード大学の科学者が打ち出した新理論がこれを解決するかもしれない。  》 ここまで…

イプシロンロケット発射にともなう光の雲が幻想的だと話題…不死鳥飛び立つよう!

1: プティフランスパン ★
 《 2018年1月18日の早朝に、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から高性能小型レーダ衛星を搭載した、イプシロンロケット3号機が打ち上げられました。その様子を写真家のKAGAYA(@KAGAYA_11949)さんが、沖縄本島から撮影。  イプシロ…





まつ毛育毛剤通販