宇宙

火星模擬移住研究実験基地(MDRS)に元南極観測隊員らを派遣…日本火星協会が発表!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 NPO法人日本火星協会は16日、元南極観測隊員らを米ユタ州の火星模擬移住研究実験基地(MDRS)に派遣すると発表した。隊員らは火星での生活を想定し、大気観測や植物栽培などの実証実験を行う。期間は24日から4月8日まで。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

MDRS
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031601137&g=soc
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521300658/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

世界初の月面探査レース、どのチームも月面に到達できないまま終了する見通し!

1: みつを ★
 《 日本のチームも参加している世界初の月面探査レースについて主催するアメリカの財団は、ことし3月末の期限までにどのチームも月面に到達できないまま、レースが終了する見通しになったと発表しました。  世界初の月面探査レースは、アメリカのIT企…

NASAがアポロ11号月面着陸ミッションの音声ファイルを公開…1万9000時間以上!

1: 動物園 ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は、アポロ11号月面着陸ミッションの通信記録を収めた音声ファイルを公開した。  NASAは米テキサス大学と共同でアポロ・ミッションを記録した170の磁気テープをデジタル化した。公開された音声ファイルは1万9000時間以…

日本独自の宇宙回収カプセル開発進む…ISSの実験試料を迅速に研究者へ!

1: ばーど ★
 《 国際宇宙ステーション(ISS)の実験試料を地上に持ち帰る日本独自の小型カプセルの開発が進んでいる。運用開始から今月で10年を迎えた日本実験棟「きぼう」の成果を効率よく上げるのが狙いで、来年度に初の回収実験に挑む。  宇宙航空研究開発機構…

11光年先、地球に似た惑星を発見、太陽系に接近中…生命存在か?

1: プティフランスパン ★
 《 おとめ座の方向に11光年離れた赤色矮星(わいせい)「ロス128」の周りで地球に似た惑星を発見したと、フランスのグルノーブル・アルプ大などの国際研究チームが15日発表した。太陽系外では4光年先の「プロキシマb」に次いで地球か…

「潜在的に危険」と分類されている小惑星「2002 AJ129」が時速約10万キロで地球に接近中…2月3日に最接近!

1: ニライカナイφ ★
 《 NASAによって「潜在的に危険」と分類されている「2002 AJ129」が、現在、時速約10.7万キロで地球へ向かっている。その速度は、時速7300キロで飛行する人類が作り上げた最速の超音速機「X-15」の15倍もの速さだ。  また幅は約1.1キロで、高さ800…





まつ毛育毛剤通販