疫病

WHOが警鐘、謎の病原体「疾病X」の世界的流行で数百万の死者が出る恐れ!

投稿日:

1: 【東電 75.3 %】 (帝国中央都市) [US]
 《 世界保健機関(WHO)はまだ発見されていない病原体「疾病X」の世界的な大流行が新たに起こる可能性が高いと警鐘を鳴らす。Science Alertによると、研究者は全人類に感染する可能性がある9つの病気のリストを作成した。

 上位3つには、ウイルス性クリミア・コンゴ出血熱(1944年、クリミアで初めて発見され、その後コンゴでも確認)、ラッサ熱(ナイジェリアで流行)、エボラ出血熱(2014,2015両年に流行し、
1万千人強の命を奪った)が入った。スペイン風邪のように致命的な、まだ発見されていない病原体が大流行する可能性があるとして、リストには「疾病X」も含まれている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

_SL1500_
https://jp.sputniknews.com/science/201803124660344/ 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520861168/
続きを読む

続きを読む

-疫病

執筆者:


関連記事

抗生物質が効かず、治療が難しい「悪魔の耐性菌」が全米で拡大…米疾病予防管理センターCDCが警鐘!

1: ニライカナイφ ★
 《 抗生物質が効かず、治療が難しい「悪魔の耐性菌」として、国際的に警戒感が高まっている「カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)」。米国の医療機関では昨年1年間で221例の感染があったことが、米疾病予防管理センター(CDC)の調査で明らかになった…





まつ毛育毛剤通販