知る

93歳のおばあちゃんの愛情は国境を越える。飛行機でケニアへボランティアに出かけたイタリアのおばあちゃん

投稿日:

tn

 イタリアに住むエリザ・コルトロさんの祖母、ノルマ・イルマさんは、現在93歳だ。これまで毎年、アフリカ・ケニアにある孤児院に寄付をしてきた。イタリアの宣教師が創設した孤児院だ。

 ところが今年は、どうしたことか寄付の集まりが悪く、孤児院の運営資金が足りなくなってしまったのである。

 それを知ったイルマさんは、こうしちゃいられないとばかりに行動を起こした。孤児院を手伝うため、ケニアへ向けて機上の人となったのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

植物に関する驚くべき10の事実

 植物のポテンシャルの高さは、カラパイアの読者ならご存じのことだろう。動くことができないゆえにその身を守る毒性は高く、オーバーキルにもほどがある種が存在するし、人を惑わす幻覚作用とかはなはだしいわけだ。

 自然素材だから体に優しいという神話を信じている人…

悪名高き2種の害虫がハイブリッド化。メガ害虫となり力を強めていることが判明(オーストラリア研究)※昆虫出演中

  オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の科学者は、世界で最も悪名高き2種の害虫が交雑し、その力を強めていることを確認した。

 オオタバコガとアメリカタバコガが自然交雑して誕生したメガ害虫は、農作物に更なる被害をもたらすのではと懸念されている。

パソコン作業で座りっぱなしの仕事でも正しく座ることで体の負担を減らすことができる。人間工学的に正しい座り方

 諸説あるが、座りっぱなしの状態でいると体に負担がかかり、健康上あまりよくないと言われている。(関連記事)

 だがパソコン作業中心のデスクワークだと、1日座りっぱなしで仕事しなければならないという人もいるだろう。

 正しい姿勢で座れば、体への負担が減るの…

4万2000年の眠りから覚め、永久凍土に閉じ込められていたワームが生き返る(ロシア・シベリア)※線虫注意

 4万2000年間凍りついていた永久凍土の堆積物のサンプルが溶けて、そこに眠っていた線虫が息を吹き返したことが明らかになった。

 数週間もすると、その線虫は動いて餌を食べ始めたという。冷凍された状態で生存した期間の最長記録更新の瞬間である。

 このことは冷凍…

1億8千万円を投じて聖書に記載されたノアの方舟を再現。その船の行方は?

 ほとんどの人が、ノアの方舟について聞いたことがあるだろう。

 旧約聖書の『創世記』に登場するこの話は、神に命じられて木で方舟を造ったノアと家族、その船にのせた動物のつがいを一組ずつだけが、大洪水から生き残ったというものだ。

 オランダの建築請負業者のヨ…





まつ毛育毛剤通販