通信

格安SIM、利用率はすでに10%を突破。人気はダントツで「楽天モバイル」

投稿日:

14

MMDLaboは3月12日、格安SIMサービスの利用動向を発表した。格安SIMの利用率はすでに10%に到達しており、一番人気は「楽天モバイル」だったという。

メインで利用する携帯電話やスマートフォンの通信事業者は、「docomo」(32.5%)、「au」(28.0%)、「SoftBank」(22.1%)の大手3キャリアが多いが、その合計は82.6%で17年3月の調査と比べると3.1ポイント減少した。



一方、格安SIMを提供するMVNOの割合は年々増え、前年比2.7ポイント増の10.1%に達した。格安SIMユーザー(6721人)がメインで利用するサービスのうち、最も多かったのは「楽天モバイル」(22.2%)。次に「mineo」(14.3%)、「OCN モバイル ONE」(9.7%)が続く。




http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/12/news073.html

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1700.html


続きを読む

続きを読む

-通信

執筆者:


関連記事

総務省、格安スマホの通信速度を各社共通の測定基準で伝えるよう団体と策定

総務省は、格安スマートフォンの通信速度について、共通の測定基準で消費者に分かりやすく伝えるルールを業界団体と策定する。
携帯大手向けにはすでに測定や広告表示のルールがあるが、格安スマホは各社の判断に任せられている。割安な料金で人気が高まっている格安スマホ…

悩んだ末に格安SIMに変えたら生活がとても楽になって驚いてる

1:名無しさん@おーぷん 2017/11/17(金)18:40:27 ID:6Mm
18000円が5000円になりゃそりゃ楽になるよな格安SIMオススメだぜ

菅官房長官の4割下げるべき発言に対し、au「真摯に受け止める」

KDDI高橋社長は、菅官房長官の4割値下げ発言について言及した。「真摯に受け止めていく」という。
KDDI(9433)の高橋誠社長は5日、都内で開いた新たなビジネス開発拠点の開設イベントで、菅義偉官房長官が携帯電話料金について「今より4割程度下げる余地がある」と発…

スマホ「実質0円」禁止は逆効果だった?結局のところユーザーは損しキャリアが得する構図に

総務省は、国民の通信料金の負担を軽減させようというねらいで「キャッシュバック」や「0円端末販売」を規制していたが、結局のところ、ユーザーは損しキャリアが得をする構図になっているという。
中略 たしかに、「通信料金を値下げさせる」という効果は実際に出ているよ…

楽天・三木谷社長、携帯事業について「後発のメリットは大きい」

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、新規参入を表明している携帯キャリア事業について語った。曰く、「技術が進歩し、機器も安くなっている。後発のメリットは大きい」という。
三木谷社長は2019年中を予定するサービス開始時に「(グループ全体で)300万人超の会員でスタートで…





まつ毛育毛剤通販