知る

人類は進化によってお酒に弱くなる。今後アルコール耐性を持たない人が急増する可能性がゲノム調査で明らかに(米研究)

投稿日:

iStock-672853048_e

 ヒトは未だ進化の途上にある。変化していく環境に適応するべく世代を経ながら少しずつ変わっていく。例えば尾てい骨は尻尾の名残ともいわれている。

 進化の影響は様々なところに現れる。アルコール耐性に関してもその影響がでているという。

 これまでのところ、アルコールの処理が困難になるような遺伝的適応が起きているのは一部の人たちだけだが、将来的には徐々にその比率が増え、お酒に弱くなる人が急増する可能性があるという。

 これは「1000人ゲノムプロジェクト」の公開データを分析して明らかとなった。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される

 アメリカ合衆国では3年前から病原菌を改変して致死率を上げる研究に対して補助金を交付することを禁じていたが、この度それが解禁となった。

 そのリスクを正当化できるメリットがある場合のみに限るが、今後は恐ろしいウイルスを生み出し、その研究も行うことができる…

捨てられた赤ん坊を一晩守り通した3匹の野良犬たちがいた(インド)

 今から20年以上前の1996年、5月の23~34日のことである。インドのコルカタ(カルカッタ)で、生まれたての赤ん坊を一晩中守り続けた犬たちがいた。

 赤ん坊の家で飼われていた犬ではない。正真正銘の野良犬だったのだ。

 そう、赤ん坊は捨てられていたのである。

スティーブン・ホーキング博士の最後の論文が発表される。「宇宙の永遠の膨張と安定」

image credit:Andre Pattenden
 3月に亡くなったスティーブン・ホーキング博士の最後の仕事が発表された。

 『Journal of High Energy Physics』に掲載されたのは「A Smooth Exit from Eternal Inflation?(永遠の膨張からの滑らかな出口?)」という論文だ。昨年オンライ…

年の差55歳婚だと!? 16歳の少年と71歳の女性が熱烈に愛し合ってゴールイン(インドネシア)

 インドネシアの南スマトラ州西部にあるカランジェンダ(Karangendah)という村に、超絶年の差婚カップルが誕生した。

 二人は熱烈に愛し合ってこのたびめでたく結婚したようなのだが、新郎のスラマ・リアヤディ(Selamat Riayadi)くんは16歳、新婦のロハヤ(Rohaya)さんは71…

異星人が地球を訪れていた証拠なのか?謎を呼ぶ6種の遺物

 かつて異星人は地球を訪れていたという説がある。中には物証らしきものが残されている場合もあるが、古い時代のものであればあるほどその証明は難しい。

 それが本当に異星人と関連性があるものかどうかはわからないが、世界では奇妙なものが見つかっているのは確かであ…




まつ毛育毛剤通販