ロシア

シリアに派遣された第5世代戦闘機Su-57で実戦条件での電波探知システムテスト…ロシア国防筋!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 ロシア軍にもまだ軍備されていない第5世代戦闘機のSu-57が実戦条件でのテストのためにシリアのフメイミム基地に向けて発進した。ロシアのコメルサント紙が国防産業の消息筋からの情報として報じた。

 コメルサント紙によればシリアに向けて発進したSu-57機は合わせて4機。Su-57は電波探知システムのテストが行われるものの、戦闘に完全に使用される計画にはない。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

no title
https://jp.sputniknews.com/middle_east/201802264616569/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519689791/
続きを読む

続きを読む

-ロシア

執筆者:


関連記事

惑星間飛行中に宇宙飛行士が「冬眠状態」に入るための薬を開発中…ロシア!

1: ニライカナイφ ★
 《 長時間に及ぶ惑星間飛行中に宇宙飛行士が「冬眠状態」に入るための薬をロシアの研究者が開発中であると、ロシアのプロジェクト集団「Russian Foundation for Advanced Research Projects in the Defense Industry」のプロジェクトリーダーである…

欧米各国がロシア外交官を一斉に国外追放、総領事館も閉鎖へ…元スパイ襲撃への対抗措置!

1: ◆dy5OJynnfTQj
 《 米国や欧州連合(EU)各国は26日、英国で起きた神経剤による元ロシア情報員暗殺未遂事件への対抗措置として、ロシア外交官を追放する方針を決めた。ロシアが報復措置を取るのは必至で、米欧との対立がさらに深まるのは避けられそうにない情勢だ…

ロシア軍がZSU-23-4「シルカ」に代わる新型高射砲を開発へ…無人航空機と巡航ミサイルなどの撃墜を目的!

1: 冷やし飴 ★
 《 ロシア軍防空部隊司令官のアレクサンドル・レオノフ中将は、無人航空機と巡航ミサイルなどの撃墜を目的とした新たな高射砲装置の開発についてマスコミに話した。  「従来の『シルカ』に代わるものとして、革新的な弾薬定量の新しい高射砲装置が開発中…

日本調査団55人の択捉島入りをロシア政府が拒否、国後島関係者「ロシア軍の軍事演習が準備されている為」!

1: 記憶たどり。 ★
 《 北方領土での日露両国による共同経済活動の実施に向けた日本側の現地調査について、ロシア政府が択捉島入りを拒否していることがわかった。  (略) 国後島の関係者は、拒否の理由について「択捉島でロシア軍の軍事演習が準備されているため…

アサド政権軍が反体制派に総攻撃か…「後ろ盾」のロシアが地中海で艦隊を増強!

1: 樽悶 ★
 《   シリア内戦で優位を固めたアサド政権軍が、反体制派の最終拠点への圧力を強める中、「後ろ盾」となっているロシアは今月下旬から地中海で艦隊を増強している模様だ。米国のマティス国防長官は28日、アサド政権が再び化学兵器を使用する事態を防ぐため…





まつ毛育毛剤通販