科学

ミサイルに変化するドローン(無人機)、人工知能(AI)はもう悪用される段階に…専門家が警告!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 ミサイルに変化するドローン(無人機)、世論を操る偽物のビデオ、自動化されたハッキング。これらは、悪の手に渡った人工知能(AI)がもたらす脅威の一部に過ぎない。第一線のAI専門家26人が、警告を発表した。

 14機関の専門家26人が今月、英オックスフォードでAIの危険についてワークショップを開いた。その結果をもとにした報告書「悪意ある人工知能の利用」は、ならず者国家、犯罪者やテロリストによるAIの悪用はすでに可能で、機は熟していると警告している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1920px-First_MQ-9_Reaper_at_Creech_AFB_2007
http://www.bbc.com/news/technology-43127533 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1519261575/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/MQ-9_Reaper_at_Creech_AFB_2007.jpg
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

「マトリックス」の世界が現実に…ヒトの脳にインプラントを埋め込み記憶力を向上、米研究チームが実験成功!

1: すらいむ ★
 《 「マトリックス」が現実になりつつある! ヒトの脳にインプラントを埋め込んで記憶力を向上させる実験がついに成功。   (略) 米国南カリフォルニア大学の神経工学の専門家であるセオドア・バーガー博士率いる研究チームは脳へ埋め込むインプラン…

Googleの元CEO「20年以内に、ロボットが人間を攻撃してくる映画のような世界がやってくる」!

1: しじみ ★
 《 人工知能(AI)が発展しロボット兵器が自らの意思を持って判断して人間を攻撃してくる、いわゆる「自律型致死兵器システム(LAWS)」の脅威については2018年2月にドイツのミュンヘンで開催されていた「第54回ミュンヘン安全保障会議」でも議論の的となっ…

スペインの最新風力発電システム「ブレードレス」の写真がヤバイ!

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [BR]
 羽根のない「ブレードレス」と呼ばれる新しい風力発電システムは革命を起こすでしょう。  騒音は少なく、設置スペースも小さく、従来より60%も発電量が多く、そして鳥を殺すことがないのです。 https://energialimpiaparat…

バク転ロボットを開発したボストン・ダイナミクスの新型はひとりでドアを開けられる!

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 いつかこの日が来ることはわかっていた。Boston DynamicのスリムになったSpot Miniが、今度はドアの開け方を覚えた —— 使っているのが腕なのか顔なのかは、見る人次第。  チームがGoogleからSoftbankに代わったあともバイラルなロボットマ…

観測距離250万kmの「LISAパスファインダー」、蚊による重力変化さえも検知!

1: Sunset Shimmer ★
 《 2016年、米国の物理実験施設・LIGOで史上初めて重力波が観測されました。「実験施設」とサラッと言ってますが、LIGOは2つの観測所を3000kmも離れた場所に設置してお互いに連携させるという壮大な仕組みです。でも今、もっと壮大な構想が実現に向…



まつ毛育毛剤通販