社会

密漁老夫婦、小型漁船を通常の3倍の馬力に改造して逃走を図るwwwwwwwww

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

中国「日本こそ中華文化の継承者だ」 日本の出版社の60年に及ぶ大事業に中国人が感嘆

古代中国から宋代までの著名な思想・歴史・文芸古典を網羅する、明治書院の「新釈漢文大系」全120巻が、来年5月刊行の、「白氏文集 十三」で完結する事が先日発表されました。1960年に第1巻「論語」を刊行して以来、58年をかけた大事業で、累計160万部を刊行。主に研究者などに愛用されてきたそうです。このことを、中国のメディアも続々報道。編者を務めた漢文学者の故内田泉之助氏が初刊行時に寄せた、「どれもわが国の伝統文化

海外「笑い死ぬかと思ったw」 日本人がカタヌキに挑戦する動画が外国人を爆笑の渦に

板状の菓子に描かれた動物や花、乗り物などの型を針や爪楊枝などを使い、くり抜いて完成させる縁日の遊戯であるカタヌキ。正式な呼び方は「型抜き菓子」というものですが、基本的には食べることではなく型を抜いて遊ぶことが目的となっており、1カ所も割らず綺麗に抜き取れば、景品や賞金がもらえます。今回ご紹介する動画は、主にASMR動画(音による癒し動画)を配信している、Fuji Noise ASMRさんが投稿されたものがオリジナルで

15時間笑いっぱなしで失神、半身不随に至る例も……危険ドラックよりヤバイ「笑気ガス」

15時間笑いっぱなしで失神、半身不随に至る例も……危険ドラックよりヤバイ「笑気ガス」の画像1
ネット上では、錠剤型の笑気ガスが普通に販売されている(新藍網より)

 手術時の緊張緩和などの目的で使用される「亜酸化窒素(笑気ガス)」の乱用が中国で広がっている件に関しては、過去に当サイトでもお伝えした
参照記事)が、最近は意識障害や体の麻痺などの症状を訴える若者が増加し、深刻な社会問題となりつつある。

「網易新聞」(8月17日付)によると、8月初旬、江蘇省蘇州市内の警察署に一件の通報が寄せられた。市内のホテルで若い男らが暴れだし、突然殴られたというのだ。警察は現場へ急行、暴れていた3人の男を確保した。

 男たちが宿泊していた部屋を捜査したところ、カプセル状の錠剤のようなものが100錠以上発見された。

 男たちは「笑気ガスが欧州でブームとなっていて、ハイになれるとネットで知り、興味を持った。オンラインショップで笑気ガスが詰められたカプセルを購入し、その後、ホテルの部屋で次々と吸い込んだ。すると、意識が朦朧として、手足がしびれてきた。次第に笑いが止まらなくなり、気づいたら15時間以上笑い続けていた。意識が飛んでいたので、ほかの宿泊客にぶつかったりしてしまったかもしれない」と供述しているという。

15時間笑いっぱなしで失神、半身不随に至る例も……危険ドラックよりヤバイ「笑気ガス」の画像2
笑気ガスの影響で、半身不随となった中国人女子大生(楼主網より)

 さらに今年5月には、米国留学していた中国人女子大生が変わり果てた姿で帰国し、世間に衝撃を与えた。彼女は留学中に笑気ガスにハマってしまい、数日間絶食した状態でひたすら笑気ガスを吸引していたところ、意識不明の状態に陥り、失禁したまま現地の病院に緊急搬送されたのだ。一命は取りとめたものの、車椅子姿で帰国することとなってしまった。

 北京在住の日本人男性は、笑気ガスの流行についてこう話す。

「クラブのVIP席で、スプレー缶みたいなものから直接吸引している連中を見たことがあります。みんなやたらニヤニヤしていて、常連の友人いわく『笑気ガスだ』と。近年、薬物乱用に対しては厳しい取り締まりが行われている半面、笑気ガスを取り締まる法律はないらしく、ブームになっている」

 浙江省解毒治療研究センターは、最近行われた笑気ガスの動物実験で、笑気ガスを吸わせたマウスが2分30秒で死亡したというデータを発表している。これまで医療目的にも使用されてきた笑気ガスは、人体に比較的悪影響を及ぼしにくいとされてきたが、乱用されれば生命の危険もあるようだ。

 中国でひそかに広がる笑気ガス。その背景にあるのは、ガスでも吸わなければ笑えない社会ということなのだろうか?
(文=青山大樹)

ワイ「あの~換金所どこですか?」店員「!?」

1 :名無しさん@おーぷん:2018/10/08(月)17:04:45 ID:GJU
店員「そんなもんはありません」

ワイ「ファ!?」

ワイ「あの~換金所どこですか?」店員「!?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538985885/

2 :名無しさん@おーぷん:2018/10/08…

海外「韓国はいい加減にしてくれ!」旭日旗の写真に『いいね』をした米俳優が韓国で大炎上

米人気ドラマ「ウォーキング・デッド」などへの出演で知られる、韓国系アメリカ人俳優のスティーブン・ユァンさんが今月13日、旭日旗に関する騒動を起こした事について、自身のSNSで謝罪を行いました。ユァンさんは、今月11日にジョー・リンチ監督がSNSに投稿した、旭日旗がデザインされた服を着ている少年の写真に「いいね」を押し、そのことが韓国国内、特にネット上で大きな批判の的になっていました。騒動後には韓国大統領府の





まつ毛育毛剤通販