知る

バス海峡トライアングルで起きた世にも奇妙な10の事例(オーストラリア)

投稿日:

0_e1

 オーストラリア、ビクトリア州の南海岸から始まり、タスマニア島にまで続くバス海峡。1798年、イギリスの航海者マシュー・フリンダースにより発見され、彼の船の船医ジョージ・バスにちなんで名付けられた。

 水深50mほどの浅い海域なのだが、その周辺は船や飛行機がが謎の消滅をとげる魔のトライアングル地域として知られている。UFOを目撃、遭遇したという証言も後を絶たない。

 不可解な事件が続くバス海峡は、バミューダ・トライアングル海域にならって「バス海峡トライアングル」と名付けられた。

 ここでは、バス海峡トライアングルで起きた奇妙な事例を見ていくことにしよう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

古代・中世時代、キリスト教で容認されていた同性愛。その歴史的事実を記したゲイの歴史家の著書が大論争を呼ぶ

 1980年にエール大学の歴史学博士であり、自身もゲイであるジョン・ボズウェルが書いた、「かつてカトリック教会は同性愛を容認していた」という歴史的事実を記した著書が、同性愛の人たちとカトリック両方の怒りをかった。

 彼の著書にはかつてカトリック教会では、同性…

世界最初のツイートってどんなつぶやき?世界の歴史に大きな変化をもたらすきっかけを生んだ文書

 過去の歴史を知る上で、重要な役割を果たすのが文書(ドキュメント)である。人類は文字を生み出したことで、当時を読み解く手がかりを与えてくれた。

 膨大な文書が現存する中、世界史に大きな変化をもたらすきっかけを生んだ文書もある。現代へと通じるこれらの文書は…

シュールな合わせ技。ぎょっとするトリックアートを生み出すコラ職人

 スイス出身のアーティスト、モニカ・カルヴァーリョは人々を混乱させることが好きだ。彼女は素材を慎重に選び、時間をかけてぎょっとするトリックアートをフォトショップで作り出す。

 ベルリンに拠点を置く彼女は、これらの作品を『不可能なシーン』(impossible scene…

人と触れる機会が多いネズミは10年もしないうちに見た目が変化することが判明(スイス研究)

 イヌ、ウシ、ヒツジ、ウマ、ブタ、トリなどなど、過去1万5000年の間、我々の祖先はいくつかの野生動物を家畜化してきた。

 野生のオオカミを従順で手懐けやすいイヌに進化させるため、我々の先祖は動物を選択的に交配してきた。従順さは選択する上で重要な基準であった…

タッチできる仮想現実。投影されたホログラムに触れた感覚がわかる画期的なバーチャルリアリティが開発中

 EUからも資金援助を受けているプロジェクトが、バーチャルリアリティに革命を起こすかもしれない。
 
 超音波で皮膚感覚フィードバックを得る技術のリーディング企業である「ウルトラハプティクス社(Ultrahaptics)」は、目に見えない力を空気中に投影して、最大1メー…





まつ毛育毛剤通販