科学

バク転ロボットを開発したボストン・ダイナミクスの新型はひとりでドアを開けられる!

投稿日:

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 いつかこの日が来ることはわかっていた。Boston DynamicのスリムになったSpot Miniが、今度はドアの開け方を覚えた —— 使っているのが腕なのか顔なのかは、見る人次第。

 チームがGoogleからSoftbankに代わったあともバイラルなロボットマーケティングは健在だ。あのスリムデザインのSpot Miniのデビューから3カ月、新たに制作された予告編ビデオでは、ヘッドマウントアームを装備したもう一匹がドアを(比較的)すばやく操作して仲間を部屋に通す。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

5484
http://jp.techcrunch.com/2018/02/13/2018-02-12-boston-dynamics-newest-robot-learns-to-open-doors 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518491357/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

IBMが世界最小のコンピューターを開発中…岩塩の粒よりも小さく、製造コストが10セント以下!

1:
 《 3月19日から、カンファレンス「IBM Think 2018」を開催しているIBMが、現在世界最小のコンピューターを開発中だと明かしました。  詳細情報はまだ不明ですが、今週中にもう少し詳しい情報が出る可能性があります。現状判明している情報としては、コンピュータ…

政府、盗聴やハッキングが不可能とされる「量子暗号通信」の実用研究へ…外交・安保利用で期待!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 政府が、盗聴やハッキングが不可能とされる「量子暗号通信」の実用化に向けた研究に乗り出すことが8日、分かった。政府関係者が明らかにした。来年度から5年間かけて実証実験を行い、早期の実用化を目指す。在外公館や遠隔地の艦船との…

日本に建設構想がありLHC以上と期待される線形加速器「LCI」規模縮小で建設4割減!

1: 虫くん ★
 《 宇宙の成り立ちを解明するため、岩手・宮城両県にまたがる北上山地に建設が構想されている次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の全長が、当初計画の30キロから20キロに縮小されることになった。  建設費を約4割削減し早期に実現させる…

眼球からレーザーを放つ「コンタクト型レーザー」の開発に研究者らが成功!

1: きつねうどん ★
 《 眼球に装着しレーザーを発射できるという、まるでヒーローが持つスーパーパワーのような技能を一般人でも身につけることができる「コンタクト型レーザー」の開発に研究者たちが成功しました。  自然界に存在しないレーザー光は、精密な計測器…

あの米国製人型ロボット「Atlas」が、とんでもなく進化…バク宙を披露する動画を公開!

1: しじみ ★
 《 災害支援など、特殊用途のロボットを開発する米Boston Dynamicsが16日、You Tubeに同社の人型ロボット「Atlas」がなめらかな"バク宙"を披露する動画を公開している。  Atlasは同社の2足歩行の人型ロボットで、不整地でも歩行でき、荷物を運搬するた…



まつ毛育毛剤通販