家電

パナソニック、8K60fpsのCMOSイメージセンサ開発を発表。有機薄膜を採用

投稿日:

12

パナソニックは、8K解像度(3600万画素)で毎秒60フレームを記録できるCMOSイメージセンサー技術を開発したと発表した。

動体の撮影でもゆがまない「グローバルシャッター」機能を備え、高速かつ高解像度の撮像が求められる分野への活用が期待されるという。

今回パナソニックが開発したイメージセンサーは、光を電気信号に変換する部位(光電変換部)に有機薄膜を採用した。従来の裏面照射型CMOSでは光電変換部のシリコン基板が2~3マイクロメートルの厚みを持っていたが、有機薄膜にしたことでこれを0.5マイクロメートルに抑えた。

厚みを抑えたことで回路部の自由度が増し、8Kの高解像度と60fpsという高フレームレート、広ダイナミックレンジ化、グローバルシャッター(全画素から同時に光を読み出す電子シャッター)機能を同時に実現できたという…
続きはソース元で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/14/news079.html





http://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/02/jn180214-1/jn180214-1.html


続きを読む

続きを読む

-家電

執筆者:


関連記事

スティック型掃除機が人気。吸引力が弱いは昔の話、今や万能製品に

掃除機の売れ筋に変化が起きている。主流のキャニスター型ではなく、スティック型が人気になりつつあるという。
スティック型の掃除機が人気です。かつては本体と吸引部をホースでつなぐキャニスター型が主流でしたが、使い勝手がよくなったためメインの1台として活躍して…

シャープ、AIで最適な運転モードを選択して室内を快適にする「プラズマクラスター空気清浄機」を発表

シャープは、インターネットと接続できる無線LANやクラウド上のAIで周辺エリアの気候や空気の状態を分析し、最適な運転モードを選択して室内を快適にする「プラズマクラスター加湿空気清浄機」の最新モデル4機種を発表した。9月21日から順次発売する。 市場想定価格は…

アメリカでは成人の5人に1人がスマートスピーカーを利用してることが判明。お前らまだ使ってないの?

Voicebot.aiの調査によると、アメリカの成人4730万人が音声認識可能なスマートスピーカーにアクセスできるという。
Voicebot.aiが発表した最新のレポートによれば、現在、アメリカの成人4730万人が音声認識可能なスマートスピーカーにアクセスできるという。発売後わずか2年…

スマートスピーカー大本命の「Amazon Echo」、11月に日本登場へ

年内に国内登場することが予告されていたアマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echo。BusinessINSIDERによると、11月8日に登場するという。
アマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echoが11月、ついに日本上陸することが確定した。アマゾンは11月8日、都内でAmazon Alexaと…

東芝からテレビ事業を買収する中国ハイセンス、「TOSHIBA」ブランドを40年使用可能に

東芝からテレビ事業を買収する中国家電大手の海信集団(ハイセンス)が、「TOSHIBA」ブランドを40年間、全世界で販売するテレビで使用できる権利を取得することが22日、分かった。
東芝の知名度や信用力を生かし、高価格帯製品の販売拡大に弾みをつけたい考えだ。 日本市場…



まつ毛育毛剤通販