社会

海外「民族的には日本人だ」 ミライ・ナガスは日本人なのか米国人なのかで論争に

投稿日:

昨日行われたフィギュアスケート団体の女子フリーで、
日本人の両親を持つ米国のミライ・ナガス(長洲未来)選手が、
女子では最高クラスの難度とされるトリプルアクセルを決め、
伊藤みどりさん、浅田真央さんに次ぐ、五輪史上3人目の成功者となりました。

ナガス選手は演技後に日本語でインタビューに応じ、
「嬉しいです。8年前、浅田真央ちゃんの演技を見てすごいなと思って。
プレッシャーがかかっているのにきれいに跳んで決められたので、
あの姿のように跳びたいなと思った」と答えていらっしゃいます。

ナガス選手の偉業に対して祝福や賞賛の声が多数寄せられる一方で、
一部、特によりフランクなコメントが多く見られるバイタルメディアでは、
ナガス選手はアメリカ人と言えるのかどうかで論争が起きています。

いまだにこのような議論が起きること自体がなかなかショッキングですが、
国籍や人種に関しては、様々な考えがあるようでした。

海外「日本人は何てラッキーなんだ!」 日本人のルーツに外国人も興味津々

triple-axel.jpg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「マジで日本人は何なんだ…」 日本の建設技術が尋常じゃないと海外で話題に

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に路線を展開する首都高速道路。東京五輪に合わせて1959年から急ピッチで建設が進められ、1962年に初の路線として、京橋ー芝浦間(4.5km)が開通しています。実は首都高速道路の計画案は、戦前の1938年にも作成されていました。また、終戦直後の1946年に東京都が作成した都市プロジェクトには、幅100メートルの高速道路を造る計画もあり、敷地も確保されていたのですが、1949年に実施されたドッジ・

海外「まさかここまでの選手とは!」 米メディア『大谷翔平は明らかに宇宙人である』

エンゼルスの大谷翔平選手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、7回を投げて1安打無失点、1四球、12三振の内容で、今季2勝目を挙げました。メジャー2度目となった今回の先発は、3者連続三振でスタートし、4回1死では、この日最速となる99.6マイル(約160キロ)をマーク。7回1死の場面でヒットを許すまで、一人の走者も出さない完全投球でした。これまでの大谷選手の活躍を受け、アメリカのスポーツ専

海外「日本人は外国人に寛容だぞ」 外国人が巫女の衣装を着るのは文化盗用なの?

兵庫県尼崎市にある尼崎えびす神社では、昨年4月から外国人向けの巫女体験を初めており、既に150組から申し込みがあるなど、密かな人気となっているそうです。人気の背景には、海外でもヒットしたアニメ映画「君の名は。」があり、ヒロインの巫女姿を見て応募をした外国人が少なくないそうです(鳥居や狛犬など神社の歴史や、神社でのマナーも学ぶことができる)。翻訳元ではこの件を取り上げ、外国人が巫女の姿に身を包むことは、

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケ

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像1
自動運転システムを搭載した実際の路線バス

 現在、世界各地で無人自動運転バスの実証実験が行われ、大きな革新をもたらそうとしている。日本でも、数年以内の実用化を目指している。

 そんな中、お隣中国では、世界に先んじて無人自動運転バスの試験運行が10月にも開始されるという。自動運転技術の安全性もさることながら、交通マナーが非常に悪い中国で、果たして無人自動運転バスの運行は可能なのだろうか?

「連合早報」(9月19日付)」によると18日、広東省深セン市で《2017年・路線バス無人自動運転記念》なるイベントが開催され、地元の政府関係者などが参加した。

 同市では、市内の路線バスのうち2路線で、無人自動運転バスの運行をスタートさせるという。

 1019の路線に1万279もの停留所が存在する同市では、毎日延べ474万の乗客がバスを利用している。今後、安全性を十分に考慮した上で、全路線バスに無人自動運転技術を導入していく方針だという。

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像2
上海市内にある、無人コンビニ店舗《BingoBOX》

 実は、中国では現在、国を挙げて自動運転技術の開発を行っている。中国ネット検索最大手の「百度(バイドゥ)」は今年、フォード・モーター社、ダイムラー社、インテル社など世界50社と共同で、自動運転技術の研究を開始した。《アポロ計画》と名付けられた同プロジェクトは、AI技術を用いて自動運転システムを研究していくという。2020年12月には実用化される見通しだともいわれている。

 無人運転の公道運用で世界をリードする理由について、中国事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏はこう話す。

「日本や欧米諸国では、死亡事故でも起きようものなら計画自体が頓挫することになるので、自動運転の試験運用にはかなり慎重にならざるを得ない。一方、中国では死亡事故の1つや2つで国家的プロジェクトが止まるようなことはないため、イケイケドンドンが可能なのです。中国の世論にも安全性を疑う声はありますが、市民の交通マナーの悪さから死亡事故が頻発しているので、『人間の運転よりは自動運転のほうが安心できる』という声も多数あります」

 果たして世界初の試行運転がうまくいくのか、注目だ。
(文=青山大樹)

インスタバエ「アレとらなきゃ!撮るためにアレ行かなきゃ!」俺(えぇ…)

1 :名無しさん@おーぷん:2017/09/16(土)10:38:08 ID:VOp
俺(手段と目的をごっちゃにしてるじゃん…こういう人にはなりたくないな…写真撮るためにアイスクリーム買ってそれを捨てるもんな…)

俺(視野が狭くて、感性がない… 嫌だなぁ…)

A「俺くん、インスタやんない…



まつ毛育毛剤通販