動画

3年前に相棒を亡くしたゴールデン・レトリバー、クリスマスにもらったのは小さなお友達だった

投稿日:

dropped20
 
 2月も10日を過ぎると次第と気になってくるのがバレン〇インデー。別にあげる予定ももらう予定もない。そんな切ないことを考えちゃう仲間には、愛するペットに贈り物をすることをおすすめするよ。

 ちょっと時期はずれちゃうけど、クリスマスシーズンにあった素敵なプレゼントのお話をご紹介するよ。 続きを読む

続きを読む

-動画

執筆者:


関連記事

冒険好きな目と耳の不自由な猫が迷子となり、2か月後飼い主と再会

 
 レイモンド・マクナマラさんは御年20才になる猫のリリーさんとともにアメリカ全土を旅していた。リリーさんはシニア猫、そして目が見えず耳も不自由にも関わらず、大好きなレイモンドさんとの冒険を楽しんでいたという。

 しかし今年の初めにフロリダ南部を旅していた…

これは怖い!3つのトルネードにニアミス接近な旅客機の危機一髪(ロシア)

 今年8月末、ロシアのある旅客機が、黒海の海上に3つのトルネードが発生しているにもかかわらず近隣のソチ市の空港に着陸する出来事があった。

 凄まじい威力を持つトルネードが付近を通過する中、激しい揺れにおびえる乗客を乗せたまま着陸を余儀なくされた機体。

 し…

巨大クラーケンが船を襲う!?第二次世界大戦時代の船を利用して作られた人工サンゴ礁

 全長24メートルもの巨大クラーケンが船に巻きつきながらカリブ海に沈んでいく。まるで映画さながらの構図だ。
 
 この船は第二次世界大戦時のもので、クラーケンは有孔素材で作られたものだ。実はこれ、新たなサンゴの生態系をよみがえらせるために意図的に海底に沈めら…

南北戦争時代の潜水艇「H. L. ハンリー」の乗組員全員死亡の謎が153年後の今、あきらかに(米研究)

 南北戦争時代、アメリカ南部連合国のために戦った戦闘潜水艇「H. L. ハンリー」は、1864年にサウスカロライナ州ノースチャールストン近くで沈没した。

 2000年にようやく引き揚げられたハンリーは、司令塔のひとつに穴があき、小さな窓が壊れていただけでほとんど無傷の…

ロシアの炭鉱労働者が超小型のUFOを発見か?

 地球外生命体や陰謀論を多く取り扱うYoutubeのチャンネル「SecureTeam10」が、ロシア人の炭鉱労働者が発見した物体を紹介した。

 彼はクズバスラズレズウーゴリ・コンツェルン社のヴォルゴグラードにある採掘場で働いていて、そこを掘り起こしていたところ、地下40メー…





まつ毛育毛剤通販