電気自動車

揺らぐテスラへの信頼。タイムリミットはいよいよか

投稿日:

イーロンマスク

「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。ここにきて、信頼が揺らぎつつあるという。

シリコンバレーは常に、他の事業のまねと機能の向上によって動かされてきた。本当に突発的にでてくるアイデアは少ない。大抵は、ほかの誰かがすでに試したものを完璧にすることが勝負どころとなる。グーグルが検索で、あるいはフェイスブックが交流サイト(SNS)でやったように、正しいやり方をみつけたら、その結果は目を見張るものになったりする。たとえほかの企業がすでに同じ道を開拓しようとしたとしてもだ。改良ばかり…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26731080Z00C18A2000000/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

栃木のベンチャー企業、複数のEVを5分で充電できるシステムを開発。中国で実用化へ

宇都宮市のベンチャー企業「エネルギー応用技術研究所」(菅野富男社長)が開発した、電気自動車(EV)の超急速充電システムが中国で実用化される見通しとなった。
同国の大手自動車メーカーなどが出資して山東省で10月に設立された合弁会社が中心となり、充電施設への…

イーロンマスク「テスラは破産した」

テスラのイーロンマスク氏は「テスラ破産 カリフォルニア州パロアルト、2018年4月1日」とツイートした。エイプリルフールのネタとしての投稿だが、自虐的な発言に驚きの声が上がっている。
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、ツイッター上に同…

テスラ「モデルS」、過去最大規模リコールへ。ボルトが腐食する恐れ

テスラは29日、主力車種「モデルS」のリコール(回収・無償修理)を始めたと明らかにした。
2016年4月以前に製造した12万3000台が対象となる。累計販売の4割強に相当する。新型車の量産に手間取るなど、同社の生産体制を不安視する声もある。リコールでブランドのさらな…

NEC、中国系ファンドにEV電池部品子会社の売却を発表

NECは4日、電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池の部品を手掛ける完全子会社「NECエナジーデバイス」(相模原市)を中国系の投資ファンド「GSRキャピタル」に売却すると発表した。
来年3月30日に全株式を譲渡し、2018年3月期連結決算の営業利益に約60億円を計上する見…

EVの普及で自動車メーカーは10年後に消滅か

世界がEVシフトする中、現在の自動車メーカーはどうなってしまうのだろうか。10年後には消えている可能性もあるという。
EV化によって10年後には自動車メーカーが消える!? 一方で、世界で加速するこのEVシフトの動きに対して「10年後には自動車はEV化によって、自動車…

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販