電気自動車

揺らぐテスラへの信頼。タイムリミットはいよいよか

投稿日:

イーロンマスク

「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。ここにきて、信頼が揺らぎつつあるという。

シリコンバレーは常に、他の事業のまねと機能の向上によって動かされてきた。本当に突発的にでてくるアイデアは少ない。大抵は、ほかの誰かがすでに試したものを完璧にすることが勝負どころとなる。グーグルが検索で、あるいはフェイスブックが交流サイト(SNS)でやったように、正しいやり方をみつけたら、その結果は目を見張るものになったりする。たとえほかの企業がすでに同じ道を開拓しようとしたとしてもだ。改良ばかり…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26731080Z00C18A2000000/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

2018年は真の電気自動車元年に。テスラ「モデル3」などかつてないほどの選択肢

世界中が脱ガソリン車・ディーゼル車を加速させており、2018年は真のEV元年になるという。
電気自動車(EV)が大きな盛り上がりをみせているが、世界のクルマの売り上げでEVが占める割合はほんの少し。1パーセント以下というわずかなシェアだ。 しかし、いま世界各地で、内…

夏野剛「EVの登場で自動車業界にスマホと同じようなことが起きる」

iモードの生みの親であり、ニコニコ動画幹部の夏野剛氏が今後のEV化について語った。スマホの登場で携帯電話メーカーが一変したように、自動車業界も総入れ替えの可能性があるという。
p style="font-weight:bold;">夏野:今の日本の自動車業界の状況は携帯電話がスマートフ…

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。
このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイ…

トヨタ、FCV普及へ加速。イーロンマスクに愚かと言われても水素に固執する理由とは

自動車業界で将来、電気自動車が支配的な地位を占めようとする中、トヨタ自動車は、電動化の一つの選択肢である燃料電池車(FCV)技術の普及に向けた取り組みを加速させているという。
トヨタはこれまで水素技術の開発に巨額を投資してきた。同技術を巡っては、米電気自…

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。
同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%…





まつ毛育毛剤通販