社会

【悲報】40代の団塊ジュニア・氷河期世代、賃金上がるどころか下がるwwwwwwwwwww

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

買い物中の妊婦が路上で“立ち出産”→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅する

買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像1
路上で出産した女性。足元には、産み落とされた赤ちゃんが確認できる

 先日、中国で出産間近の妊婦が陣痛に耐え切れず、入院先の病院で飛び降り自殺した事件をお伝えしたばかりだが(参照記事)、またまた出産にまつわる仰天ニュースが報じられた。

 香港メディア「東網」(9月5日付)などによると、広東省雲浮市内の路上で40代とみられる妊婦が突然、立ったまま出産したというのだ。目撃者によると、道を歩いていた女性が突然、立ち止まると、みるみるうちに服が血で染まっていったという。その後、異変を察知した付近の通行人が女性に事情を聞くと、女性は「陣痛が始まり、子どもが生まれそうだ」と答えたという。

 通行人は急いで救急車を呼んだが、なんと到着前に、女性は立ったまま子どもを産んでしまったのだ。前出の目撃者によると、女性は出産の際、まったく声も出さず、まるで痛みを感じていないかのように落ち着いていたという。さらに驚くべきは、出産後の行動だった。

 赤ちゃんの誕生から数分後、救急車が到着し、隊員によってへその緒の切断と、簡単な母子の健康診断が行われた。この女性、健康状態に問題がないことがわかると、生まれたばかりの子どもをタオルに包み、なんと歩いて帰宅したのだ。

買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像2
駆け付けた救急隊員が、母子の健康状態をチェックしている様子
買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像3
診断が終わると、女性は何事もなかったように赤ちゃんを抱いて現場を後にした……

 常識では考えられない行動だが、現地メディアはこの女性について、2年前に精神病を患い、行方不明になっていたと報道。今回のニュースが中国全土で報じられたことをきっかけに、女性の身元が判明して、家族と再会できたという。現在、女性と赤ちゃんは病院で詳しい検査を受けている。

 中国では過去にも、“路上出産”がニュースになったことがある。2015年、貴州省銅仁市の繁華街で買い物をしていた妊婦の女性が突然、路上で産気づき、なんと通行人が赤ちゃんを取り上げるという出来事があったのだ。

 出産には無痛分娩や水中出産などさまざまなスタイルがあるが、ひと昔前まで日本でも“立ち出産”が珍しくない時代もあったようだ。もちろん助産師付き添いの下だが、産道が垂直になるので医学的に見ても出産がしやすく、痛みも少なくなるという。それにしても、出産したその足で帰宅するとは、前出女性の強靭な体力には恐れ入る。
(文=青山大樹)

アメリカの健康保険制度がクッソ雑で草生えるwwww

1 :名無しさん@おーぷん:2018/01/27(土)13:47:35 ID:y7C
職場の健康保険しかない

病気になると仕事をクビになる

健康保険が無くなる

保険が無いので、治療が受けられない

治らないので次の仕事付けない

仕事が無いので健康保険がない

死ぬまで治らない

海外「同じ敗戦国なのになぁ…」 難民政策に成功した日本と失敗したドイツの差が話題に

今回は日本とドイツの移民政策に関する投稿から。先月13日に法務省が公表した統計によると、2017年に日本で難民認定を申請した外国人は1万9628人で、前年から約80パーセント増加し、過去最高を更新しました。うち難民と認定された方は20人で、前年の28人から減少しています。認定数が前年比で減少したのは、4年ぶりのことです。難民申請者の国籍は、多い順にフィリピン4895人、ベトナム3116人、スリランカ2226人などで、認定された

海外「中国は日本が怖いんだよ」 護衛艦『いずも』の空母化を牽制する中国に非難の声

2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を、戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入りました。米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦出来ることが念頭におかれ、将来的には空自機も搭載、運用する構想があることも伝えられています。(小野寺防衛相は26日に行われた記者会見で、「具体的な検討は現在行っていない」と述べている。この件に対し、中国

海外「日本は魔法のような国だ!」 日本で大はしゃぎする世界的映画監督の姿が話題に

人間の女性と半魚人のラブストーリーを描いた映画、「シェイプ・オブ・ウォーター」が(今月1日から日本でも上映開始)、ベネチア国際映画祭最高賞やアカデミー賞監督賞&作品賞を受賞するなど、現在世界で最も注目されている映画監督の1人であるギレルモ・デル・トロ監督。メキシコ出身のデル・トロ監督は実は大の親日家で、「僕の人生のほとんどは日本文化から生まれたんだ」と公言するほど。2008年の来日時には、スーツケース11

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販