知る

「味方にする2種の動物を選べ。残りはみんな殺しに来る」というお遊び問題にネット上では大論争が勃発

投稿日:

0_e1

 「次の9種の中から味方になる2グループを選べ。残りは全て敵となり、あなたを殺しにくる」

 これはカナダ発のちょっとしたお遊び問題だ。

 あなたは世界の終末を生きており、その状況を生き延びなければならない。ここであなたがやらなければならないことは、9種の中から自分の味方となり、危険から身を守ってくれる2種を選ぶことだ。残りは全て敵となり、あなたの命を狙ってくる。

 ネットではその選択について自分の正しさを証明するために、大論争が勃発していた。さて、君ならどれとどれを選ぶ?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

人の思考を解読してリアルタイムで文字に変換する「心を読むマシーン」が開発される(米研究)

 自分の考えていることがダダ漏れになってしまうのは恐ろしい。でも人が何を考えているのかを知りたいと思うことはままあるわけで、その人の仕草や表情から感情や考えていることを読み取る、読心術は昔から研究されてきた。

 技術革新が進んだ現代、人の心を読むのは人で…

多人種感を出すために、学生の顔の色を変えたフランスの美術学校の集合写真。学校側は謝罪するも…

 フランス、がツイッターにアップした写真が物議をかもした。

 これは、同校の卒業生がたちがツイッターで告白したのがきっかけだ。学校の宣伝用に撮影した集合写真なのだが、一部学生の顔の色が改変されている。

 多人種が通う魅力的な学校を演出する為だ。

Wi-Fi、デトックス、グルテンフリー、トライポフォビア。科学的根拠がないのに思い込みで健康被害をもたらした7つの例

 近年、いくつもの新しい病名や症状が発表されている。人を不安にさせるそうした症状は、インターネット全盛の今、あっという間に世界中に広まる。

 その中には、科学的な検証をもってしてもそれが原因とは認めにくいものが多く含まれている。強く信じてしまうあまり、あ…

飼うじゃなく探すでもなく貸して?「茶色の猫をちょっと貸してください」ツイッターで話題となった面白広告。その理由とは?

 ネットで猫動画を眺めていたり、猫を飼っている友人の話を聞けば聞くほどに、「ああ~猫飼いたい!」って思うことがあるんじゃないかな?

 毛玉の友人はただそこにいるだけで癒されるし、普段はつれないそぶりでも、元気がないときには猫流の慰め方をしてくれる。

 だ…

死後10分以上脳が活動している人がいる。死後体験には個人差があることが脳波検査で判明(カナダ研究)

 カナダの集中治療室で働く医師たちは、昨年とても変わった事例に遭遇した。

 末期の患者4名の生命維持装置を外したとき、そのうちの1名で、臨床的に死が診断されたというのに脳がまだ活動していることが確認されたのだ。

 ウェストオンタリオ大学の医師チームによれば…





まつ毛育毛剤通販