知る

誰かが毎日、僕の駐車スペースに勝手にとめてるんだけど。堪忍袋の緒がブチ切れた男性がとった復讐の方法とは?

投稿日:

car1

 もし自分の駐車スペースに自分以外の誰かが駐車していたら?しかもそれが毎日だったら?超困るし超迷惑だし超腹が立つだろう。

 イギリス・北ロンドンの中小企業で働くGoalnadoさんは1月末、自身のそんな体験談をredditに投稿した。

 Goalnadoさんは絶対に車が必要な仕事をしているらしく、駐車場を出たり入ったりする日々を送っている。

 面積狭めな駐車場が会社の裏にあり、そこに近所の会社のものもあわせて車8台がとまっている。

 駐車場代は毎年1台につき約18万円もする。管理会社による遠隔管理が行われているロンドンでは一般的な駐車場だ。

 そこに今から約9週間前、見知らぬ赤色のフォード車が勝手に駐車するようになった。毎日、毎日、Goalnadoさんの駐車スペースに、である。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

あなたは見抜けるか。人気インスタグラマーが、完璧な自分を演出するフェイク写真を投稿し続け人々の反応を探る。

image credit:Instagram
 多種多様な写真加工アプリの登場により、スマホで簡単に写真加工ができる時代だ。SNSに投稿されている写真だってそれがリアルだとは限らない。

 イギリスの旅ブロガーで写真家のキャロライン・ストリッチさん(32歳)は先日、インスタグラムで興味…

アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】

 第二次世界大戦前の1940年前後、アメリカでは女性図書館員たちが馬に書籍を積み、その本を読みたい人の元へ運んでいたという。

 彼女たちは"ブック・ウーマン"として知られていた。

 馬に鞍をつけ、たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川…

ツイッターと掲示板で大捜査網!「大切な車を盗まれた。探してほしい」と呼びかけたところあっという間に見つかった!

 車を盗まれる、ってのは、間違いなく人生最悪のできごとのひとつだ。分解されて売り飛ばされたらもう探しようがない。できるだけ早く見つけることが肝心なんだけど警察も忙しくてなかなか動いてくれなかったりする。

 だが今はSNSの時代だ。ネット上で呼びかけることで…

シュールファンタジー。植物と動物が絡み合う異世界を表現した写実的絵画

 オランダ・ハーグ出身のアーティスト・版画家のジャコ・プッカー(Jaco Putker)は、写真をベースにフォトポリマーやソーラープレートを使ったエッチングで加工し、超写実的な世界を作り上げる。

 プッカーの作品は、奇妙でシュール、幻想的で面白く、しばしば不吉なも…

ユーザビリティまったく無視。使いづらい、ていうか使うことを躊躇してしまう世界のトイレ

 日常よく使うものは、使いやすさとか使い勝手といったユーザビリティに考慮されていることが多い。特に毎日必ずそこに入ることが自然の摂理となっているだろうトイレならばなおさらだ。

 日本の場合だと、使用している音が聞こえないような音姫システムや、さらには便座…



まつ毛育毛剤通販