知る

我々の思考はウイルスに操られている?ヒトの意識には古代のウイルスが関係しているという研究結果

投稿日:

iStock-482788473_e

 我々人間の脳には古代のウイルスが紛れ込んでいた。そして、それは人間の意識的思考の根幹に介在しているという。

続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

いつも不平・不満ばかり。愚痴るのをやめれば人生はがらっと変わる。科学的根拠にもとづいた楽しい人生を送るための7つの方法

 口をついて出てくるのは不平・不満ばかり。そんな人の話を聞いていて楽しいだろうか?それは言っている本人にとっても害をもたらす。

 しょっちゅう不平ばかり言っていると、精神的にも、感情的にも、肉体的にも影響が出ることはこれまでの研究からわかっている。ストレ…

水族館でハンドウイルカと一緒に暮らしはじめたシロイルカ、彼らの言語(ホイッスルサウンド)を習得(クリミア)

 シロイルカはベルーガ、シロクジラとも呼ばれているハクジラ類である。北極海などの寒い地域に住み、その真っ白なボディが特徴的だ。

 もともと非常に社会的な動物として知られていたが、クリミアの水族館でハンドウイルカと暮らし始めた4歳のシロイルカは、わずか2ヶ月…

Google傘下のAI企業が対戦データなし、自己学習のみの囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発。あっという間に世界最強に

image credit:youtube DeepMind
  グーグル傘下のAI企業ディープマインド社が公開した「AlphaGo Zero」は、数千年にわたって積み重ねられてきた人類の知の歴史をたった数日で凌駕してしまう自己学習型囲碁AIだ。ディープマインド社によれば、「人類の知識の限界に制約され…

1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)

 インド、チャラマの洞窟に残されていた壁画は、宇宙人に遭遇した住人によって描かれたのだろうか?

 人類が文字と車輪を発明した時代に遡るその壁画には、宇宙服らしきものを着ており、顔の表情を窺い知ることができない不気味な人型生物と空飛ぶ円盤が描かれているのだ…

世界一孤独な樹木。ニュージーランドの最南部にあるキャンベル島に1本だけある針葉樹、ベイトウヒ(シトカスプルース)

 そこに仲間の樹木はいない。草や低木はあるが樹木は1本だけだ。ギネスブックによると、ニュージーランドの最南部、キャンベル島にある針葉樹のベイトウヒ(米唐檜:シトカスプルース)は、もっとも人里離れたところにある「世界一孤独な木」だという。

 このベイトウヒ…



まつ毛育毛剤通販