社会

海外「俺の国の国歌にしたいw」 日本のロックバンドの楽曲が世界のハートを鷲掴み

投稿日:

今回ご紹介する映像は、日本のラウドロックバンド「打首獄門同好会」の、
「布団の中から出たくない」という楽曲のミュージックビデオです。

この曲ではそのタイトル通り、寒い冬に誰もが抱く、
「布団の中から出たくない」という思いが綴られており、
ミュージックビデオには、LINEスタンプなどで大人気のクリエーター、
るるてあ氏が書き下ろしたペンギンの「コウペンちゃん」を起用。
可愛らしさと激しさが共存する仕上がりになっています。

海外サイトが英語字幕を付けて投稿したところ大反響を呼び、
翻訳元の1つには3万近いコメントが寄せられています。
冬の朝、「布団(ベッド)の中から出たくない」という痛切な思いは、
世界共通のものであるようで、共感の声が殺到していました。

海外「これが俺の国の国歌なら…」 800人の『ラピュタ』合唱に外国人鳥肌

 2018-02-8

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

【朝生】「キチガイ」田原総一朗さん「キチガイキチガイキチガイ」連呼wwwwwwww

続きを読む

海外「日本は島国だから…」日本社会の特殊な安全性にアメリカ人から驚きと羨望の声

今月1日にラスベガスで起きた銃乱射事件。58人の犠牲者を出したこの痛ましい事件は世界に衝撃を与えましたが、事件が起きた米国では、銃規制に関する話題が半月が経った今も絶えません。先日にはヤフーが、日本の銃規制に関する記事を投稿しており、日本の人口は1億2700万人を超えているのにもかかわらず、銃関連の事件で死者が出るケースは年間10件にも満たない点や、銃を所持するには厳しい試験を通過する必要がある点などを紹介

海外「その発想はなかった」 『家計簿』なる日本生まれの概念に外国人が衝撃

今回は、今年に入って各言語のサイトが取り上げている「家計簿」の話題から。家計簿は日本初の女性ジャーナリスト羽仁もと子氏が1904年に考案したもので、氏の家計簿は現在も婦人之友社から毎年発行されています。日本では家計簿は一般的なものですが、日本以外では非常に珍しいため、海外サイトでは「KAKEIBO」と日本語のまま取り上げられ、支出を項目ごとに分けるなど、日本流の家計簿の付け方が紹介されています。多くの日本人

海外「日本人との民度の差だよ」 仏の大物政治家が東京とパリの差を指摘し論争に

花の都と称され、テレビなどでは優雅な都市として描写されることが多いパリ。しかし街にはゴミや犬の”落し物”が多いなどといった好ましくない一面もあり、イメージとのギャップにガッカリする観光客も少なくないようです。そういった部分はフランスの政治家も認識しているようで、過去に文科相と教育相を務めたジャック・ラング氏が先日東京を訪問した後、パリのイダルゴ市長に対して、以下のメッセージをツイートしています。「親

給食で牛乳を飲まされるなどでPTSD発症したとして自治体に250万円の損害賠償を求める訴訟

続きを読む




まつ毛育毛剤通販