知る

シュールすぎて震える。トラに襲われた人が叫び声をあげる、巨大なティプー・スルターンのオートマタ(自動楽器)

投稿日:

2_e

 等身大ほどある西洋風の服を着た男の上には大きなトラ。トラは男の首元にかぶりついている。これは機械仕掛けの木製のオートマタ(自動楽器)である。

 トラの脇腹についているクランクを回すと機械が作動して、トラがうなり声をあげ、男は腕が上下しながら叫び声をあげる。

 「ティプーのトラ」として知られるこの機械じかけのトラは18世紀に作られたもので、当時南インドのマイソール王国の君主であったティプー・スルターンが作ったものだ。

 これはインドを植民地化しようとしたイギリスに対する敵愾心(てきがいしん)を明白に表わしたものである。「ティプーのトラ」を通してその歴史を見ていこう。


続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

犬の感情的な認識と理解は人間の幼児と同等であることが判明(インド研究)

 社会性が高く共感能力に優れた犬は人間の良き友である。悲しいときはそばに寄り添い、うれしいときは一緒に喜んでくれる。

 最新の研究によると、犬には我々が思っている以上に高度な認知能力が備わっているという。

 彼らは人間の2、3歳の幼児と同等の感情認識と理解…

世界各地で伝承されている8つの吸血モンスター

 伝説の怪物で「血い吸うたるわ」と言えばパッと思い浮かぶのは吸血鬼だろう。現在の吸血鬼に対する考え方は古代ルーマニアが発祥であるといわれている。

 実際に19世紀のヨーロッパでは吸血鬼を退治するキットまで販売されていたそうだから、本気でいると信じられていた…

AI(人工知能)にハリーポッター全7巻を学習させてハリポタの新作を書かせてみた。タイトル「ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像」

 Botnik Studiosというクリエイティブ集団が、ハリー・ポッターシリーズ全7巻をすべて学習した予測入力キーボードを使って、アルゴリズムを組み込んだAI(人工知能)にハリポタの新作を書かせた。

 その結果、タイトルを含め、はちゃめちゃだが、かなり面白いものになっ…

これら18か国に行くときには気をつけたほうがいい各国独自のタブーやマナー

 「人生は本のようなものであり、旅をしないということは、1ページしか読まないようなものである」というフレーズがある。

 哲学者、聖アウグスティヌスの言葉だそうだ。様々な文化が交じり合ったこの世界を見て歩くことで得るものは大きい。

 とはいえ、自国の常識は…

ソルト&ビネガーチップスのような味がする新種の植物が発見される(オーストラリア)

 カニ、ウニ、ナマコにザクロなど、最初に食べたヤツの勇気に支えられ今日の食生活がある。その見た目からは想像できない味のする食べ物っていろいろあるのだ。

 なのでカラパイアでも、様々な生物を扱っているわけだが、必ずコメント欄に「で、食えるの?うまいの?」と…



まつ毛育毛剤通販