知る

チェルノブイリの今を赤外線フィルターを通して撮影された写真

投稿日:

top3

 1986年4月、ウクライナのキエフ州プリピャチで起きたチェルノブイリ原発事故からおよそ32年。

 歴史的にも大きな爪痕が残されたこの地では、太陽光発電施設の建設など新しい可能性を模索する動きもみられるが、ネット上ではロシアの写真家が赤外線フィルタでとらえた立ち入り禁止区域の風景が話題になっている。

 壊滅的な被害を受けたゴーストタウン。そこには朽ちていく人工物がたたずむ一方、その空間を埋めるかのように繁栄する動植物の姿がうかがえる。

 自然に抱かれ変貌を遂げつつあるプリピャチの風景が赤外線撮影されていた。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ミツバチ3000匹がトラックを占拠。そのまま64kmの道のりをドライビングした養蜂家、無傷で生還(アメリカ)※蜂大量出演中

 スズメバチのような殺傷能力はないが、大群で攻撃してくるミツバチだってあなどれない。

 ハチの毒にアレルギーがある場合なんかだと尋常じゃないほど腫れてしまうんだから注意が必要なんだ(関連記事)。

 だからこんな状況には絶対になりたくないんだけども・・・。

火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し肉眼で見えるレベルに。

 これから数週間にわたり、地球が火星と太陽の間を通過するために、地球と火星が大接近する。このため7月31日、火星は最大の明るさになる。

 肉眼でも簡単に火星が見えるため、赤い惑星のユニークな姿を観察する絶好のチャンスだ。すでに火星は大きくなっている。見ごろ…

イギリスのスーパーマーケットを自主警護していた名物猫が永眠、その姿を残すべく銅像が設置される

 
 自主的に毎日のようにスーパーマーケットに出勤し、店内を警護する猫たちがいる。居心地の良い一角に鎮座し、買い物する客を眺めたり時折撫でてもらったり、名物猫として地元の人々に愛される猫たち。

 かつてイギリス・デボン州のテスコに勤務するマンゴさんの様子は…

19世紀の西洋で、「リビングルーム」は「デスルーム」と呼ばれていた。その理由とは?※追記あり

 「リビングルーム」は日本語に訳すと「居間」となる。もっと文字通りに訳せば、「暮らす部屋」であり、「生きる部屋」であるともいえる。

 しかし、現在では「リビングルーム」と呼ばれる部屋は、19世紀には「デスルーム」、つまり「死の部屋」と呼ばれていたのである。…

SF作品に登場した架空の宇宙服16をワーストからベストの順に評価

 宇宙服はクールだ。テクノロジーを駆使した近未来的なデザインが我々を魅了する。作家や映画監督が宇宙服好きなのも当然だろう。

 だが、彼らが劇中に登場させる宇宙服のすべてが実用的なわけではない。架空の世界だからしょうがないのかもりえないが、意味不明な代物も…





まつ毛育毛剤通販