知る

チェルノブイリの今を赤外線フィルターを通して撮影された写真

投稿日:

top3

 1986年4月、ウクライナのキエフ州プリピャチで起きたチェルノブイリ原発事故からおよそ32年。

 歴史的にも大きな爪痕が残されたこの地では、太陽光発電施設の建設など新しい可能性を模索する動きもみられるが、ネット上ではロシアの写真家が赤外線フィルタでとらえた立ち入り禁止区域の風景が話題になっている。

 壊滅的な被害を受けたゴーストタウン。そこには朽ちていく人工物がたたずむ一方、その空間を埋めるかのように繁栄する動植物の姿がうかがえる。

 自然に抱かれ変貌を遂げつつあるプリピャチの風景が赤外線撮影されていた。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

「光を物質を変える」理論上の可能性に挑む研究者たち(英研究)

 理論上は光を物質に変えられるはずだ。だがそれを実現するのは控えめに言っても「言うは易し、行うは難し」である。

 このことが理論化されて84年が経った今、一部の研究者はそれが可能かもしれないと考えた。そして、そのための実験がまさに始まろうとしている。

 こ…

この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト

 我々はそれぞれの目を通して世界を見つめており、例え同じものを見てもみんなと同じようには見えているとは限らない。更には同じ人であっても状況や気分に応じて違って見えてくる。

 そしてその物の見え方は、あなたの現実を作り上げるだけであるだけでなく、心の奥底に…

ADHD(注意欠陥・多動性障害)と睡眠の関係。ADHD自体が1種の睡眠障害とする説が唱えられる(米研究)

 ここ20年の間、アメリカの親や教師たちは子供の病的なまでの集中力の欠如や衝動的な振る舞いについて報告してきた。関係者はこの症状に注意欠陥・多動性障害(ADHD)と名付け、国家の危機としてその対策に膨大な費用を投じている。

 アメリカでの動きは日本にも広まりつ…

5億年前の海に生息していた小さきプレデターの正体が明らかに(カナダ研究)

image credit:Joanna Liang/Royal Ontario Museum
 映画「エイリアンVSプレデター」のエイリアンとプレデターを合わせて小型にしたようなユニークな生物の正体が明らかとなった。

 ハベリア・オプタタ(Habelia optata)は指の爪ほどの大きさだが獰猛な海の捕食者で、5億8…

不眠症は遺伝する。睡眠障害を引き起こすかもしれない遺伝子が特定される(米研究)

 眠りたいのに眠れない。折角寝入ったのにすぐに目が覚めてしまう。体内時計はどんどん狂い、起きる時間がぐるぐる変わる。

 それに抗おうとすると完全なる睡眠不足となり体調不良を引き起こす。不眠症は本当につらいものだ。

 最新の研究によると、不眠症は遺伝性があ…



まつ毛育毛剤通販