韓国

平昌五輪の不公正さが『選手から”ブーイングの嵐”を喰らう』最悪の情勢に。各国の名立たる選手が次々と脱落

投稿日:

1:名無しさん@涙目です。(北海道) [US]:2018/02/11(日) 17:22:53.50 ID:Hg9RzYnJ0 BE:299336179-PLT(13500)

韓国・平昌11日発】平昌五輪で大ブーイングだ。「こんなの中止でしょう」。ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45=土屋ホーム)が珍しく怒りの声を上げた。10日夜の個人ノーマルヒル決勝(HS109メートル、K点98メートル)は強風で何度も中断。さらに氷点下10度の中で長時間待たされる劣悪条件となった。104・5メートル、99メートルの合計213・3点で21位に終わったレジェンドも運営面の不備を批判。8度目の五輪の出だしで期待を裏切られた悔しさをにじませた。

 五輪の華やかなムードは一瞬だった。午後9時35分、決勝1本目が始まると、懸念されていた強風が首をもたげる。メダルがかかった2本目開始時には気温も氷点下10・5度まで低下。猛烈な冷気が容赦なくスタートを待つ選手を襲った。

 懸命に体を動かし、コンディションを整えようとする選手の姿が会場の大型ビジョンに映し出される。見かねた係員が毛布をかけ、マッサージを施す。風が落ち着かないため、助走の合図はなかなか出ない。だが、現場はさらに想像以上に過酷だった。

「もう信じられないですね。風の音がすごいんですよ。気持ちがひるんじゃうぐらいブワァー!となってるんですよね」(葛西)
103メートル、102メートルの合計214・7点で20位だった伊東大貴(32=雪印メグミルク)も「これだけ強く吹くと恐怖心もありますし、寒さで体も動かなくなっちゃう」と顔をこわばらせた。

 競技が公平に行われたとは言いがたく、風の強弱でコロコロと飛距離が変わった。
ソチ五輪2冠のカミル・ストッホ(30=ポーランド)は2本目で風に恵まれず、4位でメダルを逃した。五輪で4個の金メダルを獲得したベテランのシモン・アマン(36=スイス)も風が合わず、スタート位置についたり外れたりを何度も繰り返した末に、11位に終わった。競技終了は日付をまたいで11日となり、開始から実に2時間44分後…。集中力の持続は明らかに困難な状況だった。

 強風は当初から問題視されていた。山の上に建設されたジャンプ台は風をさえぎるものがない。防風ネットを張り巡らせたものの、過去には負傷者も出している。夜なら風が収まるとの判断は、見込みが甘かったと言わざるを得ない。選手は命がけのジャンプをするしかなかった。

 寒さに耐え切れなくなったのは観客も同じだ。1本目が終わると、関係者と一部のファンを除いたほとんどの観客は出口に殺到するように帰ってしまった。盛り上がりという部分で、本来の五輪とかけ離れた舞台になったことは否めない。

 16日に予選が始まる個人ラージヒルには、怜奈夫人(33)と長女の璃乃ちゃん(2)が観戦に訪れる予定だ。しかし葛西は「こんな寒さだったらすぐ帰します」と不安げに語った。

 ジャンプ台は女子やノルディック複合でも使用される。1年前のプレ大会では、いずれの種目からも強風に対する不満の声は上がっていた。気象条件に左右される競技とはいえ、選手の安全が確保されてこそ、感動や興奮を共有できる。対策を怠っていたとすれば組織委の責任で、葛西の訴えは重く響く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000038-tospoweb-spo



続きを読む

続きを読む

-韓国

執筆者:


関連記事

首輪を付けたペットでもお構いなし! 迷子のラブラドールが“犬焼酎”に……

首輪を付けたペットでもお構いなし! 迷子のラブラドールが犬焼酎に……の画像1
イメージ画像(足成より)

 韓国から、衝撃的なニュースが飛び込んできた。ペット犬を連れ去って“犬焼酎”にしたとして、50代の男が逮捕されたというのだ。

 釜山・沙上(ササン)警察署の発表によると、男は9月2日、路上を歩いていたラブラドール・レトリバーを自身の車で連れ去ったとされている。

 このラブラドール「オソンちゃん」は7歳で、事件当日の午後から迷子になっていた。

 飼い主は、オソンちゃんの写真と特徴を記した張り紙を近所に貼るなどして捜索を行っていたが、街中に設置された監視カメラの映像から男が愛犬を連れ去る様子を発見。失踪から2日後、警察と共に男のもとを訪ねたが、男は「犬を車に乗せたのは事実だが、途中で逃げられた。行方は知らない」と話したという。

 しかし、実際は拉致された当日に犬焼酎を扱う漢方薬専門店に引き渡されており、男の事情聴取が行われた直後に殺されていた。

 男は、オソンちゃんを使って“犬焼酎”と呼ばれる薬用ドリンクを作ろうとしていたようで、6日になって犯行を認め、遺失物等横領と動物愛護法違反の容疑で逮捕された。犬焼酎は犬の肉と漢方薬などを煮込み、成分を抽出して作る飲料で、韓国では健康食品として一般的に飲用されているが、さすがにペットを拉致・殺害するなど問答無用だ。

 飼い主はSNS上に「犯人が初めから正直に話していれば、オソンが死ぬことはなかった」「7年間家族のように暮らしてきた犬を連れ去って殺した犯人は、絶対に厳しい処罰を受けなければならない」と、苦しい胸のうちをつづっている。

 韓国のネット上でも、「こいつは人間じゃない」「犯人を材料にして焼酎を作ろう」「犬畜生にも劣るやつだな」「韓国の中年と老人の8割以上は頭がおかしい」「パッと見でペットだとわかるはずだし、漢方薬店も確認すべきだ」といった意見が噴出している。

 もっとも、韓国でペットの犬が食べられる事件は、これが初めてではない。昨年10月にも、迷子犬が近隣の住民によって犬鍋にされてしまうという事件が起こっている(参照記事)。

 犬食文化の残る韓国では、もし愛犬が迷子になったら、最悪の事態も想定しておかなければならないようだ。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・「迷子になった愛犬が食べられた…」飼い主を横目に近隣住人が“犬食パーティー”の恐怖
http://s-korea.jp/archives/17887?zo

・“犬食文化”が残る一方で、熱心な愛犬家も…韓国の両極端なドッグ状況
http://s-korea.jp/archives/17902?zo

平昌五輪の記念貨幣が『途轍もなく阿漕な代物』で世界が騒然。凄まじいショボさが嘲笑の的に

1:右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 00:24:16.79 ID:CAP_USER.net
平昌冬季五輪組織委員会が記念貨幣を額面よりも高い価格で販売し、物議を醸している。「希少性を考慮すべきだ」という意見がある一方、「流通可能な貨幣を額面よりも高く売るのは不適…

安倍首相に物乞いした韓国議員が『最悪の形で自滅する』喜劇が発生。韓国の夜郎自大ぶりは限界を超えた

1:動物園φ ★:2017/12/18(月) 10:41:26.61 ID:CAP_USER.net
与党「『文大統領が中国に謁見』と批判していたのに、日本で屈辱外交」 洪氏側「巧妙な『悪魔の編集』で文政権の朝貢外交ごまかす」 安倍首相にお辞儀? 韓国最大野党代表の写真が物議「屈辱外交」「悪意の…

逮捕から逃れた李明博に『遂に年貢の納め時が到来する』絶望的な展開に。完全失脚の危機が迫る

1:右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 13:47:41.14 ID:CAP_USER.net
韓国・ソウル市のパク・ウォンスン(朴元淳)市長は、かつて情報機関の国家情報院が「パク市長は北朝鮮寄りだ」と中傷する情報を流し、当時のイ・ミョンバク(李明博)大統領がそれを承…

慰安婦TFの自爆確定に『韓国世論が逆ギレ発狂する』醜悪な光景が爆誕。日本大使館を襲撃してきた模様

1:ニライカナイφ ★:2017/12/28(木) 21:39:47.19 ID:CAP_USER.net
◆韓国の学生ら「金ではなく謝罪」「法的賠償を」 慰安婦問題を巡る日韓合意に対する検証結果を受け、韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が政府対応を決めるにあたって重視するのが、元慰安婦とその支援…



まつ毛育毛剤通販