電気自動車

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

投稿日:

イーロンマスク

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。

そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。

 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00208352-toyo-bus_all&p=1


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

テスラ、中間管理職など400人をいきなりクビに

米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇したという。
元社員が13日、ロイターに語った。 テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかっ…

テスラ、「Model X」1万1000台をリコール。2列目座席に不具合が生じる可能性があるため

米テスラは、折り畳み可能な2列目の座席で不具合が生じる可能性があるため、スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」約1万1000台を自主的にリコールするという。
テスラによれば、リコール対象は2016年10月28日から今年9月1日までに製造されたモデルXだが、その…

世界中がEVシフトだけど、それでもPHVのトヨタが勝てる理由「テスラなどは敵ではない」

世界中でEVシフトが進んでいるが、それでもトヨタが勝つ可能性が高いという。なぜなのだろうか。
略 そもそも皆勘違いしていると思うのだが、トヨタもつくっているPHVというのは実はEVそのものにもなるのだ。ガソリンエンジンを回さなければ充電できないハイブリッドに対し…

三菱ふそう、世界初の量産型電気トラックを発表。年内に一部の企業向けに販売へ

三菱ふそうトラック・バスは14日、アメリカのニューヨークで新たに開発した電動トラックを公開した。これまでに電動トラックを専門に製造する企業はありましたが、自動車メーカーが量産タイプを販売するのは世界で初めてだという。
電動トラックは、積載できる荷物が最大…

イーロンマスク、Model 3の生産遅延にも「大局的に見れば比較的小さな変更に過ぎない」と楽観的

テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになったが、イーロン・マスク氏は楽観的だという。
2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧…



まつ毛育毛剤通販