電気自動車

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

投稿日:

イーロンマスク

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。

そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。

 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00208352-toyo-bus_all&p=1


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

EVの普及で自動車メーカーは10年後に消滅か

世界がEVシフトする中、現在の自動車メーカーはどうなってしまうのだろうか。10年後には消えている可能性もあるという。
EV化によって10年後には自動車メーカーが消える!? 一方で、世界で加速するこのEVシフトの動きに対して「10年後には自動車はEV化によって、自動車…

日産の新型リーフ、「かっこいい」が64%という調査結果

2:trick ★ 2017/09/07(木) 16:08:25.67 ID:CAP_USER.net
今回集計1日で1292票の回答をいただきました。結果は… Q:新型リーフ、かっこいいと思う?思わない? ◆思う:64% ◆思わない:36% https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00010002-autoconen-ind

栃木のベンチャー企業、複数のEVを5分で充電できるシステムを開発。中国で実用化へ

宇都宮市のベンチャー企業「エネルギー応用技術研究所」(菅野富男社長)が開発した、電気自動車(EV)の超急速充電システムが中国で実用化される見通しとなった。
同国の大手自動車メーカーなどが出資して山東省で10月に設立された合弁会社が中心となり、充電施設への…

経産相「いきなりEVにいけるわけでもない」

EVシフトの動きが広がる中、世耕経済産業大臣は「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」と述べたという。
EV=電気自動車をめぐっては、イギリスとフランスの政府が2040年までにガソリン車の新車の販売禁止を打ち出したほか、中国政府も同じような措置を検討して…

テスラ、中間管理職など400人をいきなりクビに

米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇したという。
元社員が13日、ロイターに語った。 テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかっ…





まつ毛育毛剤通販