電気自動車

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

投稿日:

イーロンマスク

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。

そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。

 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00208352-toyo-bus_all&p=1


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

フォルクスワーゲン、2020年に全乗用車をネットに接続可能な「つながるクルマ」にすると発表

独フォルクスワーゲン(VW)は23日、2020年にVW乗用車ブランドのすべての新車をネットに接続可能な「つながるクルマ」にすると発表した。
ネット接続を浸透させ、カーシェアリングや車両に宅配便を届けるサービスを充実させる。25年までにソフトウエアやサービスの開発…

テスラ、モデル3の生産目標をようやく達成

米電気自動車メーカーのテスラは1日、量産が難航していた「モデル3」について6月末までの生産目標を達成したと明らかにした。
顧客への納車が進むことで不安視されている資金繰りも改善に向かうとしている。ただ、待遇面に不満を持つ従業員による情報漏洩なども報じられ…

世界初、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を都内で開始

ZMPと日の丸交通は27日、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を東京都内で始めた。
タクシーが自動運転で公道を営業走行するのは世界で初めてという。平成32年をめどに無人の完全自動運転での商用化を狙う。 自動運転タクシーをめぐっては、米国企業が公道で…

経産省、「日本版EV戦略」夏をメドに策定へ。世界的な電気自動車シフトへ対応

経済産業省は、電気自動車などの次世代自動車について、初めてとなる総合的な政策づくりに向け、「日本版EV戦略」を策定する方針を固めたという。
「EVシフト」を巡っては、世界最大の自動車市場の中国のほか、イギリス、フランスが政策を相次いで打ち出すなど世界的に…

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在、日本「運転者」、ドイツ「メーカー」

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在について、日本人の多くは「運転者」にあると考えているのに対し、ドイツ人は「自動車メーカー」にあると考えていることが、損害保険ジャパン日本興亜が行った調査で分かった。
ドイツ人の方が自動運転技術に関する認知度も高く、…





まつ毛育毛剤通販