電気自動車

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

投稿日:

イーロンマスク

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。

そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。

 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00208352-toyo-bus_all&p=1


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

「テスラは1980年代の自動車業界の失敗を繰り返している」専門家が指摘

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、生産ラインの過度な自動化に無理があったことを認めたが、専門家は「テスラの失敗は、1980年代の自動車業界と同じ失敗を繰り返している」と指摘している。
Navigant Researchの業界アナリストであるサム・アブエルサミド氏は「テス…

現代自動車「ジェネシス」、米誌の満足度調査でテスラ、ポルシェに続く3位にランクイン

現代車ラグジュアリーブランド「ジェネシス」が米国消費者専門誌コンシューマーリポートの車所有者満足度調査で、テスラやポルシェに次いで3位になった。
21日(現地時間)のコンシューマーリポートによると、ジェネシスは100点満点で81点を受け、テスラ(90点)、…

元テスラ幹部「トヨタとホンダがなぜ水素に力を入れているのか理解できない。非効率だし環境にもよくない」

パナソニックに15年間勤務した後にテスラに入社し、電池部門のトップを務めたカート・ケルティ氏が、今後のEV市場について語った。
中略 ――EVの航続距離を決める大きな要因が車載電池です。電池の進化による航続距離の長距離化はどこまで進むと考えていますか。 現行のEV…

自動車業界の重鎮が予言「自動車の時代は終わりに近付いている。20年後に車を所有している人はいない」

自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わり、自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性があるという。
ラッツ氏は既にセミリタイアしているが…

トヨタ、2025年までに全車種にHVやEVなど電動モデルを設定すると発表。エンジン車のみの車種ゼロへ

トヨタ自動車は18日、2025年ごろまでに世界で販売する全車種にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動モデルを設定すると発表した。
エンジン車のみの車種はなくし、どの車種でもさまざまな環境対応車を選べるようにする。今後量産するEVは20年代前…




まつ毛育毛剤通販