電気自動車

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

投稿日:

イーロンマスク

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。

そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。

 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00208352-toyo-bus_all&p=1


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。
自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避…

【朗報】EV、ついにガソリン車よりもトータルコストで低くなる

電気自動車(EV)を所有するコストは従来のガソリン車やディーゼル車よりもトータルで低くなるという調査結果が話題に。
この調査はリーズ大学のKate Palmer氏らによる研究チームが実施したもの。新車を購入してから4年間の所有コストを、ハイブリッド型ではないEV、ハイブリ…

【朗報】テスラ、ドイツでポルシェを駆逐しそう。はっきり言ってガソリンの高級車とか時代遅れで逆にダサいよな

米電気自動車(EV)大手テスラがドイツで急速に成長している。ドイツ人が「自動車技術を誇りにしているためテスラのEVに乗り換えるようなことはしない」との見方を覆しつつある。
テスラの昨年の登録台数は75%増の3332台で、テスラの「モデルS」と競合するポル…

2018年は真の電気自動車元年に。テスラ「モデル3」などかつてないほどの選択肢

世界中が脱ガソリン車・ディーゼル車を加速させており、2018年は真のEV元年になるという。
電気自動車(EV)が大きな盛り上がりをみせているが、世界のクルマの売り上げでEVが占める割合はほんの少し。1パーセント以下というわずかなシェアだ。 しかし、いま世界各地で、内…

韓国「電気自動車は遅れたがバッテリー技術は世界レベルだ」

電気自動車の普及速度を左右するものの一つがバッテリー技術だが、この分野で韓国企業が頭角を現しているという。
電気自動車のバッテリーはセル(Cell)、モジュール(Module)、パック(Pack)で構成される。多くのバッテリーセルをモジュールとパックとい…



まつ毛育毛剤通販