知る

ヨーロッパで誕生し、アメリカの見世物小屋で大人気を博した「首なし女」と「蜘蛛女」

投稿日:

no title

 かつて見世物小屋と呼ばれるものがあった。海外ではフリークスショーと呼ばれ、珍奇さや禍々しさを売りにして、日常では見られない芸、変わった獣や人間を見せるアトラクションだった。

 1900年代、アメリカで特に人気だったのが「首なし女(ヘッドレス・ガール)」と「蜘蛛女(スパイドーラ)」である。

 こうした奇怪な見世物トリックの歴史に少し分け入ってみよう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

動物写真に絵心を加えてファンタジーの世界へ。不思議の国のアリス的世界観漂うフォトコラージュアート

 好きなものいっぱい背中に背負ったハリネズミ、ボストンバッグもってパイプをくゆらすウサギ、餌箱を爆破して丸ごと全部餌を頂こうとする鳥などなど、ファンタジーでどこかシュールなこれらの作品は、本物の動物の写真に手を加えて作り上げたものだ。

 これらの作品は、…

んじゃいったいどこにいるのよ?「知的生命体は天体の地下の海に存在している」説を示唆する科学者

 いるはずなのに会えない。ヤツらはいったいどこにいるのだろう?

 およそ70年前、ノーベル賞受賞者である物理学者エンリコ・フェルミは「ヤツらはどこにいるんだ?」と問いかけた。フェルミのパラドックスというやつだ。

 ヤツらとは知性を持った地球外生命体(異星人…

転送寿司:日本で握った寿司をアメリカへ転送。食べ物をデータ化してシェアする「スシ・テレポーテーション」プロジェクト

image credit:BRIAN WONG / MASHABLE
 寿司が回転するってだけでびっくりしていた時代もあったが、今や寿司はテレポーテーションする時代。どこまで寿司は進化してしまうのだろう?

 3月9日~3月18日、アメリカ・テキサス州オースティンでテクノロジー・ビジネス・クリエ…

17歳の兄が3歳の弟にピエロメイクを施した。すごくホラーになった…

 1990年に映画が公開されたスティーブン・キングの小説「IT(イット)」だが、現在はリメイク版がスタートしており、すでに殺人ピエロの恐ろしさを味わった人たちもいることだろう。

 そんな中、ピエロ恐怖症に加速をかけるかのような恐怖写真をアメリカ、ミシシッピ州に住…

趣味は現金強奪、紙幣専門な。でもそのお金を社会に還元する義賊めいたところもあるオフィス飼いの猫(アメリカ)

 アメリカ・オホクラマ州、タルサにあるマーケティング企業、"Gurustu" のオフィスでは猫を飼っている。それ自体は別に珍しいことではないのだが、この猫の趣味のクセがすごいのじゃ。

 普通の猫は "catnip" (イヌハッカ)を好むわけだが、この猫は何と "cashnip" (現金強…



まつ毛育毛剤通販