知る

ネット民が混乱!?中国の小学校で出題された算数の問題

投稿日:

top

 近年SNSでは単純そうでちょっとしたひらめきが必要な計算問題などが話題になるケースがしばしばあるが、先月末あたりから中国の小学生が受けた算数のテストが人々を困惑させているという。

 先週末に現地のニュースサイトで取り上げられて以来、海外のネット民をも巻き込んだ奇妙なテスト。しかも算数なのに答えは自由らしい。

 それはのちに「解けない問題」として海外メディアに取り上げられ、子どもの創造的な思考を問う問題、と称される一方「そもそも問題じゃないやんけ!」という声から「大人もやるべきだ」という声まで、様々な声が上がっている。

 ちょっくらちょいとやってみる?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

連続殺人犯「ゾディアック」と同じ思考をするようプログラミングされたスーパーコンピューターが作り上げた不気味なポエム。事件解決の糸口となるか?

image credit: Wikimedia Commons
 アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコで、1968年から1974年にかけて少なくとも5名が殺害されという連続殺人事件が起きた。

 犯人は声明文の中で「私はゾディアックだ」と何度も名乗った。

 ゾディアック事件は、約半世紀たっ…

死ぬってどんな感じ?6人の臨死体験者が語る死んだ直後に見えたビジョン

 生きている者は死の恐怖から逃れられない。

 人は太古の昔から死に強い関心を払い、儀式を執り行なったり、”あの世”を理解しようとあれこれイメージを膨らませたりしてきた。

 死は人類に残された最後の謎であり、いかに科学が発達しようとも、そのほとんどは謎に包…

約2000年の月日を経て、アレクサンドロス大王の失われた都市をついに発見

 アルゲアデス朝のマケドニア王、アレクサンドロス3世はアレクサンドロス大王として知られている。

 アレクサンドロス大王の時代のものと考えられる古代都市が、砂に埋もれて忘れ去られた2000年の月日を経て発見された。

アライグマって予想以上に賢かった。「カラスと水差し」実験を行ったところ軽くクリアするどころかズルをする個体も(米研究)

 イソップ寓話「カラスと水差し」を知っているかな?このお話は、喉の渇いたカラスが水差しに小石を落とし、見事水にありつく様子が描かれている。

 専門家は、鳥や霊長類の認知能力を測るテストとしてこの逸話のような装置を使用している。このテストで、動物が因果関係…

今の世代なら誰もが1度ははいたことがある。ジーンズに関する12のトリビア

 ジーンズ、ちょっと前ならジーパンと呼ばれたデニム素材のズボンは、その名を聞けばすぐに思い浮かぶほどに我々の日常生活に溶け込んできているアイテムである。

 1870年代、ドイツ移民のリーヴァイ・ストラウスは、サンフランシスコで服地店を開き、ネヴァダ州リノの仕…



まつ毛育毛剤通販