知る

麻酔にかかる植物。ということは植物にも人間のような意識があるということなのか?

投稿日:

littleshopofhorrors_e

 さて前回、植物も動物同様、麻酔にかかるという研究結果をお伝えしたが、動物的に見ると、麻酔とは意識を失わせるものである。ということは植物にも「意識」があるのだろうか?それは「意識」と呼べるものなのだろうか?

 近年、植物にも知性や感情があると考える科学者が増えているが、それでもまだ植物は正当な評価を得ていない。

 植物は動く。鉢植えの植物は朝になれば太陽に向かって体を動かし、光を浴びて光合成を行う。自ら食料を作り出して生きている。

 そして少なからず知性らしきものもある。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

身をもって不死を証明しようとしたラマ僧、30年後に掘り起こされた遺体の謎

 古来から多くの人々が不死を夢見てきた。だが人体は自然に老いさらばえるもので、死の訪れを止めることはできない。少なくとも現時点では。

 だがその常識を覆すような出来事があったようだ。

  ロシア、ブリヤート出身のラマ僧ダシ=ドルジョ・イチゲロフは、年老い…

誰が?一体何のために、謎めいたルーン文字が記された砥石が発見される(ノルウェー・オスロ)

 1050年から1500年のものと思われる、ルーン文字が記された砥石が、ノルウェーのオスロで発掘された。この小さな破片の発見は大きな謎を引き起こした。

 元々ルーン文字は木片などに刻み込まれており、のちに護符を兼ねた装飾品として扱われていたゲルマン諸語で、ノルウ…

美しすぎる暗殺者。クリスタルブルーな電気クラゲ「カツオノエボシ」が大量漂着地獄だっちゃ!(オーストラリア)

 まるでガラス細工のような繊細なる美しさも持ちながら、触るな危険の猛毒性も兼ね備えているカツオノエボシ。1体でも怖いのに、それがもう地面を覆いつくすほど大量に漂着したという。

 場所はオーストラリア・ニューサウスウェールズ州にあるバーリングス・ビーチであ…

脳波をチェックして理想の顔を探り出し、実際の顔と並べてみた比較写真「オリジナル・アイデアル」

 もうちょっと目が大きかったら…鼻が高かったら…唇がふっくらしていたら…人間誰しも自分の顔になんらかの不満を持っているものだ。

 では理想の顔は?と聞かれても具体的に説明するのは難しい場合もある。

 写真家のスコット・シャッセロさんは人々がそれぞれ理…

猫を投げ捨てる習慣から始まった…後ろ暗い歴史があるベルギー伝統の猫祭り「カッテンストゥッツ」

 ベルギー、イーペルの町にはこの60年間ずっと続いているネコ祭りがある。「カッテンストゥッツ」国中から訪れる大勢の人でにぎわう人気の祭りだ。

 3年ごとに開催され、巨大なネコの像やブラスバンドや騎馬のパレードなど、それは華やかな催しになる。パレードの参加者…



まつ毛育毛剤通販