知る

麻酔にかかる植物。ということは植物にも人間のような意識があるということなのか?

投稿日:

littleshopofhorrors_e

 さて前回、植物も動物同様、麻酔にかかるという研究結果をお伝えしたが、動物的に見ると、麻酔とは意識を失わせるものである。ということは植物にも「意識」があるのだろうか?それは「意識」と呼べるものなのだろうか?

 近年、植物にも知性や感情があると考える科学者が増えているが、それでもまだ植物は正当な評価を得ていない。

 植物は動く。鉢植えの植物は朝になれば太陽に向かって体を動かし、光を浴びて光合成を行う。自ら食料を作り出して生きている。

 そして少なからず知性らしきものもある。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

不機嫌な態度が逆に生産性を高めるという研究結果(カナダ研究)

 近くに不機嫌な人がいるだけで、こっちまで気分が悪くなるしなんとかしてくれよって感じなのだが、不機嫌である張本人にとっては有用に働く場合があるという。

 新しい研究では、人によっては不機嫌だと集中力が高まり、時間管理や課題の優先順位づけが上手くできるよう…

猫として初めて宇宙に飛び立った「フェリセット」を追悼し功績を称える為の「記念像」設立が呼びかけられる。締め切りはあとわずか!

 これまで、様々な動物たちが実験の為宇宙へと飛び立っていった。猫として初めて宇宙に飛び立っていったのが、フランスの猫、フェリセットである。

 関連記事:猫として初めて宇宙に飛び立った「フェリセット」の知られざる歴史

 宇宙に飛び立った犬やチンパンジーに関…

悪名高き2種の害虫がハイブリッド化。メガ害虫となり力を強めていることが判明(オーストラリア研究)※昆虫出演中

  オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の科学者は、世界で最も悪名高き2種の害虫が交雑し、その力を強めていることを確認した。

 オオタバコガとアメリカタバコガが自然交雑して誕生したメガ害虫は、農作物に更なる被害をもたらすのではと懸念されている。

新型の半合成生物がこれまでに見たこともない新たなるタンパク質を作り出す(米研究)

 先日AIが、これまでにない優れたAIを生み出したというニュースをお伝えしたが、バイオ関連でも目覚ましい技術革新が続いているようだ。

 DNAの構成要素を拡張し、安定した半合成生物が生み出された。それはまったく新しい生体化合物を作り出すことができるそうだ。

人類の顔の進化をモーフィング。600万年を2分で見られる動画。

 我々現世人類は分類的には、哺乳類霊長目(サル目)ヒト科ヒト族(ホモ)ヒト(サピエンス)種にあたる。

 約700万年前にヒト亜族とチンパンジー亜族に分岐したと推測され、ヒト(=人類)とは、広義にはチンパンジー亜族と分岐したヒト亜族に属する動物の総称であり、狭…




まつ毛育毛剤通販