知る

麻酔にかかる植物。ということは植物にも人間のような意識があるということなのか?

投稿日:

littleshopofhorrors_e

 さて前回、植物も動物同様、麻酔にかかるという研究結果をお伝えしたが、動物的に見ると、麻酔とは意識を失わせるものである。ということは植物にも「意識」があるのだろうか?それは「意識」と呼べるものなのだろうか?

 近年、植物にも知性や感情があると考える科学者が増えているが、それでもまだ植物は正当な評価を得ていない。

 植物は動く。鉢植えの植物は朝になれば太陽に向かって体を動かし、光を浴びて光合成を行う。自ら食料を作り出して生きている。

 そして少なからず知性らしきものもある。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

簡単うまい!じゃがいもで作るチェコ風お好み焼き「ブランボラーク」のレシピ【ネトメシ】

 日本のお好み焼きといえば小麦粉がベースになっているものの、広島 vs 大阪の熾烈な戦いが今日もなお繰り広げられている。

 北関東在住のパルモにとってはどっちもうまいし、どっちも好き。でも駄菓子屋でもんじゃを食べて育った身分としては、もんじゃ焼きのことも忘れ…

地球って面白い!グーグルアース(Google Earth)で発見された奇妙なもの

 地球という惑星には、まだまだ奇妙なものがたくさんある。これまで、専門家の手によって次々と謎が解明されていったが、それでも新たなる不思議が訪れる。

 誰もが衛星写真で世界中を見て回れるグーグルアース(Google Earth)の普及により、これまで気が付くことのなか…

ねこねこ雑学。猫のメスは右利き、オスは左利きが多い(アイルランド研究)

 これを知っておくと、猫パンチを繰り出された時に、よけやすくなるかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

 北アイルランドの研究で判明したのは、オス猫は一貫して左手を使う傾向があるのに対して、メスの場合は右手を使う傾向が強かったという。もちろん個体差…

これが絶世の美女と噂された古代エジプト王妃「ネフェルティティ」のご尊顔だ。Dスキャンで再現された3400年前のミイラの姿

 最新の3D撮像技術を駆使して、ツタンカーメンの義母にあたる「ネフェルティティ」のご尊顔が再現された。

 製作には500時間が費やされ、宝飾品はディオールのデザイナーによって手作りされるという凝りようだ。一方で肌の色については色素が薄すぎるという批判もある。

2世紀から20世紀まで。人類が歩んだ脳外科手術の歴史

 人類が頭蓋骨をこじ開けてみようと思いたったのは意外と早い時期だ。文献ではすでに2世紀にその切ろうが残されている。

 それが脳神経外科学の先駆けと言えるのかどうかはわからない。だが人類は脳の仕組みを解明すべく、今では考えられないような手術をを行っていたよ…



まつ毛育毛剤通販