社会

海外「これが日本人なんだ!」 豪雪の中でも助け合う日本人の姿に海外から感動の声

投稿日:

数年に一度クラスの寒波の影響で、全国的に大雪の日が続いており、
先日福井県では37年ぶりに136センチを超える積雪が観測されました。
その影響で、県内を通る国道8号線は6日から自動車の立ち往生が発生し、
最大時にはおよそ1500台が全く動けない状態に陥りました
(昨日になって3日ぶりに解消された)。

食料を手に入れることが出来ない大勢のドライバーたちのために、
国道8号線沿いにある「餃子の王将 丸岡店」は、
余った食材で焼き飯や天津飯など約500人前を作り、無償で提供。
その日お店は雪の影響で臨時休業でしたが、
店を訪れた副店長さんが急遽炊き出しを思いつき、
上司に確認したところ、「どんどんやって」と快諾を得たそうです。

また、立ち往生した車には「山崎製パン」のトラック18台も含まれており、
近くに停車していたドライバーたちに、こちらもやはり無償でパンを提供。
更に営業所に残っていた約8万個のパンを、避難所などに送っています。

このことは日本のネット上などでも大きな話題になりましたが、
海外でも複数のメディアに取り上げられ、反響を呼んでいます。
関連投稿に寄せられたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「日本人に心からの敬意を」 震災時の『日本の魂』に外国人感動

image_201802101253201a0.jpeg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「犯罪の匂いが全くしない!」 深夜の東京の街角を写した写真に外国人が衝撃

英エコノミスト誌の調査機関による「世界の都市安全性指数ランキング」で、これまで調査が行われた15年と17年の両方でトップに選ばれている東京(共に2位はシンガポール、3位は大阪という結果)。このランキングは治安の良さだけが指標となっているわけではありませんが、それでも、総合的に見て東京が安全な大都市であることは間違いないようです。さて、今回ご紹介する写真は東京都台東区入谷で撮影されたもので、街灯と自販機の

海外「彼女の受賞は当然だ!」『魔女の宅急便』が児童文学のノーベル賞を受賞し話題に

先月26日、「児童文学のノーベル賞」或いは「小さなノーベル賞」と言われる、児童文学賞で最も権威ある国際アンデルセン賞の作家賞が発表され、「魔女の宅急便」などで知られる、児童文学作家の角野栄子さんが受賞しました。国際アンデルセン賞は国際児童図書評議会により隔年で授与される賞で、日本人の作家賞受賞は、1994年のまど・みちおさん、2014年の上橋菜穂子さんに次ぎ3人目となります(国別の受賞者はアメリカの5人に次い

【中2】13才が車運転し事故…男女5人のうち1人死亡、4人大ケガ

続きを読む

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……“世界最強”うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……世界最強うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?の画像1
スマホゲームに夢中になる人民解放軍の若い兵士たち

 中国では今夏、人民解放軍の元特殊部隊員がアフリカを舞台に活躍するアクション映画『戦狼2』が大ヒットした。“中国版ランボー”ともいわれるこの映画は、一部で「愛国精神の鼓舞のためのプロパガンダだ」などと指摘されているが、興行収入は日本円で800億円を超え、世界歴代映画興行収入のトップ100入りが確実となった。人民解放軍を世界最強の軍隊とうたう中国共産党にとっても、いい宣伝となったはずだ。ところが、リアルな人民解放軍は、映画の中のヒーローとは随分違うようだ。近年では特に、若い兵士の教育に手を焼いているのだ。

「多維新聞」(9月11日付)によると、7月23日に中国北部の空軍基地で夜間演習が行われたが、とある理由で大失敗に終わったという。演習の当日、緊急演習を知らせる防空警報が基地内に鳴り響き、兵士たちに緊張が走った。兵士たちは通常、警報音が鳴るとすぐに持ち場へ集合して点呼をするのだが、このとき5人の兵士が集合場所に現れなかった。一体5人の兵士は何をしていたのだろうか――。

 軍内部の調査によると、彼らはちょうどそのときイヤホンをつけ、スマートフォンのゲームに熱中していたため、演習の警報音にまったく気がつかなかったというのだ。中国メディアでは、「一人っ子政策時代に生まれ、大事に育てられた小皇帝(一人っ子政策以後生まれた子どもたちのこと)らしい出来事」だと、あきれ気味に報じている。

 現在、人民解放軍の兵士のうち、実に7割以上が一人っ子だといわれている。入隊したばかりの男性隊員はメディアの取材に対して、「僕も一人っ子で大切に育てられました。訓練は、すごく厳しいです。実家と彼女が恋しくて、毎日、布団をかぶって泣いています」と弱音を吐くなど、なんとも頼りない。

 こうした軟弱兵士が増える中、実は過去にも事件が発生している。2011年に瀋陽軍区で行われた軍事演習では、若い兵士が携帯音楽プレーヤーを使用していたことが原因で、敵兵役に発見され、演習は失敗に終わったと報じられている。このほかにも、災害派遣時に「危険だから災害現場には行きたくない」とゴネたり、仮病で訓練を休む困った新人兵士の存在について、たびたび報じられている。

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……世界最強うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?の画像2
元祖小皇帝軍人といわれる、毛沢東の孫・毛新宇。軍人とは思えない肥満体形だ

 さらに、もっと深刻な問題も顕在化してきている。

「人民解放軍は今、実質的に志願制となっていますが、入隊のための検査の不合格率が、近年急上昇して問題になっています。軍公式のSNSアカウントが8月に発表したところによると、ある地域の検査では、56.9%の志願者が不合格になったといいます。原因は、ジャンクフードの食べすぎ、偏食による臓器へのダメージや体重超過、さらにスマホのやりすぎによる視力低下などがあります。このままでは、兵士のなり手はいなくなりますよ」(中国の軍事事情に詳しいジャーナリスト)

 近年、南沙諸島や東シナ海をはじめ、周辺諸国との軍事的な小競り合いが目立つ中国だが、その最大の弱点は、こうした世間知らずの若い世代の兵士の存在だと指摘する専門家もいる。そのうち、歩きスマホをしながら前線を進む人民解放軍の姿も見られるかもしれない。
(文=青山大樹)

海外「日本よ、すまんな」 日本の『ヌーハラ』問題の高まりに外国人から疑問の声

最近になって突如として生まれた「ヌードルハラスメント」という言葉。ラーメンなどの麺類を音を出して啜って食べる行為が、文化が違う人たちなどからするとハラスメントになる場合もある、ということで、メディアなども度々取り上げています。日清食品はそんな文化や価値観の違いによって生まれる軋轢を解消すべく、麺をすする音をカモフラージュする機能を持つフォーク、「音彦(おとひこ)」を開発しています。カモフラージュ音





まつ毛育毛剤通販