動画

4本足で生まれたインドのヒヨコ。神に近い存在であるとして大人気に。高額で売ってほしいという人も。

投稿日:

top

 この世に変わらないものなど何もない。毎日同じことの繰り返しのように見えても、環境は刻々と変化しており、それに耐えうるよう生き物も少しずつ変化している。

 この変化は進化と言うこともあるが、進化が進みすぎると環境にすっかり身体を合わせてしまっているので、ひとたび環境が変わると適応できないという難点がある。

 自然界では少数ながら一定数の割合でスペシャルな作りの生き物が生まれてくることがある。これも環境に対応するための一つの生き残り戦略の一環なのかもしれない。

 太古の昔から稀に誕生するそれらは、時に吉兆や凶兆の象徴とも言われているが、インドでは神の生まれ変わりや使いであるとして崇められる場合が多い。

 インド北部の農村にて、4本足(脚)を持つニワトリのヒナが生まれた。これこそが神に近い存在であると、大人気となり、高額を支払ってでも売ってほしいというオファーが飼い主に殺到しているという。
続きを読む

続きを読む

-動画

執筆者:


関連記事

アライグマのおやつタイムが…おっさんにしか見えない(動画)

おやつタイムを満喫中のアライグマ。

野生を完全に忘れた、無防備な姿をご覧ください。

あれ遅いやつなのになんで!?高齢者用の3輪電動車で時速100キロをたたき出す暴走シニアカー(アメリカ)

 高齢者向けの電動三輪車はシニアカーとも呼ばれており、お年寄りたちがゆっくりと走っている姿をアメリカでは良く見かける。

 そもそも速度はそんなに出ないはずだ。普通はおじいちゃんやおばあちゃんがゆっくりと、時速10キロにも満たない速度で走っているのだが…

なぜ作ったし。科学者たちが不気味な赤ちゃんロボットを開発した理由

 科学者が開発したという、全身アルミホイルに覆われた赤ちゃん型ロボットがハイハイしながら動いていく。不気味の谷とはまた別の不気味さを漂わせている。

 アルミホイルで作った帽子(ティン・ホイル)を被れば政府の洗脳から回避できるとか、宇宙人と交信できるとか、…

窓の外を監視する猫、そして窓の外にはクマーがいた!!

 
 窓の外をチェックしながら自分の縄張りを見張る猫、しかし窓の向こう側にちょっと大きなお友達クマーが遊びに来ていたようなんだ。その突然の登場にびっくりした様子を見せていた猫だが…?

オウムじゃないけどおしゃべり余裕。人間みたいに話せるし人間をからかう余裕すら見せるオオハシガラス

 俗にいう「鳥頭」とは一線を画すカラスの仲間たちはかなり賢いという話を以前にもお伝えしたが、なかには人間のように話すカラスも存在するという。

 オウムや九官鳥が話すのはよくあることだがカラスも話せるのだ。

 アメリカの保護区にいるシロエリオオハシガラスの…




まつ毛育毛剤通販