知る

アメリカの黒歴史。生まれてすぐに引き離されお互いの存在を知らされず育てられた非情なる三つ子社会実験

投稿日:

2_e6

 アメリカで1961年に生まれた男の子3人の三つ子がいた。

 彼らは生まれてすぐ、別々の家庭の養子となりその後19年間、お互いの存在を全く知ることがなかった。

 子供の人格形成や成長は環境と遺伝子、どちらが優位に働いているのかを調べる実験の為だ。3人は実験の為に引き離され、その成長を19年間ずっと観察され続けていたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…

1986年に絶滅したとされていた「樹上のロブスター」の異名を持つ幻のナナフシの生存が正式に確認される

 かつてオーストラリア、ロードハウ島に生息していたナナフシの仲間は、1920年代に絶滅したとされていたが、この度その生存がDNA検査で確認されたそうだ。

 このナナフシはロードハウナナフシ(Dryococelus australis)で、外来種であるネズミの侵入により絶滅したとされ…

ツイッターと掲示板で大捜査網!「大切な車を盗まれた。探してほしい」と呼びかけたところあっという間に見つかった!

 車を盗まれる、ってのは、間違いなく人生最悪のできごとのひとつだ。分解されて売り飛ばされたらもう探しようがない。できるだけ早く見つけることが肝心なんだけど警察も忙しくてなかなか動いてくれなかったりする。

 だが今はSNSの時代だ。ネット上で呼びかけることで…

デニムで花を咲かせましょう。部屋いっぱいに青色の花開く。

 天井から垂れ下がる花や果実、大きな観葉植物やサボテンの鉢、静かに休む小さなチョウ。この美しい青い庭はすべて、デニムを加工して作られている。

 これらの作品は現在、ニューヨークのChildren’s Museum of the Arts(子ども美術館)で展示中だ。

平行線が斜めに見える目の錯覚「カフェウォール錯視」を体感しよう!

 下の図の水平(横)のバーは曲がったり、斜めになっているように見えないだろうか?だが、ペンや定規などを当ててチェックしてみてほしい。

 バーは実際にはまっすぐで、すべて平行だ。

 これは「カフェウォール錯視」と呼ばれるもので、ターゲットパターン(ダーツの…



まつ毛育毛剤通販