知る

アメリカの黒歴史。生まれてすぐに引き離されお互いの存在を知らされず育てられた非情なる三つ子社会実験

投稿日:

2_e6

 アメリカで1961年に生まれた男の子3人の三つ子がいた。

 彼らは生まれてすぐ、別々の家庭の養子となりその後19年間、お互いの存在を全く知ることがなかった。

 子供の人格形成や成長は環境と遺伝子、どちらが優位に働いているのかを調べる実験の為だ。3人は実験の為に引き離され、その成長を19年間ずっと観察され続けていたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

海の生き物を守るため、ビール会社が食べられる飲料缶6パック用の梱包剤を開発(アメリカ)

 人間が排出するプラスチックのごみは、環境に大きなダメージを与えている。

 中でも、ビールなどの飲料缶を6本まとめるためのプラスチック梱包リングは、海の生き物たちに大きなダメージを与えているものの一つだ。

 その形状から、生き物の身体に絡みつき、傷つけ、…

AIロボットに最後まで仕事を奪われないのは配管工と電気技師(アメリカ)

 今後数十年で、これまで人間が行っていた仕事は徐々にAIロボットによって取って代わられるようになるだろう。実際にイギリス国内だけでも1,500万人の仕事が失われてしまうと予想されている。

 しかしそのような中でも、配管工、電気技師、看護師はぎりぎりまで仕事を奪…

世界で最も謎のベールに包まれた「影のサミット」西側の権力者が世界の行く末を決定する「ビルダーバーグ会議」

image credit:dailymail
 ビルダーバーグ会議は、1954年から毎年1回、北米や欧州の各地で開催される会合である。公式にはヨーロッパと北米間の対話促進を目的としているが、会議内容は非公開となっており謎に包まれている。

 そこには各国の政治家や官僚、多国籍企業・金…

画風が変われば猫も変わる。ゴッホ風・ピカソ風・日本画風など、猫を有名画家の画風で表現したイラストアート

 ウェブデザイナーでありイラストレーターのヴェゼルカ・ヴェリノワさんは、有名画家の様々な画風で猫たちを表現した。

 ゴッホ風、ピカソ風、日本画風など、どんな画風でも猫の魅力は損なわれず、それぞれの猫たちを描き上げている。

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…





まつ毛育毛剤通販