知る

アメリカの黒歴史。生まれてすぐに引き離されお互いの存在を知らされず育てられた非情なる三つ子社会実験

投稿日:

2_e6

 アメリカで1961年に生まれた男の子3人の三つ子がいた。

 彼らは生まれてすぐ、別々の家庭の養子となりその後19年間、お互いの存在を全く知ることがなかった。

 子供の人格形成や成長は環境と遺伝子、どちらが優位に働いているのかを調べる実験の為だ。3人は実験の為に引き離され、その成長を19年間ずっと観察され続けていたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

すごくシンプルに見えるのになぜ?ネット民を困惑させた馬の計算問題

 一見簡単そうに見えても、ひっかけだったりトンチが必要だったりするクイズはネット上を定期的ににぎわせている。

 最近では、海外のあるサイトがシェアした馬の売り買いに関する計算問題が注目を集めていた。これにより多くのネット民が困惑したという。

 数字自体は…

生前は美女。北極圏で発見された900年前のミイラ(ロシア)※ミイラ注意

 北極圏のはずれの地から、銅と毛皮にくるまれた女性のミイラが発掘された。男性ばかりの墓地に埋葬された、これまでのところ唯一の女性だという。

 この夏、ロシア、サレハルド近くのゼレニー・ヤールの発掘現場から現われたこの12世紀の女性は、シベリアの北の果てを支…

地球外生命発見の鍵を握っているかも。南極の空気を食べて生きる奇妙な新種のバクテリア(オーストラリア研究)

 南極で新種のバクテリアが発見された。それは空気に含まれる化学物質のみを食べて生きるという。まるで霞を食べて生きているといわれている仙人のような存在であり、この世で最もストイックな生き物だ。

 この発見は、地球外惑星に存在する生命についての考え方を変える…

美しすぎる暗殺者。クリスタルブルーな電気クラゲ「カツオノエボシ」が大量漂着地獄だっちゃ!(オーストラリア)

 まるでガラス細工のような繊細なる美しさも持ちながら、触るな危険の猛毒性も兼ね備えているカツオノエボシ。1体でも怖いのに、それがもう地面を覆いつくすほど大量に漂着したという。

 場所はオーストラリア・ニューサウスウェールズ州にあるバーリングス・ビーチであ…

米軍の「最強兵士」プロジェクト。兵士の脳に埋め込むインプラント式インターフェースの開発

 アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を目的とするいくつものプロジェクトを公開した。

 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネットワークの役割の研究におよそ70億円の資金を投じる予定だ。また脳内…



まつ毛育毛剤通販