社会

【報道しない自由】台湾の地震を見舞う安倍総理の直筆メッセージの件、報道されない

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!の画像1
フーターズで働いていた頃の彼女

 8月12日、米国南西部のアリゾナ州ミッドランドシティ近郊にある樹海で、7月23日から消息を絶っていた25歳の女性が、変わり果てた姿で発見された。

 彼女の名はリサ・テリス。大学で放射線学を学ぶ傍ら、「フーターズ」のウエイトレスとして働いていた。Facebookに投稿された失踪前の写真を見ると、ムチムチボディで、透き通るような白い肌が印象的な美女であった。

 しかし、失踪から3週間ぶりに発見された彼女はなぜか全裸で、日焼けなのか汚れのせいなのか、皮膚は褐色がかっていた。さらに足は傷だらけ。体重は22キロも減っていた。

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!の画像2
驚きのビフォーアフター

 彼女の命に別状はなく、現在ジョークを口にするほど回復しているというが、失踪中の彼女に、いったい何があったのか?

 米NBCニュースなどによれば、彼女は先月23日夜、知人の男2人と、車で樹海近くの狩猟小屋へ向かった。男2人はその狩猟小屋へ強盗に押し入り、4万ドル(約438万円)相当の現金を奪ったという(男たちはその後、逮捕)。

 もともと、この強盗計画について知らなかった彼女は、犯罪に巻き込まれることを恐れ、彼らの車から靴も履かずに樹海の暗闇の中へ逃走。ところが、数千エーカーもの広さを持つ広大な樹海で迷い、3週間ひとりさまようことになってしまったのだ。

 なんとか高速道路にたどり着き、通りがかった車のドライバーに発見されるまで、彼女は野いちごやきのこを食べて飢えをしのぎ、水たまりや小川の水を飲んで喉の渇きを癒やしていたという。

 強盗犯との関係や、なぜ発見時に全裸だったかなど、まだまだ謎も多いこの失踪劇。警察は、彼女の体調が回復するのを待ってから、事件について詳細な話を聞くとしている。それにしても、樹海で孤独な3週間を生き抜いた彼女の生命力には驚かされるばかりだ。

殺人事件の一部始終を目撃! オウムの“証言”で、被告に終身刑判決が下る

殺人事件の一部始終を目撃! オウムの証言で、被告に終身刑判決が下るの画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 オウムが被害者の最期の言葉を証言したことで犯人が逮捕されるという、前代未聞の殺人事件に判決が下った。

 8月末、米ミシガン州の裁判所は、グレナ・デュラム(49)に殺人と武器所有の罪で終身刑を言い渡した。この判決の鍵となったのは、オウムが証言した被害者の最期の“声”であった。

 同州に住むマーティン・デュラムさんが自宅で射殺されたのは2015年5月のこと。マーティンさんの体には5発の弾が撃ち込まれており、そのうちの1発は頭部へのものだった。また、現場にいた妻のグレナも撃たれて重傷を負っていた。

 当初は殺人事件として捜査が開始されたが、それから数日後に自宅内で遺書が見つかり、凶器と思われる銃も見つかったことから、この事件はマーティンさんの自殺として処理された。

 ところが、警察の見立てを覆す思わぬ目撃者が現れた。それは、マーティンさんが飼っていたバドという名前のオウムだった。

 バドは事件の後、マーティンさんの前妻に引き取られたのだが、それから2週間後、バドは何やらわけのわからない鳴き声を発するようになった。しばらく叫んだりわめいたりした後、最後には必ず「撃たないでくれ!」という言葉で終えていたのだという。

 前妻は何度もこの言葉を聞くうちに、これは死んだマーティンさんの最後の言葉ではないかと信じるようになった。

 そこで彼女は警察に通報。警察は再捜査を開始した。ともに再婚である夫妻にはそれぞれ連れ子がいたが、彼らは夫妻が金のことでよく口論をしていたことや、ともに怒りやすい性格だったと証言。さらに、残された夫の遺書は、実はグレナが書いたものであることが判明したことなどから、犯人は妻のグレナだと断定するに至った。

 その後の裁判では、証人ならぬ“証鳥”であるオウムの信ぴょう性が争点となったが、陪審員らはオウムの証言を信じる判断を下し、裁判でグレナは終身刑の判決を受けることとなった。

 この判決を受け、グレナの弁護人は控訴をする予定でいるという。

 妻の殺意を感じる男性諸氏は、今のうちにオウムを飼っておくといいかもしれない。

海外「マジで日本人は何なんだ…」 日本の建設技術が尋常じゃないと海外で話題に

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に路線を展開する首都高速道路。東京五輪に合わせて1959年から急ピッチで建設が進められ、1962年に初の路線として、京橋ー芝浦間(4.5km)が開通しています。実は首都高速道路の計画案は、戦前の1938年にも作成されていました。また、終戦直後の1946年に東京都が作成した都市プロジェクトには、幅100メートルの高速道路を造る計画もあり、敷地も確保されていたのですが、1949年に実施されたドッジ・

包茎手術でタケノコ剥ぎ!? アソコ丸出しの患者に追加料金を要求する悪徳医師 

<p> 料金5,000円ポッキリだったはずなのに、個室に入ってズボンを脱ぐと、女の子がブラを脱いだら5,000円プラス、手コキならさらに1万円プラス、生フェラは2万円プラスなどと、さまざまな形でボッタクってくるタケノコ剥ぎ。</p>

<p> 歓楽街の怪しげな性風俗店の中だけの話かと思っていたら、中国では病院の手術台の上で横行しているようだ。</p>

<p>海南省海口市に住む20代の男性・張さんは、包茎の悩みを解決しようと、今月1日、ネットで見つけた病院で手術を受けることにした。</p>

<p> 手術費用は全部で1,150元(約1万8,400円)だと医師から説明されていたにもかかわらず、手術台の上で手術が始まると、張さんは医師からこう告げられた。「あなたの亀頭は少し敏感すぎるので、一緒に神経を除去したほうがいい。手術費用は合わせて3,000元(約4万8,000円)になる」<br />
</p>

海外「日本は俺達の希望だ」日本の教育システムを取り入れる学校がイラクで急増中

近年、学力だけではなく人間性も育てる日本の教育システム、例えば生徒が校内を清掃する点などが海外サイトで頻繁に取り上げられ、シンガポールやUAEでは実際にそのシステムを導入する学校が増えていますが、イラクでは、授業の面でも日本の教育システムが普及しつつあるそうです。今回ご紹介する映像はイラクのメディアが投稿したもので、バグダッド市内のとある私立小学校の生徒たちが、日本の童謡を日本語で歌う様子や日本語を



まつ毛育毛剤通販