知る

世界で最も危険な激辛アイスクリーム。ブート・ジョロキア級にスパイシーな「悪魔の吐息」が爆誕(スコットランド)

投稿日:

ice1_e

 スコットランド・グラスゴーにあるオールドウィッチ・カフェ・アンド・アイスクリーム・パーラーにとんでもない辛さのアイスクリームが登場したようだ。

 「悪魔の吐息(Respiro del Diavolo)」という名前からしてやばそうなアイスなんだが、唐辛子の辛さ量る単位・スコヴィル値はなんと156万9300SHU。

 世界一辛いといわれている唐辛子・ブート・ジョロキアのスコヴィル値はだいたい100万SHUほどらしいからかなりデンジャラスなことが分かる。

 そのため18歳以上限定で誓約書にサインしないと売ってもらえないほどなのだが、激辛料理は数あれど、なぜにアイス?

 なんでもヨーロッパでは激辛アイスで度胸試しが行われてた歴史が存在していたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ミャンマーのコウモリから未知のウイルスが発見される

image credit:Smithsonian Conservation Biology Institute
 過去10年近く、人間に感染する恐れのあるウイルスの発見に努めてきた世界的監視プログラム「PREDICT」の研究者が、ミャンマーに生息するコウモリから、SARSやMERSを引き起こすものと同じ系統に属する未知のウイル…

都市の巨大化、技術革新。未来を作り上げていく4つの潮流

 刻々と変わる未来の姿。それを正確に予測するのは難しい。

 西暦2000年当初、レジを通さずコンビニで買い物できたり、スマートスピーカーを通して音声だけで買い物できたり家電の操作ができる未来が本当にくるとは思っていなかっただろう。

 ハードウェアの製造・開発…

空から変なモノ降ってきた。海底に沈む謎の石。地球上で確認された不可解な10の現象

 不思議と謎の大冒険はやめられない止まらない。 我々は常にこの世界についての新たなる事実を学び、その記録をアップデートしているわけだが、それでも理解を超えた不可思議な現象まま起こる。

 その原因がはっきりとわかるまで、人はそれを”奇跡”と呼んだり”黙示録…

人類は食べることに前向きだった。世界10の古代食

 昔から人類は身の回りの食材から美味しい料理を創り出す努力を惜しまなかった。それはあまり食材が豊富でなかった古代でも同様だったようである。

 日本ではすでに縄文時代、木の実を石ですりつぶして粉にし、それに水を加えてパンやクッキーのようなものを作っていたと…

ネス湖のネッシー、その経済効果は年間61億円(スコットランド)

 いるのかいないのか?

 いや、いてもいなくても、その噂だけでかなりの経済効果があるようだ。

 ネス湖周辺の観光事業者から提供された最新データによると、ネッシーのスコットランド経済への効果は年間61億円もあるという。 





まつ毛育毛剤通販