社会

海外「日本が隣国で本当に良かった!」 安倍総理の直筆応援メッセージが台湾で大反響

投稿日:

日本時間7日未明、台湾東部の花蓮市を襲ったマグニチュード6・4の地震で、
これまでに10人の方が命を落とし、270人以上の方が怪我をされ、
現在も60人近くの方と連絡が取れていません。
一刻も早い救出が求められている中、日本政府は8日、
救出活動支援の専門家7人を花蓮市に派遣しています。

また、安倍総理は自身と首相官邸のSNSを通じ、
地震に見舞われた台湾に対し動画などでメッセージを発信。
「台湾頑張れ」を意味する「台湾加油」という直筆のメッセージと共に、
日本として出来る限りの支援を行うことを表明しています。

この安倍総理の直筆メッセージは現在台湾で大きな反響を呼んでおり、
台湾の人々からは、感動や感謝を伝える声のほか、
総理の字の美しさを称賛する声など、様々なコメントが寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「だから日本は恐ろしい」安倍総理が中国のホテルに残したメッセージが話題

27655255_10155674764272663_1970783684024489703_n.jpg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

広島県警犯罪情報官から注意喚起「『レスキュー隊のような服装の窃盗グループが被災地に』これはデマ」

続きを読む

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!の画像1
フーターズで働いていた頃の彼女

 8月12日、米国南西部のアリゾナ州ミッドランドシティ近郊にある樹海で、7月23日から消息を絶っていた25歳の女性が、変わり果てた姿で発見された。

 彼女の名はリサ・テリス。大学で放射線学を学ぶ傍ら、「フーターズ」のウエイトレスとして働いていた。Facebookに投稿された失踪前の写真を見ると、ムチムチボディで、透き通るような白い肌が印象的な美女であった。

 しかし、失踪から3週間ぶりに発見された彼女はなぜか全裸で、日焼けなのか汚れのせいなのか、皮膚は褐色がかっていた。さらに足は傷だらけ。体重は22キロも減っていた。

変わり果てた姿にあぜん……樹海を1カ月さまよった「フーターズ美女」が全裸で生還!の画像2
驚きのビフォーアフター

 彼女の命に別状はなく、現在ジョークを口にするほど回復しているというが、失踪中の彼女に、いったい何があったのか?

 米NBCニュースなどによれば、彼女は先月23日夜、知人の男2人と、車で樹海近くの狩猟小屋へ向かった。男2人はその狩猟小屋へ強盗に押し入り、4万ドル(約438万円)相当の現金を奪ったという(男たちはその後、逮捕)。

 もともと、この強盗計画について知らなかった彼女は、犯罪に巻き込まれることを恐れ、彼らの車から靴も履かずに樹海の暗闇の中へ逃走。ところが、数千エーカーもの広さを持つ広大な樹海で迷い、3週間ひとりさまようことになってしまったのだ。

 なんとか高速道路にたどり着き、通りがかった車のドライバーに発見されるまで、彼女は野いちごやきのこを食べて飢えをしのぎ、水たまりや小川の水を飲んで喉の渇きを癒やしていたという。

 強盗犯との関係や、なぜ発見時に全裸だったかなど、まだまだ謎も多いこの失踪劇。警察は、彼女の体調が回復するのを待ってから、事件について詳細な話を聞くとしている。それにしても、樹海で孤独な3週間を生き抜いた彼女の生命力には驚かされるばかりだ。

海外「生まれる国を間違えたw」 日本の治安の良さが一目で分かる光景に南米人が衝撃

日本の治安を象徴する存在の1つと言える無人販売所。新鮮な野菜や果物を安価で買える点が無人販売所の魅力ですが、地域によっては、刺身、山魚、ラムネの無人販売所もあるようです。今回の翻訳元の記事では、無人販売所を写した写真に、以下のような言葉が添えられています。「この写真を見た人は、きっと思うことだろう。 『盗まれる心配はないのだろうか?』と。 しかし、日本ではそのような心配をする必要はない。 日本社会

末期のバカタレ老害、住宅地を制限速度で走る若者を追いかけ停止させ恫喝し逮捕

続きを読む

部下に「男を見せてみろ」とパワハラの消防局分署長に懲戒処分…下半身を露出させた模様

続きを読む




まつ毛育毛剤通販