社会

海外「完全に異世界の光景だ!」 日本仏教の聖地を収めた写真が幻想的すぎると話題に

投稿日:

弘仁7年(816年)に弘法大師が嵯峨天皇から下賜され、
修禅の道場として開いた、日本仏教における聖地の1つである高野山。
2004年には『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産に登録され、
近年では宿坊も外国人観光客の間で人気を博しています。

今回ご紹介する写真は、アイスランド出身のフォトグラファー、
Iurie Belegurschiさんが自身のインスタグラムやFBに投稿した1枚で、
歴史上の人物の墓や供養塔が数多く並ぶ「奥の院」で撮影されています。

Belegurschiさんは高野山を、「最も幻想的」な場所と表現されていますが、
多くの外国人も、その幻想的な雰囲気に魅せられていました。

海外「日本で神の存在を感じた」 熊野古道の神秘的な雰囲気が外国人を魅了

27331909_1372480069523846_8874296829614193121_n.jpg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「日本が嫌いなのになぜ…?」 日本にある朝鮮学校を特集した映像に様々な声

今回は、アルジャジーラ系のメディアが配信した、日本にある朝鮮学校にスポットを当てた映像からです。早速ですが、以下が映像内のキャプションの日本語訳になります。「北朝鮮が日本国内に創設した学校は現在、 (敵意という名の)爆弾の脅威に晒されている。 北朝鮮がミサイル発射実験を行って以来、 朝鮮学校に向けられる敵意は、高まり続けているのだ。 日本には現在、60以上の朝鮮学校が存在しており、 強いコミュニティ

ワイ32歳ニート、暴走族の仲間に入る

1 :名無しさん@おーぷん:2017/09/27(水)20:32:52 ID:voJ
これで家族も近所もワイが怖くて悪口言えなくなるやろ

ワイ32歳ニート、暴走族の仲間に入る
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1506511972/

2 :名無しさん@おーぷん:2017/09/27(水)20:33:…

海外「やっぱり日本は日本だった!」日本の消防隊員のスキルが尋常じゃないと話題に

今回ご紹介する映像は、メキシコのメディアによって紹介されたもので、福岡県古賀市の粕屋北部消防本部の救助隊の皆さんが、救助技術の訓練をしている様子が収められています。オリジナルの動画は、粕屋北部消防本部がホームページに投稿したもので、(WMVファイルでしか視聴が出来ない)、以前から地元どころか、世界中で視聴されている映像になっています。先月メキシコ大地震の被災者を救出するために日本の救援隊が派遣され、

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像1
悲壮な表情で格闘を行う少年たちの実際の様子(騰訊視頻繁)

 長い歴史のある闘牛や闘犬に対してですら、世界的な批判の声が高まっているが、中国には親を失った孤児同士をまるで牛や犬のように戦わせ、見世物とする団体が存在するようだ。

 先日、ネット上で「格闘孤児」というタイトルの動画が公開され、そこには小中学生と思われる少年2人が格闘技場のようなステージの上で、激しく殴り合う様子が映し出されていた。この動画は数日間で、1,200万超の再生回数を記録した。 

「京華網」(7月23日付)によると、孤児同士を戦わせていたのは、2000年に四川省成都市内で設立され、これまで400人の孤児を預かってきた保護施設。孤児たちのほとんどは両親と死別したり、育児放棄されて親との同居がかなわない子どもたちだ。この施設の責任者である恩波(エン・ボー)氏は、テロ鎮圧のために組織された中国版SWAT「特警」の元メンバーで、00年の退職を機に、今回の格闘孤児の育成を思いついたという。

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像2
施設の責任者である恩波氏
生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像3
試合前の少年。不安そうな顔が印象的だ

 恩氏は、子どもたちが将来、犯罪の道を歩まないようにという願いも込めて無償で施設運営を行っていると主張。施設の子どもたちは、その代償として格闘技を学び、施設が定期的に開催する格闘技イベントに出場するのだという。もちろんファイトマネーなどは子どもたちに一切支払われていない。

 この施設で暮らす14歳の少年は「試合が始まる前、鉄の格子の中に入れられる瞬間がとても怖いです。ここでの生活は疲れるし、本当につらいです。でも、両親は亡くなっているので、ここで生活するしかありません」と明かしている。

 中国教育部(日本の文部科学省に相当)は、「この施設は児童福祉に関する法律に抵触している可能性があり、調査をすると同時に、すぐに児童を保護し、学校に通えるよう手配を進める」と表明している。

 しかし、ネット上では「この施設がなくなったら、孤児たちの生活はどうなるのか?」という心配の声も上がっている。社会福祉が未整備の中国では、この施設のように衣食住の心配なく孤児たちが暮らせる環境は、そうそうないのである。
(文=青山大樹)

【千葉市】「妻」「お母さん」などはLGBT差別用語 「配偶者」「保護者」などへ言い換えへ

1: Ψ 2018/04/05(木) 16:34:45.74 ID:vvslHNXD
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180405/k10011391471000.html
引用元:http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1522913685/



まつ毛育毛剤通販