電気自動車

テスラ、モデル3の量産計画をまた先送りに。客の前払い予約金でなんとか食いつないでる状態か

投稿日:

イーロンマスク

テスラは、「モデル3」量産計画を再度先送りした。週産5千台の目標をさらに3カ月延期にするという。

米テスラが7日発表した2017年10~12月期決算は最終損益は6億7535万ドル(約740億円)の赤字(前年同期は1億2133万ドルの赤字)となった。新型電気自動車(EV)「モデル3」の量産立ち上げに苦しみ、投資がかさんでいる。前回決算で3カ月後ろ倒しした週産5千台の目標をさらに3カ月延期した。

売上高は前年同期比43.9%増の32億8824万ドルとなった。定置型蓄電池の販売増や既存車種の販売が28%伸びたのも寄与した。エネルギー事業は2.3倍の約3億ドルだった。EV出荷は35%増の約3万台だった。自動車事業の粗利益率は3カ月前に比べ0.6ポイント改善し18.9%となった。既存車種の大幅な生産効率の改善でコストを抑えることに成功した。

モデル3の量産では、相変わらず蓄電池の組み立て工程が停滞している。ただ、決算発表後の電話会見でイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「解決は時間の問題」と強気の姿勢を崩さなかった。同期の投資額は5割増の7億8668万ドル。赤字拡大を気にせず、既存車種の生産を犠牲にしてもモデル3の生産ラインを年産50万台体制にするための拡張投資を続けている。

売掛金の積極的な回収、既存車種の出荷増、新モデル発表による前払い予約金の増加などで手元資金を捻出している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26668230Y8A200C1EAF000/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

中国バイドゥ、「レベル4」の自動運転バスを実用化したと発表

中国インターネット検索大手の百度はこのほど「人工知能(AI)開発者大会」を北京市で開き、李彦宏董事長兼首席執行官が「レベル4(特定エリアでの完全自動運転)」の自動運転バス「アポロン」を実用化したと発表した。
アポロンは同社とアモイ金龍連合汽車工業が共同で…

ホリエモンとひろゆき「日本はEVで置いてきぼり。大丈夫なのかね、この国は」

ホリエモンとひろゆき氏は、世界から遅れている感が否めない日本のEVシフトについて語った。曰く、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きるという。
ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加…

テスラ初のEVトラック、発表を10月に延期。セミトラックについてイーロンマスクは、「普通じゃない、野獣だ」

テスラとって、初となるEVトラックの発表が、当初の計画よりも1か月遅れることが分かった。
これは9月13日、テスラのイーロン・マスクCEOが、公式Twitterページで明らかにしたもの。「テスラのセミトラックの発表会と試乗会を、10月26日に開催する予定」と公表している。 …

超お洒落なハーレーのEV「LiveWire」が予約開始!価格は324万円

現在開催中のCESにて、ハーレー初のEVバイク「LiveWire」の予約受付の開始が発表された。価格は2万9799ドル(約324万円)。
スペックは間違いなし LiveWireの航続距離はフル充電で177km。60マイル(時速96km)に達するまで僅か3.5秒という爆速ぶり。車体にはABSと、加速時に…

テスラ、全従業員の9%にあたる3000人以上をリストラへ。「難しいが、必要な組織の再編」

米電気自動車メーカーのテスラは、コストの削減と利益の確保に向けて、全従業員の9%にあたる3000人以上の人員削減を行うことを明らかにした。
テスラのイーロン・マスクCEOは12日、従業員に宛てた電子メールを公開する形で、全従業員の9%を削減することを明らかにしま…





まつ毛育毛剤通販