電気自動車

テスラ、モデル3の量産計画をまた先送りに。客の前払い予約金でなんとか食いつないでる状態か

投稿日:

イーロンマスク

テスラは、「モデル3」量産計画を再度先送りした。週産5千台の目標をさらに3カ月延期にするという。

米テスラが7日発表した2017年10~12月期決算は最終損益は6億7535万ドル(約740億円)の赤字(前年同期は1億2133万ドルの赤字)となった。新型電気自動車(EV)「モデル3」の量産立ち上げに苦しみ、投資がかさんでいる。前回決算で3カ月後ろ倒しした週産5千台の目標をさらに3カ月延期した。

売上高は前年同期比43.9%増の32億8824万ドルとなった。定置型蓄電池の販売増や既存車種の販売が28%伸びたのも寄与した。エネルギー事業は2.3倍の約3億ドルだった。EV出荷は35%増の約3万台だった。自動車事業の粗利益率は3カ月前に比べ0.6ポイント改善し18.9%となった。既存車種の大幅な生産効率の改善でコストを抑えることに成功した。

モデル3の量産では、相変わらず蓄電池の組み立て工程が停滞している。ただ、決算発表後の電話会見でイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「解決は時間の問題」と強気の姿勢を崩さなかった。同期の投資額は5割増の7億8668万ドル。赤字拡大を気にせず、既存車種の生産を犠牲にしてもモデル3の生産ラインを年産50万台体制にするための拡張投資を続けている。

売掛金の積極的な回収、既存車種の出荷増、新モデル発表による前払い予約金の増加などで手元資金を捻出している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26668230Y8A200C1EAF000/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

自動車業界の重鎮が予言「自動車の時代は終わりに近付いている。20年後に車を所有している人はいない」

自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わり、自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性があるという。
ラッツ氏は既にセミリタイアしているが…

テスラ、中間管理職など400人をいきなりクビに

米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇したという。
元社員が13日、ロイターに語った。 テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかっ…

テスラ、モデル3の生産目標をようやく達成

米電気自動車メーカーのテスラは1日、量産が難航していた「モデル3」について6月末までの生産目標を達成したと明らかにした。
顧客への納車が進むことで不安視されている資金繰りも改善に向かうとしている。ただ、待遇面に不満を持つ従業員による情報漏洩なども報じられ…

テスラの新型EV「ロードスター」が凄すぎる件。1.9秒で時速100kmに到達、史上最速を実現へ

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表した。
小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の…

テスラ、EVのトラックを公開。イーロンマスク「ガソリン車を駆逐する」

テスラは、初の電気トラックを公開した。乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっている。
テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。 このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度…




まつ毛育毛剤通販