電気自動車

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

投稿日:

37

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。

「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケット「ファルコン・ヘビー」を開発しました。

今回、南部フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで、このロケットを試験的に打ち上げることになり、現地時間の6日午後3時45分(日本時間7日午前5時45分)、49年前に初めて人類を月面に送り込んだアポロ計画でも使われた発射台から飛び立ちました。

このロケットは、従来のロケットを3機束ねた形をしており、全長は70メートル、日本のH2Bロケットの3倍以上にあたるおよそ64トンの物資を地球を回る軌道に運ぶ能力があります。

ロケットの先端部分には、スペースXのイーロン・マスクCEOが所有する赤い電気自動車が載せられていて、打ち上げからおよそ3分後、この車を搭載した先端部分を切り離すことに成功しました。

順調にいけば、この車はおよそ6か月かけて火星に向かう軌道に乗るということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318581000.html



続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

中国バイドゥ、「レベル4」の自動運転バスを実用化したと発表

中国インターネット検索大手の百度はこのほど「人工知能(AI)開発者大会」を北京市で開き、李彦宏董事長兼首席執行官が「レベル4(特定エリアでの完全自動運転)」の自動運転バス「アポロン」を実用化したと発表した。
アポロンは同社とアモイ金龍連合汽車工業が共同で…

フォルクスワーゲン、2020年に全乗用車をネットに接続可能な「つながるクルマ」にすると発表

独フォルクスワーゲン(VW)は23日、2020年にVW乗用車ブランドのすべての新車をネットに接続可能な「つながるクルマ」にすると発表した。
ネット接続を浸透させ、カーシェアリングや車両に宅配便を届けるサービスを充実させる。25年までにソフトウエアやサービスの開発…

ハーレーがEVバイクを開発へ。ジェット機のようなエンジン音になるもよう

アメリカン・バイクの代名詞ハーレーダビッドソン社が、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出し、18カ月以内の発売を目指すという。
ハーレー社のCEOマーク・レヴァティック氏は、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出すことを約束。バイク業界の新機軸になるだろうと…

トヨタ社長「EVだけと決めつけていくことは考えていない」

トヨタ自動車の豊田章男社長は19日、東京都内で開いたイベント後に記者団に対し、電気自動車(EV)だけが話題になっているが、「EVだけと決めつけていくことは考えていない」と述べたという。
どのパワートレーンの車が今後選ばれるかは「顧客と市場が決めていくこと…

フォード、EV開発に1兆2000億円投資を発表。世界中でEVシフトが加速中

フォードは2022年までに電気自動車の開発に日本円で1兆2000億円余りを投じると発表した。
アメリカ2位の自動車メーカー、フォードは14日、デトロイトで開いた新型車の発表会で、2022年までに電気自動車の開発に110億ドル(日本円で1兆2000億円余り)…





まつ毛育毛剤通販