電気自動車

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

投稿日:

37

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。

「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケット「ファルコン・ヘビー」を開発しました。

今回、南部フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで、このロケットを試験的に打ち上げることになり、現地時間の6日午後3時45分(日本時間7日午前5時45分)、49年前に初めて人類を月面に送り込んだアポロ計画でも使われた発射台から飛び立ちました。

このロケットは、従来のロケットを3機束ねた形をしており、全長は70メートル、日本のH2Bロケットの3倍以上にあたるおよそ64トンの物資を地球を回る軌道に運ぶ能力があります。

ロケットの先端部分には、スペースXのイーロン・マスクCEOが所有する赤い電気自動車が載せられていて、打ち上げからおよそ3分後、この車を搭載した先端部分を切り離すことに成功しました。

順調にいけば、この車はおよそ6か月かけて火星に向かう軌道に乗るということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318581000.html



続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

日本、IT革命に続きEV革命でも敗北し、いよいよ後進国の仲間入りへ

1:名無しさん@涙目です。 2017/09/23(土) 13:54:29.98 ID:A8ecVxLL0.net BE:199720575-2BP(6000)
ソース1

世界的に見ると自動車はEVになるのは確実。フランスやイギリスは2040年までに内燃機関の生産を禁止する。EVの生産台数は2位がアメリカ、1位が中国で4割以上を占め…

テスラのModel 3、生産難航か。計画比2割以下のペース

米テスラが日公表した7~9月期の電気自動車(EV)の生産・出荷状況で、量産型の新車種「モデル3」の生産立ち上げが難航していることが明らかになった。
生産は260台で、計画していた1500台の2割以下のペースだった。EV全体の出荷台数も前年同期比4.5%増の2万6150…

保守的すぎるトヨタ流の堅実経営。世界はイーロンマスク氏を支持へ

次々と新規事業を成功させる、イーロンマスク氏。脱石油・石炭に取り残される日本との「差」とは…。
世界の投資家が「脱石油・石炭」に舵を切った。安倍首相は「高効率石炭発電所」を世界に売り込み、非難を受けている。日本の考えるスピードでは高効率化も省エネルギーな…

テスラ、資金不足がかなり深刻か「きわめて重大な局面」

テスラは、15年に及ぶ同社の歴史上、きわめて重大な局面を迎えており、資金不足を懸念する声が相次いでいる。
新しい「モデル3」の製造の遅れは、マスクCEOの約束や判断に影を落としている。セミトレーラーからSUVまで、進行中の多くの新プロジェクトはライバル自動車メーカ…

イーロンマスク「我々の中に裏切り者がいる」

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、「同社の運営を脅かす不正行為を行っている従業員が存在すること」と従業員宛にメールを送った。
テスラは問題の従業員を特定しており、不正行為に至った理由を調べているそうです。マスク氏によると、この従業員がテスラの製造シス…




まつ毛育毛剤通販