電気自動車

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

投稿日:

37

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。

「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケット「ファルコン・ヘビー」を開発しました。

今回、南部フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで、このロケットを試験的に打ち上げることになり、現地時間の6日午後3時45分(日本時間7日午前5時45分)、49年前に初めて人類を月面に送り込んだアポロ計画でも使われた発射台から飛び立ちました。

このロケットは、従来のロケットを3機束ねた形をしており、全長は70メートル、日本のH2Bロケットの3倍以上にあたるおよそ64トンの物資を地球を回る軌道に運ぶ能力があります。

ロケットの先端部分には、スペースXのイーロン・マスクCEOが所有する赤い電気自動車が載せられていて、打ち上げからおよそ3分後、この車を搭載した先端部分を切り離すことに成功しました。

順調にいけば、この車はおよそ6か月かけて火星に向かう軌道に乗るということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318581000.html



続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

タイ政府、全てのトゥクトゥクを電動化すると発表。世界が電気自動車への流れ

タイ政府は観光地で人気の三輪タクシー「トゥクトゥク」を5年後の2022年までにすべて電動化する計画を発表した
三輪タクシーのトゥクトゥクは、タイの市民の足として、また観光地での移動手段としてタイ国内で幅広く利用されています。 このトゥクトゥクについてタイ…

ウーバーの自動運転車が実験走行中に死亡事故。走行実験は中断

アメリカ西部のアリゾナ州で、配車大手のウーバーが自動運転の実験用の車を公道で走らせていて、歩行者が実験車にはねられて死亡した。
自動運転の車による全米初の歩行者の死亡事故だと大きく伝えられ、自動運転の安全性などが問われることになりそうです。アリゾナ州の州…

世界中がEVシフトだけど、それでもPHVのトヨタが勝てる理由「テスラなどは敵ではない」

世界中でEVシフトが進んでいるが、それでもトヨタが勝つ可能性が高いという。なぜなのだろうか。
略 そもそも皆勘違いしていると思うのだが、トヨタもつくっているPHVというのは実はEVそのものにもなるのだ。ガソリンエンジンを回さなければ充電できないハイブリッドに対し…

【朗報】テスラ、ドイツでポルシェを駆逐しそう。はっきり言ってガソリンの高級車とか時代遅れで逆にダサいよな

米電気自動車(EV)大手テスラがドイツで急速に成長している。ドイツ人が「自動車技術を誇りにしているためテスラのEVに乗り換えるようなことはしない」との見方を覆しつつある。
テスラの昨年の登録台数は75%増の3332台で、テスラの「モデルS」と競合するポル…

パナソニックが自動運転システムを開発。22年に実用化へ

パナソニックは10日、開発中の自動運転システムを搭載した試作車を報道陣に公開した。
テレビやデジタルカメラで培った画像処理技術を生かし、歩行者が多い場所でも中低速で走行できるシステムの開発を急いでおり、2022年ごろに実用化したい考えだ。 横浜市の実験場で公開…



まつ毛育毛剤通販