電気自動車

夏野剛「EVの登場はユーザーエクスペリエンスの革命なんです。スマホの登場で業界が一変したような」

投稿日:

28

EVについて、ドワンゴ夏野剛氏が語った。曰く、ユーザーエクスペリエンスの革命が起きているという。

「今起きているのは、ユーザーエクスペリエンスの革命なんです。スマートフォンの登場で携帯電話業界が一変したような」――。

そう力説するのは、NTTドコモ在籍時に「iモード」など数々のサービスを立ち上げ、現在は慶應大学で教鞭をとり、IT企業の取締役としても活躍する夏野剛氏だ。「これまでクルマに興味がなかった」と語る夏野氏だが、電気自動車(EV)の登場によって、その認識は大きく変化したという。

―夏野さんは、EVのどのような部分に魅力を感じていらっしゃいますか?

夏野剛氏(以下、夏野):EVはこれまでのガソリン車はもちろんハイブリッド車ともまったく違う乗り物になっているといえるでしょう。

私は、EVのメリットとしては第一に、その静粛性が挙げられます。ガソリン車は「燃費最優先」で作られているため、例えハイブリッド車であっても運転していると「えっ、こんな低速なのにエンジンかかっちゃうの?」というところでエンジンがかかってしまうことがある。せっかくのハイブリッド車なのに、静音走行している時間が非常に短いのは、おそらく燃費を最優先する構造になっているからだと思います。

それに対して、EVはどこまでいっても静粛なんです。静粛なクルマがいかに快適かというのは、乗ってみないと分からないのではないでしょうか。信号で停止した状態から加速する時に何も音がしない。ガソリン車の「ブーン!」という音がないことが当たり前になってしまうと、もうガソリン車に戻れません。

私はクルマを2台もっていて、1台はEVでもう1台はガソリン車なのですが、ガソリン車を運転してエンジン音を聞くと、「20世紀のクルマに乗っているな」と感じてしまいますね。

詳細はソース元で
http://blogos.com/article/273615/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。
ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作…

トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ

トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立するという。
世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。 トヨタとマツダは8月、…

【悲報】若者の半数以上が車の購入意向なしの衝撃「お金は車以外に使いたい」

日本自動車工業会が9日発表した2017年度の乗用車市場動向調査によると、車を保有していない10~20代の社会人のうち「購入したくない」との回答が前回調査に続いて5割超に上ったという。
利用手段としてはレンタカーやカーシェアリングへの関心が高く、車の維持…

中国、EVへの移行を促す新規制を公表。日本は出遅れてるけど大丈夫なの…

中国政府が、電気自動車(EV)への移行を従来以上に強く促す規制を打ち出したという。
中国はかねてEVの奨励策を進め、生産・輸入の一定割合をEVなどにするよう求める新規制も、2018年に始める予定だった。内外のメーカーの反発で1年ずれ込んだが「少し時間に余…

ハーレーがEVバイクを開発へ。ジェット機のようなエンジン音になるもよう

アメリカン・バイクの代名詞ハーレーダビッドソン社が、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出し、18カ月以内の発売を目指すという。
ハーレー社のCEOマーク・レヴァティック氏は、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出すことを約束。バイク業界の新機軸になるだろうと…



まつ毛育毛剤通販