社会

海外「何で日本車はこんなに雪に強いの?」 相変わらずスバル車の性能が凄すぎると話題に

投稿日:

強烈な寒波の影響で、今年は全国的に非常に寒い日が多く、
1月27日には全国のアメダスの約9割5分が氷点下を観測。
立春が過ぎた今日も、日本海側を中心に大雪が続いています。

毎年この時期には、雪の影響で車が立ち往生してしまうケースが頻発しますが、
雪道でスタックしたトラックなどを日本車が救出したという話題が、
海外のサイトで取り上げられる事も毎年の恒例のようになっています。

今回ご紹介する映像もその一例で、ここではスバルのフォレスターが、
雪にはまった大型トレーラーを牽引し、救出する事に成功しています。
「スバルは自動車界のスーパーヒーロー」と題されたこの映像に、
外国人から驚きの声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「そりゃ皆日本車買うわ…」 スズキ車の桁外れな耐久性に世界が衝撃

 2018-02

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

東京・国立市、嫌韓デモなど「あらゆる差別を禁止」条例成立へ

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/14(金) 03:16:53.41 ID:CAP_USER
東京の国立市が特定の人物や民族を狙った嫌悪発言(ヘイトスピーチ)を含む、全ての差別を禁止する条例を制定する見込みである。 13日、共同通信や日本経済新聞などによれば、国立市市議会の…

海外「日本人なら大歓迎だ!」 台湾が日本の高校の修学旅行先1位に 中韓は激減

学校行事の一環として、ほぼすべての小中高学校で行われている修学旅行。1980年代以降は修学旅行先に外国が選択されるケースも増え始め、2011年に行われた調査によると、公立高校では8パーセントの学校が、私立高校では約33パーセントが国外への渡航を実施しています。先日「全国修学旅行研究協会」がまとめたデータが公表されたのですが、2016年度の日本の高校の海外旅行先は、台湾が262校4万1878人で、米国の254校3万6661人を抜

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……“世界最強”うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……世界最強うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?の画像1
スマホゲームに夢中になる人民解放軍の若い兵士たち

 中国では今夏、人民解放軍の元特殊部隊員がアフリカを舞台に活躍するアクション映画『戦狼2』が大ヒットした。“中国版ランボー”ともいわれるこの映画は、一部で「愛国精神の鼓舞のためのプロパガンダだ」などと指摘されているが、興行収入は日本円で800億円を超え、世界歴代映画興行収入のトップ100入りが確実となった。人民解放軍を世界最強の軍隊とうたう中国共産党にとっても、いい宣伝となったはずだ。ところが、リアルな人民解放軍は、映画の中のヒーローとは随分違うようだ。近年では特に、若い兵士の教育に手を焼いているのだ。

「多維新聞」(9月11日付)によると、7月23日に中国北部の空軍基地で夜間演習が行われたが、とある理由で大失敗に終わったという。演習の当日、緊急演習を知らせる防空警報が基地内に鳴り響き、兵士たちに緊張が走った。兵士たちは通常、警報音が鳴るとすぐに持ち場へ集合して点呼をするのだが、このとき5人の兵士が集合場所に現れなかった。一体5人の兵士は何をしていたのだろうか――。

 軍内部の調査によると、彼らはちょうどそのときイヤホンをつけ、スマートフォンのゲームに熱中していたため、演習の警報音にまったく気がつかなかったというのだ。中国メディアでは、「一人っ子政策時代に生まれ、大事に育てられた小皇帝(一人っ子政策以後生まれた子どもたちのこと)らしい出来事」だと、あきれ気味に報じている。

 現在、人民解放軍の兵士のうち、実に7割以上が一人っ子だといわれている。入隊したばかりの男性隊員はメディアの取材に対して、「僕も一人っ子で大切に育てられました。訓練は、すごく厳しいです。実家と彼女が恋しくて、毎日、布団をかぶって泣いています」と弱音を吐くなど、なんとも頼りない。

 こうした軟弱兵士が増える中、実は過去にも事件が発生している。2011年に瀋陽軍区で行われた軍事演習では、若い兵士が携帯音楽プレーヤーを使用していたことが原因で、敵兵役に発見され、演習は失敗に終わったと報じられている。このほかにも、災害派遣時に「危険だから災害現場には行きたくない」とゴネたり、仮病で訓練を休む困った新人兵士の存在について、たびたび報じられている。

スマホゲームに熱中しすぎて警報音に気づかず……世界最強うたう中国人民解放軍が崩壊間近!?の画像2
元祖小皇帝軍人といわれる、毛沢東の孫・毛新宇。軍人とは思えない肥満体形だ

 さらに、もっと深刻な問題も顕在化してきている。

「人民解放軍は今、実質的に志願制となっていますが、入隊のための検査の不合格率が、近年急上昇して問題になっています。軍公式のSNSアカウントが8月に発表したところによると、ある地域の検査では、56.9%の志願者が不合格になったといいます。原因は、ジャンクフードの食べすぎ、偏食による臓器へのダメージや体重超過、さらにスマホのやりすぎによる視力低下などがあります。このままでは、兵士のなり手はいなくなりますよ」(中国の軍事事情に詳しいジャーナリスト)

 近年、南沙諸島や東シナ海をはじめ、周辺諸国との軍事的な小競り合いが目立つ中国だが、その最大の弱点は、こうした世間知らずの若い世代の兵士の存在だと指摘する専門家もいる。そのうち、歩きスマホをしながら前線を進む人民解放軍の姿も見られるかもしれない。
(文=青山大樹)

海外「そのうち世界を支配しそう」 日系人の子供達の高い学力を示す調査結果が話題に

日本人のブラジルへの集団移民開始から今年で110年。ブラジルには約160万人(総人口の約0.8%)の日系人が暮らしており、現在では6世まで世代交代が進んでいます。昨年ブラジルの2人の著名な経済学者がブラジル全土の学校のデータを使用して、文化が学力にどれほどの影響を及ぼすのかを調べたところ、日系の子供達は、ポルトガル系、イタリア系、東欧系、ドイツ系などの子供達よりも学力が高いということが分かり、特に数学では、ポル

中国「日本の大臣は最高の仕事をした」 河野外相と中国報道官のツーショット写真が大反響

河野外務大臣が先月末に訪中した際に中国の華春瑩副報道局長と撮影した写真が、現在中国のネット上で大変大きな話題になっています。河野外相は自身のツイッターの英語アカウントに、「With a famous Chinese lady!」というメッセージと共に写真を投稿。記者会見では滅多に表情を崩さない華報道官も、にこやかな笑顔を見せています。中国の大手メディアはこの件を、河野外相のアカウントに寄せられた、「日中友好」など、複数の日





まつ毛育毛剤通販