社会

海外「何で日本車はこんなに雪に強いの?」 相変わらずスバル車の性能が凄すぎると話題に

投稿日:

強烈な寒波の影響で、今年は全国的に非常に寒い日が多く、
1月27日には全国のアメダスの約9割5分が氷点下を観測。
立春が過ぎた今日も、日本海側を中心に大雪が続いています。

毎年この時期には、雪の影響で車が立ち往生してしまうケースが頻発しますが、
雪道でスタックしたトラックなどを日本車が救出したという話題が、
海外のサイトで取り上げられる事も毎年の恒例のようになっています。

今回ご紹介する映像もその一例で、ここではスバルのフォレスターが、
雪にはまった大型トレーラーを牽引し、救出する事に成功しています。
「スバルは自動車界のスーパーヒーロー」と題されたこの映像に、
外国人から驚きの声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「そりゃ皆日本車買うわ…」 スズキ車の桁外れな耐久性に世界が衝撃

 2018-02

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

大学教授さん「ネトウヨに『パヨク(馬鹿な左翼という意味の侮蔑語)』などと罵られた」?の勢力「ぱよぱよちーんwwwww」

続きを読む

【閲覧注意】凶暴化した狼犬2匹に襲われ、頭蓋骨露出! 飼い主は現場から立ち去る

【閲覧注意】凶暴化した狼犬2匹に襲われ、頭蓋骨露出! 飼い主は現場から立ち去るの画像1
病院に搬送された女性。まるで爆撃を受けたかのような光景だ(東網より)

 先日、広島県安佐北区の資材置き場から、番犬として飼われていた土佐犬がワイヤを食いちぎって逃げ出し、大きな騒動となったばかりだが、お隣中国ではさらに凶暴な犬が相次ぎ出現している。

「光華網」(9月5日付)によると、4日午前、広東省陸豊市内の歩道で生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が発見された。発見当時、赤ちゃんは裸でへその緒もついたままだった。その上、体中にはかまれたような傷が無数にあり、左腎臓付近から左肩にかけての部分は完全に食いちぎられていたという。     

 地元警察は、両親が生まれたばかりの赤ちゃんを路上に捨て、そこへ野良犬がやってきて体の一部を食べてしまった可能性が高いとみている。

直視できないほどの重傷を負っていることがわかる

 さらに、先月26日には湖南省永州市で、歩道を散歩中の狼犬2匹が突然、歩行者の中年女性にかみつき、重傷を負わせる事件が起きている(「東網」9月1日付)。当時、犬たちは飼い主と思われる男性にリードを引かれ散歩していたが、突然、リードを振りほどき、女性を襲った。目撃者の話によると、飼い主は犬たちを静止するそぶりも見せず、茫然と静観していたという。女性は大声で助けを求めたが、なんとこの飼い主、現場から立ち去ってしまったというから開いた口がふさがらない。その後、勇気ある通行人たちが石などを投げて犬たちをけん制し、なんとか女性の救出に成功した。ところがこの時、女性には意識がなく、頭部から足に至るまで全身を強くかまれており、大量出血していた。女性の頭部は一部頭皮がめくれ、頭蓋骨が露出していたという。

 その後、病院に搬送され一命を取り留めた女性だが「命は助かったが、3万元(約48円)という高額な手術費を病院から請求されて困っている。結局、あの犬たちの飼い主は今も行方がわかっていない。今後、皮膚の移植手術も数回にわたって行わなければならず、どうすればいいのか……」と話した。

 時に食用にされる犬たちの、人間への怒りが爆発したということなのだろうか? 中国では、人と犬は「食うか食われるか」の関係にあるのかもしれない。
(文=青山大樹)

海外「これが日本人なんだよ」外国人弁護士が日本で体験した出来事に感動の声が殺到

今回は、シンガポール人の弁護士の方が感動を覚えた、日本での小さな体験談を綴った投稿からです。早速ですが、以下が体験談の日本語訳になります。「その時僕は、日本人の友人と一緒に信号待ちをしていた。 眠気を誘う日曜日の午後、東京郊外の小さな町の横断歩道だ。 見る限り、車は一台も走っていなかった。 だから僕は彼にこう伝えた。 『なぁ、信号が赤なのは分かるけど、渡ってもいいんじゃないか?』 すると友人は僕の

海外「これが武士道の精神か…」 部下をかばい命を落とした自衛隊員に海外から称賛の声

先月23日、約3000年ぶりに噴火した草津白根山。一昨日にも火山性地震が観測されるなど火山活動が高まった状態が続いており、気象庁は入山規制を示す噴火警戒レベル3を継続し、警戒を呼びかけています。この噴火では、草津国際スキー場で訓練にあたっていた、陸上自衛隊の男性陸曹長が噴石に当たり命を落とされているのですが、関係者の話により、近くにいた部下をかばって覆いかぶさった際に、背中に噴石が直撃したことが分かって

海外「日本の本気を見た…」日本のロボットが凄い事になってると海外ネットで話題に

今回は、昨日からテクノロジー系のサイトがこぞって取り上げている、東京大学が開発した人型ロボット「ケンゴロウ」の話題からです(先日「Science」の姉妹誌に発表された事で注目を浴びた)。「ケンゴロウ」は東京大学の情報システム工学研究室が開発した、腕立て伏せや腹筋をしながら”汗”をかくヒト型ロボットです。人間の筋肉の収縮を再現した116本の「筋肉ユニット」を、人間の身体と同じように配置した事で柔軟に動く事が可能




まつ毛育毛剤通販