電気自動車

日産、中国に1兆円投資を発表。22年までにEVなどの電動車20種以上投入へ

投稿日:

日産自動車と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、中国で2022年までに600億元(約1兆円)を投資すると発表した。

22年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、同年に中国の総販売台数を17年実績比7割増の260万台に引き上げる。中国ではトヨタ自動車やホンダも販売や投資を拡大している。世界全体の3割を占める最大市場の開拓を日本各社が本格化する。

日産と東風汽車集団が折半出資する合弁会社の関潤総裁が同日、北京市で中期計画を発表した。22年までに40車種以上を投入し、そのうち半分をエンジンで発電してモーターで駆動する「eパワー」搭載車種を含めた電動車にする。19年までに日産ブランド、合弁会社の中国独自ブランド「ヴェヌーシア」、合弁相手の東風ブランドで合計6車種を投入する。

合弁会社の販売台数のうち、22年の電動車比率を30%まで引き上げる。高級車ブランド「インフィニティ」では22年までに品ぞろえの25%を電動車にして、25年までにはすべて電動車に切り替える。EVを中心に製造、研究開発、環境分野などに600億元を投じる。
続きはソース元から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26517930V00C18A2MM0000/

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-ddbd7a9f7c3b6e2465990d76e10002ac-180205-00-j?lang=ja-JP


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

トヨタがIT企業の下請けになる日はくるのか

自動運転、カーシェアなど、変革の波が押し寄せている自動車業界は今後どこへ向かうのか、ジャーナリストの井上久男氏が語った。
――自動車業界にどんな地殻変動が起きているのでしょうか。 井上久男氏(以下、井上) メーカーがつくってディーラーを通して売るという従来…

テスラ、「Model X」1万1000台をリコール。2列目座席に不具合が生じる可能性があるため

米テスラは、折り畳み可能な2列目の座席で不具合が生じる可能性があるため、スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」約1万1000台を自主的にリコールするという。
テスラによれば、リコール対象は2016年10月28日から今年9月1日までに製造されたモデルXだが、その…

揺らぐテスラへの信頼。タイムリミットはいよいよか

「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。ここにきて、信頼が揺らぎつつあるという。
シリコンバレーは常に、他の事業のまねと機能の向上によって動かされてきた。本当に突発的にでてくるアイデアは少ない。大抵は、ほかの誰かがすでに試したものを完璧にすることが勝負どこ…

フォード、EV開発に1兆2000億円投資を発表。世界中でEVシフトが加速中

フォードは2022年までに電気自動車の開発に日本円で1兆2000億円余りを投じると発表した。
アメリカ2位の自動車メーカー、フォードは14日、デトロイトで開いた新型車の発表会で、2022年までに電気自動車の開発に110億ドル(日本円で1兆2000億円余り)…

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。
このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイ…




まつ毛育毛剤通販