電気自動車

日産、中国に1兆円投資を発表。22年までにEVなどの電動車20種以上投入へ

投稿日:

日産自動車と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、中国で2022年までに600億元(約1兆円)を投資すると発表した。

22年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、同年に中国の総販売台数を17年実績比7割増の260万台に引き上げる。中国ではトヨタ自動車やホンダも販売や投資を拡大している。世界全体の3割を占める最大市場の開拓を日本各社が本格化する。

日産と東風汽車集団が折半出資する合弁会社の関潤総裁が同日、北京市で中期計画を発表した。22年までに40車種以上を投入し、そのうち半分をエンジンで発電してモーターで駆動する「eパワー」搭載車種を含めた電動車にする。19年までに日産ブランド、合弁会社の中国独自ブランド「ヴェヌーシア」、合弁相手の東風ブランドで合計6車種を投入する。

合弁会社の販売台数のうち、22年の電動車比率を30%まで引き上げる。高級車ブランド「インフィニティ」では22年までに品ぞろえの25%を電動車にして、25年までにはすべて電動車に切り替える。EVを中心に製造、研究開発、環境分野などに600億元を投じる。
続きはソース元から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26517930V00C18A2MM0000/

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-ddbd7a9f7c3b6e2465990d76e10002ac-180205-00-j?lang=ja-JP


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

トヨタに激震、サムスンが距離2倍のEV電池を30年ごろ実用化へ

韓国サムスン電子は次々世代となる電気自動車(EV)向け充電池を開発する。
1回のフル充電で走行可能な距離を現行のEVに使うリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、次世代品の開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。世界的なEVシフトを受け、基幹部品である電池の…

【悲報】トヨタ、Uberの事故にビビって自動運転車の公道テストを休止

トヨタは、Uberの自動運転テスト車の事故を受けて、同社の自動運転システム‘Chauffeur’のアメリカにおける公道試験を一時休止する。
警察が発表した最初の所見では、被害者が道路の横断歩道以外の場所を急いで横断しようとしたため、人間運転者でも事故を避けることはきわ…

イーロンマスク「テスラは破産した」

テスラのイーロンマスク氏は「テスラ破産 カリフォルニア州パロアルト、2018年4月1日」とツイートした。エイプリルフールのネタとしての投稿だが、自虐的な発言に驚きの声が上がっている。
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、ツイッター上に同…

EVで出遅れてるトヨタ、全固体電池を20年代前半に実用化へ

トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は25日、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばせるとされる次世代電池「全固体電池」を2020年代前半に実用化する方針を明らかにした。
EV投入で出遅れが指摘されるトヨタだが、実用化できれば競争力は一気に高まりそうだ。 …

トヨタ社長「EVだけと決めつけていくことは考えていない」

トヨタ自動車の豊田章男社長は19日、東京都内で開いたイベント後に記者団に対し、電気自動車(EV)だけが話題になっているが、「EVだけと決めつけていくことは考えていない」と述べたという。
どのパワートレーンの車が今後選ばれるかは「顧客と市場が決めていくこと…



まつ毛育毛剤通販