電気自動車

日産、中国に1兆円投資を発表。22年までにEVなどの電動車20種以上投入へ

投稿日:

日産自動車と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、中国で2022年までに600億元(約1兆円)を投資すると発表した。

22年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、同年に中国の総販売台数を17年実績比7割増の260万台に引き上げる。中国ではトヨタ自動車やホンダも販売や投資を拡大している。世界全体の3割を占める最大市場の開拓を日本各社が本格化する。

日産と東風汽車集団が折半出資する合弁会社の関潤総裁が同日、北京市で中期計画を発表した。22年までに40車種以上を投入し、そのうち半分をエンジンで発電してモーターで駆動する「eパワー」搭載車種を含めた電動車にする。19年までに日産ブランド、合弁会社の中国独自ブランド「ヴェヌーシア」、合弁相手の東風ブランドで合計6車種を投入する。

合弁会社の販売台数のうち、22年の電動車比率を30%まで引き上げる。高級車ブランド「インフィニティ」では22年までに品ぞろえの25%を電動車にして、25年までにはすべて電動車に切り替える。EVを中心に製造、研究開発、環境分野などに600億元を投じる。
続きはソース元から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26517930V00C18A2MM0000/

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-ddbd7a9f7c3b6e2465990d76e10002ac-180205-00-j?lang=ja-JP


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

トヨタなど、「水素ステーション」80カ所設置へ。イーロンマスクに愚かと言われた水素で大丈夫なのかこれ

トヨタ自動車や日産自動車、JXTGエネルギーなど11社は、2022年3月末までに水素ステーションを国内都市部の80カ所に共同で建設するという。
来春に共同出資会社を設立し、消費者の燃料切れの懸念を払拭できるよう、水素ステーションの効率的な配置計画をつくる。日本の…

中国ネット3強が自動車業界に進出。大手自動車メーカーを脅かす

中国のインターネットやSNSなどで圧倒的な存在を誇る百度(バイドゥ)、アリババグループ、テンセントホールディングスが自動車セクターにも進出し、既存の大手自動車メーカーを脅かしているという。
頭文字を取って「BAT」と呼ばれる3社は、電気自動車の新興企業、相乗りサ…

日産の新型リーフ、「かっこいい」が64%という調査結果

2:trick ★ 2017/09/07(木) 16:08:25.67 ID:CAP_USER.net
今回集計1日で1292票の回答をいただきました。結果は… Q:新型リーフ、かっこいいと思う?思わない? ◆思う:64% ◆思わない:36% https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00010002-autoconen-ind

EV時代が日本にも到来へ。もうガソリン車なんて乗ってたら老害と思われてもしかたないぞ

走行距離、充電設備のインフラなど、心配事はなくなりつつあり、世界的な“EVシフト”のうねりが、日本にも押し寄せてきているという。
日産が6日、開いた新型リーフの発表会。西川廣人社長は「実力のある車になった」と述べ、大きな自信をのぞかせました。 その根拠にな…

ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカーを披露。車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復

ランボルギーニが次世代の電動スーパーカー披露。車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできるという。
アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露…





まつ毛育毛剤通販