電気自動車

ハーレーがEVバイクを開発へ。ジェット機のようなエンジン音になるもよう

投稿日:

アメリカン・バイクの代名詞ハーレーダビッドソン社が、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出し、18カ月以内の発売を目指すという。

ハーレー社のCEOマーク・レヴァティック氏は、20~50億円の資金を投じてEV開発に乗り出すことを約束。バイク業界の新機軸になるだろうと期待しています。同社は売り上げが落ち込んだカンザス市の工場を閉鎖したこともあり、EVによるイメージの刷新からセールス回復を目論んでいるようです。

EVだと暖機運転は不要で、オートマなのでギアチェンジもなし。映画のようにジャックナイフ・ターンができるか定かではありませんが、リッターバイク並みにパワフルなのは間違いなさそうです。

ところでハーレーといえば、重低音と破裂音の混ざった存在感のあるエンジン音が魅力ですよね。ですがEVになると、まるでジェット機のようなエンジン音になるのだそうです。市販されるのが動画と同じモデルになるかはまだわかりませんが、大きく期待したいところです。

https://www.gizmodo.jp/2018/02/harley-davidson-ev.html



続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

日産とNEC、リチウムイオン電池事業を中国企業に売却すると発表

日産自動車は3日、リチウムイオン電池を手掛ける子会社を2019年3月29日付で中国の再生可能エネルギー関連企業のエンビジョングループに売却すると発表した。
NEC(6701)グループとの共同出資会社であるオートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)について、…

トヨタとパナソニック、EV用電池の新会社設立へ

「トヨタ自動車」と「パナソニック」は電気自動車向けの電池を共同で生産する新会社を来年にも設立する方針を固めた。
新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資し、パナソニックが日本と中国に持つ電池の生産設備の大半を移して量産体制を整える方向で調整してい…

【朗報】東京都、EV買う人の購入費を負担へ。最低でも20万円を補助

東京都は2019年度から、都内在住の個人を対象に電気自動車(EV)の購入費用を補助するという。
車種にもよるが助成額は1台最低20万円程度となる見込みで、国の補助金に上乗せする。ガソリン車との価格差を縮めてEVの普及を促し、20年東京五輪・パラリンピックに向け環…

Google、自動運転の特許競争力でトヨタなどを逆転し首位に

米グーグルが自動車の自動運転に関する特許競争力でトヨタ自動車などを逆転し、首位となったことが分かった。
決め手になったのが自動運転車の「頭脳」を担う人工知能(AI)だ。自動車はデータを解析しながら走る製品へと変貌し、メーカー各社の競争の焦点も燃費向上や生産…

イーロンマスク「テスラ株空売りしてる奴は大やけどするぞ」

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社株をショート(売り持ち)にしている投資家が「大やけど」することになると宣言した。
また、先日の電話会議でのやりとりが原因で株価が急落したことに関連し、一部アナリストと自分に対する批判を展開した。 …





まつ毛育毛剤通販