宇宙

宇宙から地表面をスキャンし資源探査、世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」開発大詰め!

投稿日:

1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 今後の鍵を握るのが、経済産業省が主導して平成31年度の打ち上げを目指す世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」だ。

 (略) 完成後は米国の物資補給機ドラゴンで宇宙に運ばれ、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の船外実験施設に設置される。高度約400キロの軌道上から、地表面を幅約20キロの帯状でなめるように“スキャン”し、20メートル×31メートルの区画ごとに地質構造などの情報を取得する。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1000w_q75
http://www.sankei.com/premium/news/180120/prm1801200014-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516420360/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

アポロ計画以来となる有人月探査の工程表を発表…2030年には40日かけ月面調査!

1: イレイザー ★
 《 アポロ計画以来となる、有人月探査が現実味を帯び始めた。各国の宇宙機関は今月、2020年代の実現に向けた具体的な工程表を発表した。国際宇宙ステーション(ISS)の参加国だけでなく、中国や民間企業の参入も見込んでいるのが特徴だ。日本は…

賞金総額は約1億円、火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペをNASAが開催!

1: しじみ ★
 《 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。  このコンペで述べられ…

海自出身の金井宇宙飛行士が「ソユーズ」で無事に帰還… 「白いご飯とみそ汁を食べたい」!

1: みつを ★
 《 日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんは、およそ半年間にわたる国際宇宙ステーションでの滞在を終え、日本時間の3日午後9時40分ごろロシアの宇宙船「ソユーズ」で中央アジアのカザフスタンの平原に着陸し、無事、地球に帰還しました。  (略) そして…

NASAの惑星探査衛星「TESS」が最初の送信した画像に20万個の星!

1: ばーど ★
 《 先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。 それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、そ…

探査機「はやぶさ2」、イオンエンジンの噴射を正常に終了…秒速33キロで小惑星「リュウグウ」に接近中!

1: 記憶たどり。 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、小惑星リュウグウを目指して航行中の探査機「はやぶさ2」が、主エンジンのイオンエンジンの噴射を正常に終了したと発表した。今後は燃料と酸化剤を使って少しずつ接近し、今月21日~7月5日の間に到…





まつ毛育毛剤通販