宇宙

宇宙から地表面をスキャンし資源探査、世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」開発大詰め!

投稿日:

1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 今後の鍵を握るのが、経済産業省が主導して平成31年度の打ち上げを目指す世界最高レベルのハイパースペクトルセンサー「ひすい」だ。

 (略) 完成後は米国の物資補給機ドラゴンで宇宙に運ばれ、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の船外実験施設に設置される。高度約400キロの軌道上から、地表面を幅約20キロの帯状でなめるように“スキャン”し、20メートル×31メートルの区画ごとに地質構造などの情報を取得する。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1000w_q75
http://www.sankei.com/premium/news/180120/prm1801200014-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516420360/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

木星の「美しい」複雑に入り組んだ雲の渦を公開、探査機ジュノーが撮影…NASA!

1: 孤高の旅人 ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は6日、木星の表面付近に見える、複雑に入り組んだ雲の渦の画像を公開した。木星の周りを回る無人探査機「ジュノー」が撮影。NASAはツイッターで「なんと美しい。圧倒的な惑星ショーだ」とコメントした。  》 ここまで一部引…

NASAの次世代宇宙船「オリオン」の試験機が公開…2030年の月周辺へ有人飛行目指す!

1: ガーディス ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は26日、2023年の月周辺への有人飛行を目指して開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機を、ジョンソン宇宙センターで報道陣に公開した。  オリオンは開発中の大型ロケット「SLS」に搭載され、19~20年…

地球を遠く離れた人工衛星が撮影した「地球と月の距離感がよくわかる1枚」!

1: 自治郎 ★
 《 地球と月の間には約38万kmの距離があり、光の速さでも約1.3秒の時間がかかるほどですが、あまりに遠すぎるために人間にはその距離を実感できることはほとんどないはず。そんな距離をほぼ正確に感じさせてくれる写真を、地球から約500万km離れた宇宙を飛…

中性子星のサイズは半径12~13.5km…重力波の観測データから推定!

1: しじみ ★
 《 ドイツのフランクフルト大学とFrankfurt Institute for Advanced Studies(FIAS)の研究チームは、中性子星の半径がとり得る値の範囲を12~13.5kmの間に絞り込むことができたと発表した。  数値の見積もりには連星中性子星の合体に由来する重力波の観測デ…

探査機「はやぶさ2」、イオンエンジンの噴射を正常に終了…秒速33キロで小惑星「リュウグウ」に接近中!

1: 記憶たどり。 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、小惑星リュウグウを目指して航行中の探査機「はやぶさ2」が、主エンジンのイオンエンジンの噴射を正常に終了したと発表した。今後は燃料と酸化剤を使って少しずつ接近し、今月21日~7月5日の間に到…



まつ毛育毛剤通販