社会

国会議員に「報復措置として貴方の娘さんに被害が被るかも知れませんよ」→通報され警察沙汰にwwwwwwww

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

海外「日本の背中はまだまだ遠い!」 牛乳パックに日本社会の先進性を見出す海外の人々

今回は、日本の牛乳パックにスポットを当てた記事からです。昨年10月頃に日本でもツイッター上を中心に大きな話題になっていたのですが、牛乳パックの開口部の反対側には、「切り欠き」と呼ばれる凹みがあります。これは、目の不自由な方が牛乳と他の飲料(低脂肪牛乳等)との区別が出来、また、切欠きの付いている反対側が空け口だと分かるようにする為の物です。農林水産省が1995年に視覚障がい者を対象に行った調査では、「飲み

海外「日本語の自由度は凄い」『日本語が簡単な理由』を解説した記事に様々な声

今回は、「考えられている以上に日本語が簡単な理由」という記事から。早速ですが、以下が記事で挙げられた9つの理由になります。1. 日本語には外来語(英語由来)がかなり沢山あり、 文法を知らなくても、ある程度はコミュニケーションが取れる。2. 日本語には、男性名詞・女性名詞のような厄介な名詞がない。3. 文脈によっては、主語や目的語を省略できる。4. 日本語は中国語、ベトナム語、タイ語などの声調言語とは違い、 各

海外「日本の治安の良さは異常」日本で暮らす外国人の体験談に海外から驚きの声が殺到

世界でもトップクラスの治安の良さを誇っている日本。安全性に関する世界ランキングでもほぼ上位に入っており、(英レガタム研究所の最新の調査で3位、英経済平和研究所の調査では8位)、大都市別でも、2015年にエコノミスト誌が発表した統計では、東京が1位で大阪が3位になっています。ネット上には日本の治安の良さを伝える外国人の投稿が多くありますが、今回はそのうちの1つで、写真と共に驚きの体験が語られています。「日本

名門大学で美人JDの“5分間”シェアリングが開始!? 「あんなことや、こんなことまで……」

<p> 先日、ラブドールのシェアリングサービスが登場した途端、当局に摘発された事件をお伝えしたばかりだが、今度はミスキャンパスをシェアする試みが行われている。</p>

<p> 場所は北京交通大学のキャンパス。創立1896年という、理工系の名門大学である。</p>

<p> 新学期が始まってまだ1カ月もたっていない先日、キャンパス近くの学生寮エリアに突然、パステルピンクの派手な舞台が設置された。</p>

<p> 看板に大きく書かれているのは「共享校花」の文字。「共享」はシェアする、「校花」はいわばミスキャンパスのような美人女子大生を意味し、つまりは“キャンパスの花をシェアしよう”ということである。<br />
</p>

買い物中の妊婦が路上で“立ち出産”→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅する

買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像1
路上で出産した女性。足元には、産み落とされた赤ちゃんが確認できる

 先日、中国で出産間近の妊婦が陣痛に耐え切れず、入院先の病院で飛び降り自殺した事件をお伝えしたばかりだが(参照記事)、またまた出産にまつわる仰天ニュースが報じられた。

 香港メディア「東網」(9月5日付)などによると、広東省雲浮市内の路上で40代とみられる妊婦が突然、立ったまま出産したというのだ。目撃者によると、道を歩いていた女性が突然、立ち止まると、みるみるうちに服が血で染まっていったという。その後、異変を察知した付近の通行人が女性に事情を聞くと、女性は「陣痛が始まり、子どもが生まれそうだ」と答えたという。

 通行人は急いで救急車を呼んだが、なんと到着前に、女性は立ったまま子どもを産んでしまったのだ。前出の目撃者によると、女性は出産の際、まったく声も出さず、まるで痛みを感じていないかのように落ち着いていたという。さらに驚くべきは、出産後の行動だった。

 赤ちゃんの誕生から数分後、救急車が到着し、隊員によってへその緒の切断と、簡単な母子の健康診断が行われた。この女性、健康状態に問題がないことがわかると、生まれたばかりの子どもをタオルに包み、なんと歩いて帰宅したのだ。

買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像2
駆け付けた救急隊員が、母子の健康状態をチェックしている様子
買い物中の妊婦が路上で立ち出産→赤ちゃんを抱えて、そのまま徒歩で帰宅するの画像3
診断が終わると、女性は何事もなかったように赤ちゃんを抱いて現場を後にした……

 常識では考えられない行動だが、現地メディアはこの女性について、2年前に精神病を患い、行方不明になっていたと報道。今回のニュースが中国全土で報じられたことをきっかけに、女性の身元が判明して、家族と再会できたという。現在、女性と赤ちゃんは病院で詳しい検査を受けている。

 中国では過去にも、“路上出産”がニュースになったことがある。2015年、貴州省銅仁市の繁華街で買い物をしていた妊婦の女性が突然、路上で産気づき、なんと通行人が赤ちゃんを取り上げるという出来事があったのだ。

 出産には無痛分娩や水中出産などさまざまなスタイルがあるが、ひと昔前まで日本でも“立ち出産”が珍しくない時代もあったようだ。もちろん助産師付き添いの下だが、産道が垂直になるので医学的に見ても出産がしやすく、痛みも少なくなるという。それにしても、出産したその足で帰宅するとは、前出女性の強靭な体力には恐れ入る。
(文=青山大樹)



まつ毛育毛剤通販