社会

中国「日本の大臣は最高の仕事をした」 河野外相と中国報道官のツーショット写真が大反響

投稿日:

河野外務大臣が先月末に訪中した際に中国の華春瑩副報道局長と撮影した写真が、
現在中国のネット上で大変大きな話題になっています。

河野外相は自身のツイッターの英語アカウントに、
「With a famous Chinese lady!」というメッセージと共に写真を投稿。
記者会見では滅多に表情を崩さない華報道官も、にこやかな笑顔を見せています。

中国の大手メディアはこの件を、河野外相のアカウントに寄せられた、
「日中友好」など、複数の日本人ユーザーのポジティブなコメントとともに紹介。

また、民進党の小西洋之議員がツイッターに投稿した、
「河野大臣は馬鹿ではないのか。相手は中国政府の報道官に過ぎない。
 外交交渉の相手ですらない格下の人物だ。
 その人物とニヤケ顔でツーショットを撮るのは外交ではなく
 中国への『朝貢』だ。そんなことも分からないのか。。」

というツイートと、それを受けて河野大臣が投稿した、
「写真撮る時に相手の『格』を考えて撮っている人もいるんだ。疲れそう。」
というツイッター上での応酬も取り上げています。

関連記事のコメント欄には、日中友好を願う声が大変目立ち、
他にも小西議員に苦言を呈する声など、様々な反応が寄せられていました。

中国「今まで知らなかった…」 日本からの巨額なODAの真実に中国人が衝撃

0.jpeg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

同僚「産休入ってそのまま育休入ります」ワイ「おめでと!」

1 :名無しさん@おーぷん:2017/10/17(火)22:52:20 ID:HpH
上司「育休中の同僚さんだけど、また妊娠されたそうで産休入ります」ワイ「すげぇ」

上司「同僚さん、育休から復帰されますけど2ヶ月後に再び産休入られるそうです」ワイ「」

これ辞めさせることできんのやろうか?

同…

東京五輪ボランティア、組織委の募集人数を上回る8万5千人の事前登録…なお東京都の募集には集まらず

続きを読む

海外「それでも新幹線には勝てん」 中国が世界最速の鉄道を再開も世界中から不安の声

先日中国の国家鉄道局は、北京と上海を結ぶ高速鉄道で、世界最速となる時速350キロでの営業運転を来月から再開すると発表しました。以前にも中国の高速鉄道は350キロで運行していたものの、2011年7月に浙江省で起きた衝突脱線事故を受け、300キロに速度を落として運行していました。しかし今年7月に実施された走行テストの結果、時速350キロでの営業運転が可能であることが示され、「世界最速鉄道」の再開が決まったそうです。BBC

歩行者6人を轢いた90歳老害「赤信号とわかっていたが通過できると思った」

続きを読む

海外「同じ敗戦国なのになぁ…」 難民政策に成功した日本と失敗したドイツの差が話題に

今回は日本とドイツの移民政策に関する投稿から。先月13日に法務省が公表した統計によると、2017年に日本で難民認定を申請した外国人は1万9628人で、前年から約80パーセント増加し、過去最高を更新しました。うち難民と認定された方は20人で、前年の28人から減少しています。認定数が前年比で減少したのは、4年ぶりのことです。難民申請者の国籍は、多い順にフィリピン4895人、ベトナム3116人、スリランカ2226人などで、認定された





まつ毛育毛剤通販