知る

意外なほど多かった!シンプルな公式で宇宙に存在する異星人の数を推定。ちてきせいめ一番近い場所

投稿日:

ufo-2150340_640_e

 数十年前、異星人の存在を信じていると堂々と公言するのは、ちょっと気恥しい感じだった。だが今や状況は変わったようだ。

 宇宙には2兆もの銀河が密集している。そこにいるのが人間だけだと発言しようものなら、逆に独善的だと言われかねない。米国で行われた最近のアンケートによると、54パーセントが知的生命体の存在を信じている。半数以上だ。

 だが異星人が存在するという具体的な証拠は一切ない。それでも多くの科学者が、宇宙には地球外生命が散りばめられているという見解を支持している。

 では異星人はどれくらいいるのだろうか?そして最も近くにいる異星人と地球人との距離を推定することはできるだろうか?

 この問いに挑んだ科学者がいる。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

青銅器時代に作られた武器や道具のほとんどは宇宙の素材「隕石」から作られていた(フランス研究)

 新しい研究によれば、青銅器時代の鉄製の武器や道具はいずれも隕石から抽出した素材で作られたのかもしれないそうだ。

 この発見は、鉄鉱石から鉄を精錬する技術を人類が発明する前に作られた鉄器の作成方法について、専門家に深い洞察をもたらしてくれる。

UMA伝説はこうやって生まれるのか…カメラに写りこんだ奇妙なもの(一部閲覧注意)

 この世界は不思議と謎で満ち溢れている。地球は実に1兆種もの種を宿せる仕様となっており、これまでに発見された種は1パーセントに満たないという試算もある。

 だもんだからいつどこで見たこともないような不思議な生物との遭遇を果たしてもおかしくないっちゃーおかし…

シベリアで暮らす少数民族の今を撮影したポートレート「顔で見る世界」

 ウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域にあるシベリアは広い。オーストラリアの2倍、アメリカやカナダ、またはヨーロッパ全域の3割ほどを占める広大な地域であり、世界に残る最後のフロンティアの一つでもある。極寒の地にありながら、およそ200ほどの民族が暮らしている。

幾何学模様が壁のすべてに描かれたアフリカ、カッセーナ族の土の家。

 アフリカ、ガーナ北部にある国、ブルキナファソの非常に乾燥した地域には、カッセーナ族という先住民族が住んでいる。

 もろこし、粟などの雑穀を栽培する農耕民である彼らは、一夫多妻制度のもと、同じ敷地内に血縁関係にある男性と複数の妻、子どもたちが暮らしている…

いよいよ明日!10月12日に小惑星「2012 TC4」が地球に接近

 さて前回お伝えしたように、いよいよヤツがやってくる。

 10月12日、小惑星「2012 TC4」が地球をかすめていくのだ。地球と月の間を通過する際の距離はわずか6800キロ先でしかない。



まつ毛育毛剤通販